【シャドウバース(シャドバ)】「狂信の偶像」と「冥府への道」を併用してみた!「偶像冥府ビショップ」【ビショップデッキ】

「狂信の偶像」と「冥府への道」を使っていく変りものデッキ!

公開:2017年3月6日時点 『偶像冥府ビショップ』

youtuber・ハルトラ氏による、「アークエンジェル・レイナ」を使ったロマンデッキです。

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

「狂信の偶像」と「冥府への道」を合わせて使えるのか?

詠唱・聖なる願い(銅)×2
詠唱:夢想の白兎(金)×3
気高き教理(銅)×3
漆黒の法典(銅)×3
詠唱:獣姫の呼び声(銀)×3
プリズムプリースト(銀)×2
詠唱:白龍の降臨(銅)×3
詠唱:神鳥の呼び笛(銅)×2
冥府への道(金)×2
鉄槌の僧侶(銀)×3
熟達の調教師(銅)×3
神魔裁判所(金)×3
狂信の偶像(虹)×3
詠唱:二対の炎(銀)×2
テミスの審判(金)×3
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「狂信の偶像」がカウントダウンと墓場に作用

まずは「狂信の偶像」のアミュレット破壊に注目するために、カウントダウンが長めの「詠唱:」系でデッキをかためています。
「狂信の偶像」を即時進化するかしないかで試合の様相が大分変わってくるので、判断をよく考えましょう。
カウントダウン系のアミュレットには即時効果を期待できますが、「エイラの祈祷」「守護の陽光」なども破壊してしまうので実質併用はできません。
破壊も兼ねているので「冥府への道」につながるカードでもあります。

「神魔裁判所」も場に出した際の消滅だけではなく、その場に居座り、大型フォロワーへのプレッシャーにもなります。「狂信の偶像」で任意につかうことも考えましょう。

新たな「狂信の偶像」デッキとして試行錯誤の余地はあります。カウントダウンアミュレットも強力なものが多いので戦えないということはないです。
守護持ちを編入するともっと安定するかもしれません。
比較的前のめりな性格のデッキなので攻め込まれると弱い部分があります。

注目カード:「狂信の偶像」を即時進化させるかどうか

【狂信の偶像】

コスト:5
スタッツ:0/5
クラス:ビショップ
効果:進化前:
このフォロワーは攻撃できず、攻撃されない。
自分のターン開始時、進化する。
進化後:
このフォロワーは攻撃できず、攻撃されない。
自分のターン終了時、自分のアミュレットすべてを破壊する。

「スカルフェイン」よりも低コストで効果が発揮されるので、結構便利だったりします。
勝手に進化してアミュレットを破壊してくれます。進化権を使えばそのターンで効果を発揮します。

【冥府への道】

コスト:4
クラス:ニュートラル
効果:自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。

昔は各リーダーごとに流行っていたカードですが、ここ最近は大人しくなっていました。
しかし、時代は回る!今だからこそ「冥府の道」が生きるのではないでしょうか。

【神魔裁判所】
シャドウバース
コスト:4
クラス:ビショップ
効果:カウントダウン3
ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。

2体を除去できるのも優秀ですが、とにかくプレッシャーを与えられることが大きいです。デッキ構築をするだけならその拘束力を理解しにくいですが、一度でも相手に使われたことがあるプレイヤーはそのいやらしさがわかるのではないでしょうか?

【熟達の調教師】

コスト:4
スタッツ:2/3
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ:
詠唱:聖獣への誓い1つを出す。

こちらもあまり使われることがないのですが、このデッキでは思った以上に機能しました。

対戦動画解説

動画の対戦を観ていきましょう。

ビショップvsヴァンパイア

前半は「詠唱・聖なる願い」や「詠唱:獣姫の呼び声」を「気高き教理」で加速して使っていってもいいかもしれません。
相手は「吸血鬼の古城」「吸血姫・ヴァンピィ」。アグロヴァンパイアですね。これに勝てれば現環境でも使えるということか!

手元には「神魔裁判所」「テミスの審判」が2枚づつあるのは心強いですが、中盤までどう展開していくか迷う手札になっていますね。


なんだろうこの綺麗なシンメトリー。

相手のドローも良くなかったようですぐに手札が枯渇。ここで投了です。

ビショップvsウィッチ

前半は定石通り詠唱系を並べていきます。
5ターン目に「狂信の偶像」を即時進化、この後に備えていきます。
「魔力の蓄積」を使って来たので、超越でしょうか。

「狂信の偶像」が出ているとこれほどか…。
強力なカウントダウンフォロワーがどんどん出てくる!
しかし、一歩遅かった…。「次元の超越」からの「フレイムデストロイヤー」で負け…。
1ターンん差でしたね。
守護があればもっと安定するかもしれませんね。
「冥府への道」を出せたらラッキー。「狂信の偶像」によるカウントダウンフォロワー展開力による物量で押しつぶすプレイングがいいでしょう。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます