【シャドウバース】『変成の魔術』と『オーディン』を比較考察!スペルブーストデッキにアミュレット消滅を入れるならどっち?

今回はスペルブーストを軸としたウィッチのデッキのスペル『変成の魔術』について考察しました。

アミュレットの消滅が可能なウィッチカードは『変成の魔術』のみなので、どのクラスでも使える消滅カード『オーディン』の必要性についても書いていきます。

スペルブーストデッキ構成の参考にしてください。

変成の魔術

貴重なアミュレット潰しのスペル「変成の魔術」

スペルブーストデッキとは

ウィッチではスペルを使うことでスペルブースト(略称:スぺブ)を持ったカードにカウントが乗せられていきます。

1枚につき手札にあるスペルブーストカードすべてにカウントが1つ付きます。

他にもスペルの効果によってさらに上乗せされることもあります。

スペルブーストを軸としたデッキをスペルブーストデッキと呼びます。

※少し前はスペルウィッチ(超越ウィッチ)だったのですが、バハムート降臨パックが出てからは『テンポウィッチ』が流行したので簡単にスペルブーストデッキと指しています。

スペルブーストデッキの種類

スペルブーストを使ったデッキの中でもわかりやすいデッキを挙げると、『超越ウィッチ』と『テンポウィッチ』になります。

シャドウバース始まって以来最強ランキングに残り続ける『超越ウィッチ』はスペルを使ったデッキの代表格になります。

次元の超越

超越デッキの要、『次元の超越』

後半戦に入るまでは防戦一方の姿勢でスペルブーストを積み上げていきます。

そして10ターン目に、『次元の超越』とスペルブーストでコスト0となったフォロワー『フレイムデストロイヤー』や『ゲイザー』で相手を倒します。

デッキの割合としてはスペルの方が多い構成になります。

次に『テンポウィッチ』は、フォロワーからフォロワーへスペルブーストを可能とする、『マナリアウィザード・クレイグ』と『神秘の探求者・クラーク』のフォロワースペルブーストデッキです。

ドロシー

テンポには外せない『次元の魔女・ドロシー』

スペルではなく、スペルブーストを持つフォロワーを軸としているので、『超越ウィッチ』よりもフォロワー数が多くなります。

コスト0でフォロワーを使用できるようになるため優秀なデッキですが、『ドロシー』によるデッキ事故率が『超越ウィッチ』よりも高いのが難点です。

変成の魔術とは

ウィッチの消滅を持つスペルといえば『変成の魔術』になります。

フォロワーのみであれば他にも消滅を使えるカードがありますが、アミュレットに対しても消滅が行えるのは『変成の魔術』のみです。

『変成の魔術』は通常使用で対象のカードを『クレイゴーレム』に変身させます。

ですが、『土の秘術』で消滅に変更できます。

『変成の魔術』を使う目的としては、ラストワードの発動を回避することです。

『クレイゴーレム』に変身でも対象カードによって十分な効力を発揮できます。

ですが、使えるのであればなるべく消滅で使いたいカードです。

変成の魔術を消滅として使うには?

『秘術デッキ』であれば『土の欠片』が自由に使えるので問題なく消滅カードとして使えます。

ただし、スペルブーストデッキだと『土の欠片』を出すことがほぼありません。

どうしても消滅で使いたい時は『実験開始』をデッキに加えるのがおすすめです。

『実験開始』はコスト1のスペルで、使用時に場に『土の欠片』を1つ出してくれます。

低コストで『土の秘術』による消滅も可能にするほか、必要なスペルブーストも行えます。

『土の欠片』を『変成の魔術』だけに使うのであれば、『土の欠片』を出すスペル『実験開始』を消滅で使う枚数に合わせれば十分消滅として機能します。

ただし、『変成の魔術』3枚すべてを消滅として使う場合、『実験開始』を3枚入れるので必要なカードを一部削る必要が出ます。

消滅として使う場合、デッキから外すカードは慎重に選びましょう。

消滅しない時の回し方

消滅しない時の回し方はとても簡単です。

『変成の魔術』を使用後、『クレイゴーレム』を『虹の輝き』で手札に戻しましょう。

『クレイゴーレム』はコスト2なので『虹の輝き』の効果範囲内になります。

他にも強力なフォロワーやアミュレットを『クレイゴーレム』にし、フォロワーで破壊するという手もあります。

消滅持ちフォロワー『オーディン』、ウィッチでの使い道

『オーディン』はコスト8と高コストのフォロワーなのですが、ニュートラルのため各クラスで使える消滅持ちフォロワーです。

オーディン

アミュ破壊が苦手なロイヤル、ヴァンプには貴重な一枚

消滅を使うのに特に条件はなく、ファンファーレで消滅を行います。

特にラストワード対策として利用することが多く、ビショップの『封じられし熾天使』、ロイヤルの『レオニダス』対策に使われます。

どちらも『オーディン』のように高コストのためとても使い勝手がよく、そのまま場にフォロワーを残すこともできます。

ウィッチでは総合してみるとフォロワー・アミュレット双方に対して消滅を使えるカードは『変成の魔術』のみです。

ですが、『変成の魔術』の消滅は『土の秘術』によるものなので確実に使えるわけではありません。

なので、アミュレットを確実に消滅したい場合は『オーディン』が必要になります。

スペルブーストデッキで消滅を使うなら?

アミュレットを消滅できるカードが少ない分、ウィッチとしてはどちらも使えるカードです。

ただ、消滅を『オーディン』1枚で行えるのはとても便利ですが、スペルブーストを考えると『変成の魔術』の方が優秀です。

『土の秘術』が使えなければ消滅ができないというだけで、通常使用でもアミュレットに対して効果があります。

さらに先ほどの消滅しない時の回し方でも書いた通り、『クレイゴーレム』になるとコスト2で『虹の輝き』で手札に戻すことも可能です。

攻撃力・体力共に2なのでフォロワーでの破壊も簡単になります。

コストからみても『変成の魔術』はコスト3、『オーディン』はコスト8です。

『オーディン』は高コストカードの対策に使えますが、PP7以下の時は使い物になりません。

なので、低コストだったりスペルブーストできたりする分、『クレイゴーレム』に変身の状態でも『変成の魔術』がスペルブーストデッキにとっては便利です。

『変成の魔術』だけでは足りないからと『オーディン』を無理に入れてしまうと、デッキとしてバランスが崩れやすくなります。

なので、スペルブーストデッキではアミュレット消滅カードとして『変成の魔術』だけを使いましょう。

ライター:

シェアする

関連するキーワード