【シャドウバース(シャドバ)】実験!選択できないメンタルブレイク?「真・メンタルブレイクビショップ」【ビショップデッキ】

守護で相手の心をメンタルブレイク!相手の嫌がるプレイングを心がけてやろう!

公開:2017年3月5日時点 『真・メンタルブレイクビショップ』

youtuber・あぽろ氏による、相手の心をへし折る『真・メンタルブレイクビショップ』デッキ紹介です!

デッキレシピ

文字通り、対戦相手が嫌がる運用をすることをコンセプトにしたデッキです!以前からの改善点とは?

詠唱・聖なる願い(銅)×3
スネークプリースト(銅)×3
マイニュ(銅)×3
漆黒の法典(銅)×3
守護の陽光(銀)×3
協会の護り手(銀)×3
プリズムプリースト(銀)×2
鉄槌の僧侶(銀)×3
神魔裁判所(金)×2
シュラインナイトメイデン(銀)×3
レディエンスエンジェル(銀)×2
テミスの審判(金)×3
大修道女(銅)×2
オーディン(虹)×2
ダークエンジェル・オリヴィエ(虹)×1
サタン(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

「神魔裁判所」で相手のフォロワーを出す動きをどう制限できるか。「守護の陽光」を生かすタイミングを図るのが大事。消滅させられることも視野に入れていこう。

特徴:「シュラインナイトメイデン」で守護を重ねたい

今までの「メンタルブレイクビショップ」を多少改良して実験を行なっていきます。
「シュラインナイトメイデン」「マイニュ」と言った「相手の能力で選択できない」という能力をフォロワーに付与するカードを使っていきます。
「守護の陽光」で守護を付与されたフォロワーが上記の能力を持ったらどうなるのか?

そもそもそういう状況をうまく作れればの話なのですが…。果たしてどうなるのでしょう?
「エンシェントレオスピリット」と「【シュラインナイトメイデン」はどちらがデッキにあっているのかの検証もしていきます。

その他「メンタルブレイク」としてのデッキパワーはそのままなのでついでに相手のSAN値をゴリゴリ削っていきますよ!

注目カード:「シュラインナイトメイデン」の能力を守護につけたい

【シュラインナイトメイデン】

コスト:5
スタッツ:4/4
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ:
詠唱:ファンファーレ 自分のフォロワーすべては、「相手の能力で選択できない」を持つ。

やはり選択できないフォロワーは厄介ですからね。盤面を制圧できている時に出てきたら除去に苦労することうけあいです。
コストは少し重いようですが、カウントダウンアミュレットと合わせて使えばそう気にならないところがいいですね。
今回ご紹介するデッキはそんな「シュラインナイトメイデン」を中心に考えられたものです。

【守護の陽光】

コスト:2
クラス:ビショップ
効果:自分の場に体力4以上のフォロワーが出るたび、それは守護 を持つ。

今回は特にそのドロー確率に注目。1枚多く積んだだけでどこまで機能するのかご注目。
やはりサタンを守護持ちにできるかできないかで安定性は変わって来ると思われます。

【マイニュ】

コスト:2
スタッツ:2/2
クラス:ビショップ
効果:相手の能力で選択できない。

コスト2にスタッツが2/2という及第点のスペックに加えて能力で選択ができないという嫌がらせのようなフォロワーですが、低コスト除去カードで選択できないのは大きいですね。
序盤思った以上に居座ってくれます。超越ウィッチには刺さりまくります。

【大修道女】
シャドウバース
コスト:7
スタッツ:5/5
クラス:ビショップ
効果:ファンファーレ 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を5回復。

「守護の陽光」で守りを固めながら使用していきたいところです。コストは重いですが、5点回復は大きく相手の算段を崩せます。
「守護の陽光」で守護がついた大型フォロワーを回復させるのも十分相手への牽制、挑発になります。
火力が高いフォロワーが賞賛されている今、このカードでもないと回復が追いつかないことも多いです。コントロール系には入れておきたいカードです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ビショップvsネクロマンサー、ドラゴン、ヴァンパイア

今回の解説はなかなか「守護の陽光」「シュラインナイトメイデン」のコンボが叶わなかったのと、実用的ではなかったので割愛します。
しかし、アグロに対してもかなり強い立ち回りができるデッキということがわかります。

「マイニュ」がかなり使えるということを証明する動画になっています。
アグロロイヤルに対して「渾身の一振り」を防止したり、ウィッチに除去をさせずブースト予防にもなります。
残念ながら「シュラインナイトメイデン」が生きるところが想像がつきませんでしたね。
しかし、「詠唱:獣姫の呼び声」などのカウントダウンと合わせて使うと超越などにも刺さりそうではあります。

対超越などのウィッチ系には嫌がらせにもほどがあるプレイングができるデッキなのではないでしょうか?

実際、「守護」に「選択できない」能力を付与はできますが、それを中心に考えると勝てなくなるので素直にコンセプトを定めてデッキを組んだ方がいいです。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます