【シャドウバース(シャドバ)】圧倒的!プロゲーマーによる今話題の「ミッドレンジヴァンパイア」!【ヴァンパイアデッキ】

新しいパック追加前の現場で恐ろしい強さを見せている「ミッドレンジヴァンパイア」!

公開:2017年3月17日 『ミッドレンジヴァンパイア』デッキレシピ

youtuber・Yushi氏によるデッキ『ミッドレンジヴァンパイア』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

対エルフにはめっぽう強い。現最強?「ミッドレンジヴァンパイア」

ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×3
吸血姫・ヴァンピィ(金)×3
レヴィオンデューク・ユリウス(銅)×3
群れなす飢餓(銀)×3
ミニゴブリンメイジ(銀)×2
御言葉の天使(銅)×2
吸血貴・ヴァイト(銀)×3
ワードローブレイダー(銀)×3
歴戦の傭兵・フィーナ(銀)×3
アステマ(金)×2
インプランサー(銅)×3
クイーンヴァンパイア(虹)×3
アルカード(銀)×2
血餓の女帝(虹)×2
セクシーヴァンパイア(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「インプランサー」の速攻と各フォロワーのフェイスダメージを活かす

バランスの良いミッドレンジヴァンパイアデッキのご紹介です。
「吸血姫・ヴァンピィ」や「レヴィオンデューク・ユリウス」などで前半からフェイスにダメージを蓄積。「ワードローブレイダー」で体力調整をして、臨機応変なプレイングを心がけましょう。
攻めに意識が集中しすぎないようにしましょう。ミッドレンジはバランスが大事です。ちゃんと盤面の処理とフェイスを両立していきましょう。

注目カード:「血餓の女帝」を囮にするのもあり

【血餓の女帝】
シャドウバース ヴァンパイア
コスト:7
スタック:4/7
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
相手のフォロワーが破壊されるたび、相手のリーダーに1ダメージ。

何よりも全体除去と、高い体力。さらに、倒したフォロワーがいればダメージがフェイスへ。
全体除去で倒した数字がそのままフェイスに飛ぶのはシンプルに強い。
進化して交換できるまでに2、3点、全体除去でも2、3点、力説殴って4点とまさに血に餓えた女帝。
相手は何としても早めに処理したいフォロワーでしょう。

【レヴィオンデューク・ユリウス】

コスト:2
スタッツ:1/3
クラス:ヴァンパイア
効果:相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

2コストで1/3スタッツ。序盤は交換しにくいのが大きいですね。場にフォロワーが出ただけでフェイスにダメージが入るのは便利。
「吸血鬼ヴァンピィ」と並べながら使うと相手はチクチクと刺されて嫌なはずです。真っ先に除去したいフォロワーなので、時間稼ぎにも使えます。
解説されてますが、超越がこのまま増えていくようならば、「ブラッドウルフ」と交換して、速さを高めると早い段階でフェイスダメージを稼げます。
序盤、アグロ相手の足止めにはもってこい。

【アステマ】

コスト:5
スタッツ:6/6
クラス:ヴァンパイア
効果:必殺
このフォロワーは守護を持たないフォロワーを攻撃不能。

単純に5コストでスタッツ6/6は強力。デメリットもありますが、そのままフェイスを殴るだけでも脅威。

【クイーンヴァンパイア】

コスト:6
スタッツ:4/4
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ フォレストバット2体を出し、自分のフォレストバットすべては守護を持つ。

コストは重いですが、「フォレストバット」を展開しながら守護も付与できるのは破格!
「フォレストバット」は元から場に出ているものも含めて守護持ちになるので、守護で盤面を制圧できます。
しかし今回のデッキには「フォレストバット」を展開するカードもあるため、単純にインスタントな優秀な壁として使うといいでしょう。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ヴァンパイアvsエルフ

マリガンでは「レヴィオンデューク・ユリウス」はキープしておきたいですね。初手からダメージが入るのは相手は嫌がりますからね。
「群れなす飢餓」もフェアリーを並べるエルフ相手には脅威になります。優先度は高め。

やはり序盤から「レヴィオンデューク・ユリウス」が刺さりまくります。処理されますが、十分ダメージを与えてくれました。
フェアリーが並んだので「群れなす飢餓」で一斉除去。

6ターン目には「インプランサー」。やはり進化込み5点疾走は強い!さらに体力8点という処理に手間のかかる耐久度。
「エンシェントエルフ」を進化させて「インプランサー」を処理できないまま「血餓の女帝」を場に出して処理、さらにフェイスダメージ。

さらに「エンシェントエルフ」を切って「血餓の女帝」を除去してきますが、「インプランサー」がダメージを稼ぎ、次のターン問題なくリーサル。
これは完勝と言ってもいいねじ伏せ方でしたね。

後半の、「インプランサー」「血餓の女帝」のようなフォロワーの並び方をされると相手はきついです。「血餓の女帝」を早々に倒さないとダメージが溜まる。しかし「インプランサー」の5点ダメージはきつい。

選択を迫れるプレッシャーの強いプレイングも可能なこのデッキ。ぜひ使って見てはいかがでしょう。

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます