【シャドウバース(シャドバ)】完成度はさらに高まった!「ヒールヴァンパイア」【ヴァンパイアデッキ】

回復しながら「氷獄の呼び声」「セクシーヴァンパイア」でとどめ!「ヒールヴァンパイア」を改良!

公開:2017年3月17日『ヒールヴァンパイア』デッキレシピ

youtuber・shio氏によるデッキ『ヒールヴァンパイア』の改良版デッキ紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×3
スウィートヴァンパイア(銅)×2
鮮血の口付け(銅)×3
群れなす飢餓(銀)×3
ヒーリングエンジェル(銅)×2
暴食帝・カイザ(銀)×2
漆黒の契約(金)×3
ワードローブレイダー(銀)×3
ゴブリンマウントデーモン(銀)×3
氷獄の呼び声(銀)×2
ディアボリックドレイン(金)×2
オーディン(虹)×3
黙示録(金)×3
ダークエンジェル・オリヴィエ(虹)×2
セクシーヴァンパイア(金)×3
サタン(虹)×1
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「ワードローブレイダー」で両リーダーのHP調整を!

ドレインや回復をしながら復讐状態を調整できるデッキになっています。
アグロ相手には強いでしょう。
逆に言えば、中盤までに回復などで乗り切ることが大事です。後半はカードパワーが多いデッキになっていますので、力で押せます。

甲種一帯の「セクシーヴァンパイア」が勝負の決め手になっています。使いどころは慎重に。攻勢に回れる状況であれば「サタン」の出番ですが、保険のようなもので一枚刺しになっています。
隙あらばの「氷獄の呼び声」などでリーサルが取れてしまうのならば取ってしまいましょう。

注目カード:「ワードローブレイダー」のバランサーとしての役割が大事

【ワードローブレイダー】

コスト:5
スタッツ:3/4
クラス:ヴァンパイア
効果:進化時 相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。

スタッツが高いわけではないですが、ダメージ、回復を両立できる優秀なフォロワー。
体力が4というのも多少除去しにくいところ。

【群れなす飢餓】

コスト:2
クラス:ヴァンパイア
効果:相手のフォロワー1体を選択する。そのフォロワーと、同名の相手のフォロワーすべてに3ダメージ。

ロイヤルの「海底都市王・乙姫」、エルフの「フェアリー」などにとっては悪夢のような能力ですね。
素直に全体除去を使ってしまえばいい戦況がほとんどではありますが、何と言ってもコストが2なので、さらっと使えます。単純に3点ダメージだけでも及第点。
ウィッチ戦のガーディアンが並んだところに投げればぶっ刺さりますよ。

【氷獄の呼び声】

コスト:5
クラス:ニュートラル
効果:相手のフォロワー1体を破壊する。
エンハンス 8; その後、サタンズサーヴァント1枚を手札に加える。

「サタン」を召喚するとデッキがアポカリプスデッキになるのはご存知の通りですが、そのアポカリプスデッキの一種「サタンズサーヴァント」を召喚できるカードです。
地獄の住人なのに、主人のサタン本人よりも強いという部下ですが、エンハンスが高い上、即時召喚ではないのが難しいところです。
出てしまえばスタッツだけなら縛りのない「バハムート」なのですが…。
序盤中盤を守りきらなければならないので、状況に応じて少し割高の除去として使ってしまうのもありです。

【セクシーヴァンパイア】

コスト:9
スタッツ:5/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に5ダメージ。自分のリーダーを5回復。

字面はあっさりとしたテキストですが、その効果は大きいです。その局面にがっちり合えば10点の体力差をつけることができる強力なカードです。
盤面が余程制圧されてでもいない限りは相手にとっては戦意を削ぐには十分なメンタルアタックにもなります。
コストが高いことも考慮して、使用のタイミングは慎重に。
単純に5点ダメージを飛ばせるというだけで十分な強さです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ヴァンパイアvsヴァンパイア

マリガンは「鮮血の口付け」残し。「ワードローブレイダー」「ゴブリンマウントデーモン」。
相手がヴァンパイアの場合アグロの確率もそれなりに高いので、先攻はありですね。

2ターン目でフォロワーを出してこないということはコントロールでしょうか?
中盤は安定の「ゴブリンマウントデーモン」で守っていきます。手札の状況が後半活躍するカードばかりなので、ここは辛抱です。
相手も「ゴブリンマウントデーモン」を出して除去してきますが、「アルティメットキャロット」を進化して交換。そして、復活の「アルティメットキャロット」。
本当に便利ですね。「暴食帝・カイザ」からの「アルティメットキャロット」。

「血餓の女帝」を出して来ましたね。そろそろ大型が来そうですが、「オーディン」で除去。
続けて「ブラッディメアリー」。これはメアリーコントロールでしたか。「漆黒の契約」コンボ出されるときついですね。「鋭利な一裂き」などもありそうです。
「クイーンヴァンパイア」再度「血餓の女帝」と猛攻を仕掛けて来ますが、各種除去カードで徹底処理。
ついでに「氷獄の呼び声」で「サタンズサーヴァント」を手札に。

ただ単純にカードパワーがあるフォロワーをコスト通りに出していただけだったような動きでしたね。
あまりヴァンパイアを使い慣れていないのでしょうか?

「漆黒の契約」の回復が残っている状態なのに「サタンズサーヴァント」をそのままにしてフェイスに攻撃してきました。
次のターン一気にリーサルです。

プレイングミスでしょうか?

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます