【シャドウバース(シャドバ)】一本釣りマスター9連勝!『フェイスドラゴン』【ドラゴンデッキ紹介】

マスターランク9連勝、一本釣りの「フェイスドラゴン」!

公開:2017年3月16日時点 『フェイスドラゴン』

youtuber・ぺいん氏による、現環境最強を歌うデッキ『フェイスドラゴン』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

意外なフォロワーが運用方法によってこれほど活躍するとは!

ゴブリン(銅)×3
アイボリードラゴン(銅)×3
天弓の天使・リリエル(銀)×3
ファイアーリザード(銅)×3
ムシュフシュ(銅)×3
竜の伝令(銅)×3
サラマンダーブレス(金)×3
覇食帝・カイザ(銀)×3
御言葉の天使(銅)×3
ワイバーンライダー・エイファ(銀)×2
グリフォンナイト(銅)×3
ジークフリート(銀)×2
死の舞踏(銅)×2
海剣竜(銅)×1
ダークドラグーン・フォルテ(虹)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「ダークドラグーン・フォルテ」フィニッシャーに

ミッドレンジの定石通り、盤面を獲ることを重視していきましょう。
フィニッシャーは「ダークドラグーン・フォルテ」。「海剣竜」も十分打撃力があります。
進化疾走で7点を奪えるのは強いのですが、そのためには常に盤面に目を向けて相手のフォロワーをきっちり除去しておきましょう。

基本的に低コストフォロワーが多いので、「グリフォンナイト」をうまく使えば盤面を支配するのは楽でしょう。あまり使われることのないフォロワーですが、使ってみると意外なほど活躍してくれます。

「ワイバーンライダー・エイファ」も後半、エンハンスでの疾走が「ダークドラグーン・フォルテ」の補助火力として使うことができます。

注目カード:「ワイバーンライダー・エイファ」「ワイバーンライダー・エイファ」「海剣竜」の速攻

【グリフォンナイト】

コスト:3
スタッツ:2/3
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ 相手のフォロワー1体に2ダメージ。手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。

相手のフォロワーに2ダメージを与えられるのは大きいのですが、最小のカードをランダムに捨てるというデメリットも無視できないんですよね。
序盤に出すと強いのですが、序盤だけに低コスト帯を捨てなくてはならないのはきつい。

【覇食帝・カイザ】

コスト:3
スタッツ:2/2
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ アルティメットキャロット1枚を手札に加える。

ディスカードデッキには最適のフォロワーです。
デッキの枯渇も予防でき、手札を維持することに関しては便利です。
常に場にフォロワーを出しておける強さもあります。
序盤の場に厚みを与えてくれます。手札切れを緩和してくれるカードなので、縁の下の力持ちになってくれるはず。

【ワイバーンライダー・エイファ】

コスト:3
スタッツ:2/1
クラス:ドラゴン
効果:このフォロワーは攻撃されない。
ファンファーレ エンハンス 7; +2/+2して、疾走 を持つ。

攻撃されない能力を持つものの、スタッツが低目なので使い所に困りますが。
前半後半でも一定した価値はあるので腐ることはないはず。このデッキはダメージを蓄積していくタイプでは無いですが、疾走を使っての除去、もしくはフェイスダメージを少しでも入れて起きましょう。

【ダークドラグーン・フォルテ】

コスト:6
スタッツ:5/1
クラス:ドラゴン
効果:疾走
覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。

フィニッシャーとして働いてくれます。
疾走、進化込みで7点は相手からしたら脅威でしょう。

対戦動画解説じ

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsドラゴン

マリガンは「グリフォンナイト」「死の舞踏」「竜の伝令」。コスト的には動きやすいですが、フォロワーが一体はきついですね。
さらに次のドローが「ジークフリート」二枚という…。

相手が「天弓の天使・リリエル」を出して来たということはミラーか?

はい、完全にミラーですね!ほぼ同じ動きをして来ています。

手札も同じく枯れて来たところで、相手が先に「海剣竜」を出してきました。これはしてやられた…!
「ダークドラグーン・フォルテ」をドロー!進化して「ジークフリート」とともに殴ったところで相手がリタイア!

ミラーになった場合は盤上の取り合いになるので、お互い手札が枯渇して泥仕合になりがちです。こういった場合に備えて除去を多めにをいれておいてもいいかもしれません。アグロに対しても強くなります。

ドラゴンvsエルフ

最近はエルフがめっきり減りましたね。
マリガンは「ゴブリン」「ファイアーリザード」「御言葉の天使」と幸先がいいラインナップ。
「覇食帝・カイザ」で手札と盤面の厚みを増して、スキあらばフェイスに攻撃。

相手も「エンシェントエルフ」で対抗して来ます。フェイスデッキに「エンシェントエルフ」はかなり刺さるので、真っ先に除去カードで退場願ったほうがいいことが多いですね。


エルフ相手にフェイスドラゴンは苦手なイメージがあるのですが、全然そんなことはありません。
そのままフェイスを殴り続けて勝利!

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます