【シャドウバース(シャドバ)】作者自慢の逸品!「OTKエルフ」【エルフデッキ紹介】

しいないつき氏が自信を持って自分の名前をつけた『OTKエルフ』です!

公開:2017年2月27日 『ナーフ後のOTKエルフ』

youtuber・しいないつき氏によるデッキ『OTKエルフ』の紹介です!

ご存知OTKデッキというのは、エルフの長所を生かしたコンボで大火力を出してワンターキルを狙えるという意味です。
「ミニゴブリンメイジ」がナーフされても戦えるデッキを考えていかなくては!

デッキレシピ

エンジェルスナイプ(銅)×2
ベビーエルフメイ(銀)×3
自然の輝き(銅)×3
フェアリーサークル(銅)×3
リノセウス(金)×3
墓荒らしへの報い(銅)×3
翅の輝き(銅)×3
ミニゴブリンメイジ(銅)×3
エンシェントエルフ(虹)×3
セルウィンの号令(金)×1
エルフプリンセスメイジ(銀)×3
歴戦の傭兵・フィーナ(銀)×3
死の舞踏(銅)×1
クリスタニアプリンセス・ティア(虹)×3
森の意思(金)×2
根元への回帰(金)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「リノセウス」「エンシェントエルフ」をきっちり使う王道エルフ

今回紹介させていただく「OTKエルフ」は、構築した作者しいないつき氏が自信を持って薦める自慢のできとのこと!
自身の名前をデッキにつけることはなかったらしいですが…、それほどのデッキだそうですよ!

基本的には「ミニゴブリンメイジ」ナーフ後のOTKエルフの立ち回りで問題ありません。同じタイプのデッキの有用性は1、2枚で変わってきますからね。

「根元への回帰」は手札が枯渇したときなど、並べたフォロワーの緊急回避や、相手に盤面を取られたときに使う程度にしましょう。「古き森の白狼」などがあればコンボに使えますが、今回のデッキでの役目はそうではありませんので。

注目カード:「根元への回帰」は一枚で十分

【セルウィンの号令】

コスト:3
効果:飛翔する狩鳥1体を出す。
エンハンス8:その後、グランドアーチャー・セルウィン1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

「飛翔する狩鳥」は疾走を持つ2/1。
「グランドアーチャー・セルウィン」は6コスト4/6フォロワーです。相手のフォロワー1体を1ターン足止めできる能力を持っています。
「グランドアーチャー・セルウィン」を採用するより、前半と後半で使い分けられる「セルウィンの号令」を使用したほうがいいです。

【リノセウス】

コスト:2
スタッツ:1/1
クラス:エルフ
効果:疾走
ファンファーレ ターン終了まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。

説明は不要。エルフの代名詞とも言えるフォロワーですね。どちらかといえばこのカードこそナーフされるのでは?と思えるほど強力なカードです。
その理由は、エルフの主要カード勢がみな、何かしらのシナジーを持っているということですよね。
低コスト、シナジー。これがエルフがずっとトップランナーである理由でしょう。

【根源への回帰】
シャドウバース シャドバ エルフ
コスト:7
お互いのフォロワーすべてを手札に戻す。

こちらは、問答無用のオールバウンスカード。昔はコスト5でしたが、下方修正されました。それでも十分強いです。
ビショップの「テミスの審判」のようにも使えなくはないですが、エルフにとってバウンスのアドバンテージは大きいので、緊急回避以上の攻勢回避カードといえます。
何よりも、「リノセウス」や各種フェアリーをバウンスしてから叩き込むコンボが強いです。バーストダメージを夢見るならば採用しても良いでしょう。

【森の意思】
シャドウバース
コスト:5
リーダー:エルフ
効果:ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「自分の他の手札の枚数」と同じだけ行う。

この中に「森の意思」を編入させるかは好みになりますが、エルフのプレイングは手札が溢れることもあり得るので、噛み合っています。
エルフは直接的な除去カードが少ない傾向があるためできれば入れておきたいですね。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

エルフvsロイヤル

ロイヤルということはフォロワーの除去を優先させたほうがいいのですが、1ターン目フォロワーを出してこなかったのでコントロールの可能性がありますね。マリガンが奮わなかったのもあるかもしれませんが。

初手「メイドリーダー」ということは「レヴィオンセイバー・アルベール」が確定したと思っていいでしょう。警戒していきましょう。

基本的にはお互い除去し合いながら試合は進んでいます。「リノセウス」を「自然の導き」でバウンスしながらフェイスを殴っていきます。
相手は6ターン目まで進化権を使っていないので、十中八九「レヴィオンセイバー・アルベール」のために取ってあるのでしょう。

「ロイヤルセイバー・オーレリア」で固めてきましたね。「クリスタニアプリンセス・ティア」を展開して除去していきますが、「旋風刃」で一斉除去されてしまいましたね。

8ターン目、フェアリーからの「リノセウス」「リノセウス」でダメージを刻み、「エンシェントエルフ」でバウンス。
もう一度「ロイヤルセイバー・オーレリア」。ここは「リノセウス」の疾走でとっていきます。

「死の舞踏」、「エンシェントエルフ」などでダメージを与えつつ、「リノセウス」でフィニッシュ。
「メイドリーダー」で持ってきていたのは「ロイヤルセイバー・オーレリア」だったようですね。

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

下に続きます