【シャドウバース(シャドバ)】リッチなリサイクルが脅威!『ミッドレンジネクロ』【ネクロマンサーデッキ】

「ウルズ」などを使ってラストワードフォロワーを使い切る!

公開:2017年3月6日 『ミッドレンジネクロ』

youtuber・はおー氏が紹介する、『ミッドレンジネクロ』解説動画

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

デッキレシピ

ソウルコンバージョン(銅)×3
ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×3
スパルトイサージェント(銅)×3
よろめく不死者(銀)×3
ラビットネクロマンサー(銅)×3
闇の従者(銅)×3
汚れた再生(銅)×2
腐の嵐(金)×2
ウルズ(金)×3
ネクロアサシン(銀)×2
ファントムハウル(金)×3
ケルベロス(虹)×3
死の祝福(金)×3
冥守の騎士・カムラ(銀)×2
デュエリストモルディカイ(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「ウルズ」「汚れた再生」でリサイクルリサイクル

「ウルズ」「ソウルコンバージョン」「汚れた再生」などの自フォロワーの破壊を前提としたカードで、「よろめく不死者」をリッチに変えながら相手のフォロワーを破壊したり、「闇の従者」を破壊してリッチを二体出すなど、序盤から中盤にかけてのムーブが特徴。

後半は少し火力が足りない気がしますが、中盤までにリッチなどでフェイスを叩いておけば「デュエリストモルディカイ」や「ファントムハウル」などでリーサルを狙えます。

「ケルベロス」に進化を使いすぎないのがコツかもしれません。このデッキは「ミミココ」の使い方がかなり重要になってくるので、問答無用で進化を使うプレイヤーもいますが、中盤から後半までに進化権を1つは残して、「ファントムハウル」を使う際に、ミミココ、ゴースト進化という、テコ入れに使うと一気に勝てることが多いです。
うまく使えば13点以上の打点をマークすることもあります。

「ウルズ」を一枚抜いて、「蝿の王」などを入れて見ると意外なところで活躍してくれたりします。少し博打要素がありますが…。

注目カード:「よろめく不死者」のラストワードが思いの外使える

【汚れた再生】

コスト:3
クラス:ネクロマンサー
効果:自分のフォロワー1体を破壊して、リッチ1体を出す。

これが思った以上に活躍してくれます。「闇の従者」などを破壊して、両カードの効果で「リッチ」が二体場に出てくれるので中盤盤面を厚くしてくれます。
「リッチ」がスタッツ4/4と微妙に放っておけないステータスなのも手伝ってきっちり処理して来てくれます。進化で6/6にすればかなり有利な交換をしてくれます。

【よろめく不死者】

コスト:2
スタッツ:1/2
クラス:ネクロマンサー
効果:このフォロワーは守護 を持たないフォロワーを攻撃不能。
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。

一発フェイスを殴って次のターンに「汚れた再生」でリッチになってもらう。序盤中盤にこれで助かることがかなりあります。
素直に除去カードを持っておけよというツッコミはなし。色々役割が違いますので。

【ウルズ】

コスト:4
スタッツ:3/3
クラス:ネクロマンサー
効果:ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。
(相手のフォロワーを破壊したなら、相手の場に出す。)

「よろめく死者」に使ったり、「デュエリスト・モルディカイ」を増やしたりと、色々な使い道がある便利フォロワー。
相手の強化されたフォロワーを元のステータスに戻すことにも使えます。できるならこちらの戦力強化に使いたいところですが。

【デュエリスト・モルディカイ】

コスト:8
スタッツ:6/5
クラス:ネクロマンサー
効果:ラストワード デュエリスト・モルディカイ1体を出す。

「ウルズ」で増殖させるともう大変。このデッキでも狙っていけます。単体で出ても十分強い。
できれば除去カードを使わせた上で場に出したいですが、やはり狙うなら「ウルズ」コンボ。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ネクロマンサーvsロイヤル

動画内では「土ウィッチ」がかなり辛いと解説してらっしゃいますが、本記事ライターの私が使ってみたところ「土ウィッチ」と対戦して2戦2勝できました。確かに消滅がかなりきつかったですが、それでも戦えます。

どちらかというと「陽光ビショップ」に圧倒されてしまいました。常に守護を貼られるときついですね。

マリガンは「闇の従者」が引けたのでセットで「ソウルコンバージョン」もキープ。コンボ、ドローを進めたいですからね。

ロイヤルが相手になるとどうしてもこういった状況に陥りやすいですが、こういう場面で「腐の嵐」は持っておきたいですね。
墓場との相談ではありますが、「ファントムハウル」も選択肢に入れておきましょう。

「冥守の騎士・カムラ」「デュエリストモルディカイ」が場に出るようになった時に「ケルベロス」も手札にあると「これはいける!」雰囲気になりますね。
7ターン目あたりかの流れは見事にこのデッキのいいところを見せられたのではないでしょうか。

「デュエリストモルディカイ」が場に残りながらの、「よろめく死者」「ソウルコンバージョン」コンボからのダメ出しの「死の祝福」で投了!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます