【シャドウバース(シャドバ)】フィニッシャー多数!対応力の塊!「新型ミッドレンジヴァンパイア」【ヴァンパイアデッキ】

入れ替えで守備にも攻撃にも顔を変える「新型ミッドレンジヴァンパイア」!

公開:2017年3月13日 『新型ミッドレンジヴァンパイア』デッキレシピ

youtuber・あぽろ氏によるデッキ『新型ミッドレンジヴァンパイア』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

バランスの良い新型ミッドレンジヴァンパイアのご紹介です。

蠢く死霊(銅)×3
ブラッドウルフ(銅)×3
レヴィオンデューク・ユリウス(銅)×3
鋭利な一裂き(銅)×3
吸血貴・ヴァイト(銀)×3
漆黒の契約(金)×3
ダークジェネラル(銅)×3
ワードローブレイダー(銀)×3
死の舞踏(銅)×2
ブラッディメアリー(虹)×3
インプランサー(銅)×3
デモンストーム(銀)×2
血餓の女帝(虹)×2
黙示録(金)×3
セクシーヴァンパイア(金)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「クイーンヴァンパイア」で壁を作って回復を!

バランスの良いミッドレンジヴァンパイアデッキのご紹介です。
自傷しながら「エリニュス」で除去、ダメージの蓄積をしていき、復讐で攻勢に出ます。
「ワードローブレイダー」で調整をして、隙あらば「ブラッディメアリー」「漆黒の契約」のコンボを決めるなど、臨機応変なプレイングを心がけましょう。
「黙示録」などの全体除去カードが多数入っているので、アグロとミッドレンジの中間というコンセプト。どちらのプレイングも可能です。

ドロシーウィッチなどにも対応できるハイブリッド。
「ブラッディメアリー」はありますが、復讐能力のある「ダークジェネラル」などを使うために自傷していくのも手。
フィニッシュへのプロセスが多く、「ブラッディメアリー」「漆黒の契約」、「セクシーヴァンパイア」、「インプランサー」「ダークジェネラル」。
相手によって、状況によって、臨機応変に対応していきましょう。

注目カード:「ブラッディメアリー」の使い方次第

【血餓の女帝】
コスト:7
スタッツ:4/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ 相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
相手のフォロワーが破壊されるたび、相手のリーダーに1ダメージ。

純粋に横に並べられたフォロワーを除去し、さらにフェイスにダメージを入れられるカードが弱いわけはないですね。
コストが重いことさえなければ…。しかし、コントロールなのでこのコスト帯が出せるまで粘るのが大事なので、序盤中盤は除去をちゃんとしていきましょう。

【セクシーヴァンパイア】

コスト:9
スタッツ:5/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に5ダメージ。自分のリーダーを5回復。

字面はあっさりとしたテキストですが、その効果は大きいです。その局面にがっちり合えば10点の体力差をつけることができる強力なカードです。
盤面が余程制圧されてでもいない限りは相手にとっては戦意を削ぐには十分なメンタルアタックにもなります。
コストが高いことも考慮して、使用のタイミングは慎重に。
単純に5点ダメージを飛ばせるというだけで十分な強さです。

【レヴィオンデューク・ユリウス】

コスト:2
スタッツ:1/3
クラス:ヴァンパイア
効果:相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

2コストで1/3スタッツ。序盤は交換しにくいのが大きいですね。場にフォロワーが出ただけでフェイスにダメージが入るのは便利。
「吸血鬼ヴァンピィ」と並べながら使うと相手はチクチクと刺されて嫌なはずです。真っ先に除去したいフォロワーなので、時間稼ぎにも使えます。
解説されてますが、超越がこのまま増えていくようならば、「ブラッドウルフ」と交換して、速さを高めると早い段階でフェイスダメージを稼げます。
序盤、アグロ相手の足止めにはもってこい。

【ワードローブレイダー】

コスト:4
スタッツ:3/4
クラス:ニュートラル
効果:進化時 相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。

スタッツが高いわけではないですが、ダメージ、回復を両立できる優秀なフォロワー。
体力が4というのも多少除去しにくいところ。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ヴァンパイアvsウィッチ

自傷はするものの足の速いアタックをかけられるのはヴァンパイアとしてはありなので、ウィッチ相手にはどんどん攻めの姿勢を見せましょう。
しかし、回復手段が、「ワードローブレイダー」「セクシーヴァンパイア」くらいなので自傷もほどほどに。
序盤であれば「漆黒の契約」も積極的に使い、フィニッシャーを一枚はキープして、プレイングの方針を決めていきましょう。

7ターン目に「ブラッディメアリー」「鋭利な一裂き」コンボを決めます。この5点は大きいですね。

「血餓の女帝」でフォロワー処理と、1点ながらもダメージを与えて、残り3点。
「鋭利な一裂き」でとどめです。

二戦目も臨機応変な対応を見ることができます。ヴァンパイアにしてこの応用力はコピーしてみる価値はあるでしょう。

シェアする

関連するキーワード