【シャドウバース(シャドバ)】勝率7割超え!意外なカードが大活躍!「ミッドレンジドラゴン」【ドラゴンデッキ】

序盤の制圧力が圧倒的!ランクマッチの勝率は7割!「ミッドレンジドラゴン」!

公開:2017年3月10日時点 『ミッドレンジドラゴン』

youtuber・VICTOR氏による、現環境最強を歌うデッキ『ミッドレンジドラゴン』の紹介です!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

意外なフォロワーが運用方法によってこれほど活躍するとは!

ゴブリン(銅)×3
アイボリードラゴン(銅)×3
天弓の天使・リリエル(銀)×3
ファイアーリザード(銅)×3
ムシュフシュ(銅)×2
伊達政宗(銅)×2
竜の伝令(銅)×3
サラマンダーブレス(金)×3
覇食帝・カイザ(銀)×3
御言葉の天使(銅)×3
グリフォンナイト(銅)×2
ジークフリート(銀)×3
死の舞踏(銅)×2
海剣竜(銅)×2
ダークドラグーン・フォルテ(虹)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:中盤、後半は「ダークドラグーン・フォルテ」の露払い

ミッドレンジの定石通り、盤面を獲ることを重視していきましょう。
フィニッシャーは「ダークドラグーン・フォルテ」。「海剣竜」も十分打撃力があります。
進化疾走で7点を奪えるのは強いのですが、そのためには常に盤面に目を向けて相手のフォロワーをきっちり除去しておきましょう。

基本的に低コストフォロワーが多いので、「グリフォンナイト」をうまく使えば盤面を支配するのは楽でしょう。あまり使われることのないフォロワーですが、使ってみると意外なほど活躍してくれます。

注目カード:「グリムリーパー」と「伊達政宗」のオールラウンダーな立ち回り

【グリフォンナイト】

コスト:3
スタッツ:2/3
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ 相手のフォロワー1体に2ダメージ。手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。

相手のフォロワーに2ダメージを与えられるのは大きいのですが、最小のカードをランダムに捨てるというデメリットも無視できないんですよね。
序盤に出すと強いのですが、序盤だけに低コスト帯を捨てなくてはならないのはきつい。

【覇食帝・カイザ】

コスト:3
スタッツ:2/2
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ アルティメットキャロット1枚を手札に加える。

ディスカードデッキには最適のフォロワーです。
デッキの枯渇も予防でき、手札を維持することに関しては便利です。
常に場にフォロワーを出しておける強さもあります。
序盤の場に厚みを与えてくれます。手札切れを緩和してくれるカードなので、縁の下の力持ちになってくれるはず。

【伊達政宗】
シャドウバース
コスト:2
スタッツ:2/2
クラス:ドラゴン
効果:
ファンファーレ
エンハンス 7;+3/+3して、突進と必殺を持つ。

2コストあたりスタック2/2と基準点としてはあり。そしてエンハンス7と重いものの、中型フォロワーとしての顔もある、見事に二面性を持ったフォロワーになります。
状況によって使い分けるといいでしょう。突進と必殺も付与されるので、「バハムート」などを狩るのもいいでしょう。

【ダークドラグーン・フォルテ】

コスト:6
スタッツ:5/1
クラス:ドラゴン
効果:疾走
覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。

フィニッシャーとして働いてくれます。
疾走、進化込みで7点は相手からしたら脅威でしょう。

対戦動画解説:ドロシー封じ

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsロイヤル

マリガンはきっちりバランスよく低コストフォロワーが来てくれましたね。
後攻になってしまったのは辛いですが、うまくトレードを考えて立ち回りましょう。

一試合目はうまく立ち回れば、アグロにも圧倒できるというところを見せてもらえました。
「グリフォンナイト」のファンファーレがうまく働いていますね。盤面の支配に一躍かっています。

2戦目の「ドラゴンvsエルフ」も、「ファイアーリザード」「ファルコンナイト」の制圧力が光ります。一気に攻め立てて5ターンで相手はリタイヤです。

3戦目 ドラゴンvsロイヤル

マリガンは「ゴブリン」を入れるか入れないかで迷っていますが、これは相手がビショップなので「スネークプリースト」という厄介な守護カードが入っている可能性が高いからですね。
リーダーごとの特徴を見越してマリガンするのも大事です。かなり経験と知識がないと難しいですが、意識するのとしないのでは全くその後の展開が変わってきます。

前半のトレードに有利な追加ダメージを与えるフォロワーが多いので、比較的盤面を有利にゲームを進めていけます。
6ターン目には「ダークドラグーン・フォルテ」進化してフェイスを殴っていきます。残り4点。


そのまま「海剣竜」の疾走でリーサルです。

それにしても早いですね。序盤から中盤の支配力は圧巻。しかしそれを越える試合になるとドローソースがないぶん手札が持たなくなります。
序盤にいかに効率的なプレイングができるかが鍵です。

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます