【シャドウバース】解説第2弾≪神々の騒嵐≫3枚のカードを徹底解説!

新カードの紹介コーナー第二弾です!

今回は転輪のゴーレム・ヘブンイージス・キャプテンヴァルフリートについて徹底的に解説しようと思います。
新カードは未確定情報なので、変更される場合があります。

転輪のゴーレム

ウィッチ ブロンズ

進化前 4/4/3 進化後4/6/5

ファンファーレ【土の秘術】相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ

転輪のゴーレムに注目!

いままでになかった攻めれる秘術という新しい分野を確立しました。

デモンストライクを内蔵しており、除去でも使えるし、顔面のダメージを詰めることもできる転輪のゴーレムは非常に使いやすいフォロワーと言えるでしょう。

特に自身のスタッツが4/4/3と高いことも注目です。場に出すだけでフォロワーを除去できるのに、そのままでいても2コストフォロワーと相打ちできる点はとても優秀で、先行後攻どちらでも有利な試合展開を作れると思います。

同じような効果を持つフォロワーとしてはレヴィがあげられますが、印を使わずに効果を発動できるレヴィとは相性がよく、棲み分けができるでしょう。

どんなデッキタイプの純正秘術デッキにも3積みしたいカードと言えるでしょう。

とりわけ筆者が注目してるデッキはミッドレンジ秘術デッキです。

今までサタンに頼る必要があり、中盤の強い守護の展開が生かし切れなかったのがこのカードの登場で解消されたのかなと思います。

秘術が超越に勝ちうる手段にもなるでしょう。

転輪のゴーレムの注目コンボ

後攻4t転輪進化+秘術効果除去

レヴィでも可能な動きですが転輪のゴーレムでも可能な動きとなります。

横の展開の除去がちゃんとできればアグロにも対抗できるようになると思います。

転輪のゴーレム効果でバーン+グレンの魔術バーン

合計で6点ものバーンができます。秘術の足りないリーサル力を補う重要な動きとなるでしょう。

ビショップのガルラのようなアグレッシブな動きも期待できます。

転輪のゴーレムデッキを大胆予想!

  • くず鉄の錬成×3
  • マジックミサイル×3
  • レヴィ×3
  • ドワーフアルケミスト×3
  • 炎熱の術式×3
  • 雄大なる教え×2
  • 虹の輝き×3
  • 御言葉の天使×3
  • 変成の魔術×3
  • 転輪のゴーレム×3
  • エンシェントアルケミスト×2
  • 禁忌×2
  • 破砕×2
  • ノノの研究所×2
  • オリヴィエ×1
  • ゼウス×2

アグレッシブに攻めながらもコントロールの動きができるよう調整しました。

フィニッシャーをゼウスで考え、ゼウスを出す動きまでに盤面を取りながらプレッシャーをかけれるよう構築しています。

秘術=守りの概念を打ち払うようなデッキも登場してくると思います。

ヘブンイージス

ビショップ レジェンド

進化前9/8/8 進化後9/10/10

このフォロワーへのダメージは0になる。

このフォロワーは、他のカードの能力(攻撃力/体力への能力は除く)を受けない。

カードの効果に注目!

モルディガイの上位互換のようなフォロワーです。

公式の見解で、

陽光効果を受けない、必殺でも破壊されない

と発表されました。

9コストと重たいですが、どんな手を使っても除去することができず、スタッつが高いため実質的なリーサルになると考えていいでしょう。

また、どんなカードの効果も受けないということからテミスと非常に相性のいいフォロワーとなっています。

ビショップの場合ガードを固めまくって耐えることには特化しているため9tに出すことも容易だと思います。

セラフと違い1t遅く確実なリーサル手段になりませんが、準備が必要ないのと出したターンが進化権があれば除去ができ隙がないため強いと思います。

スタッツのデバフは受けるものの、現状のカードでは実戦で採用できるカードが少ないため大きな弱点にはなりそうにないです。

サタンが本格的にいらなくなるような気が著者はしています。

ヘブンイージスとのコンボ

ヘブンイージス→テミス

ヘブンイージス自体がカードの効果を受けないためテミスにも耐えることができ、全体除去+ヘブンイージスという強い盤面を作ることができます。

ヘブンイージス→バハムート

こちらもテミスと似たコンボになります。

盤面に13/13 8/8と残るためプレッシャーをかけることができるでしょう。

ヘブンイージスデッキを大胆予想!

  • 聖なる願い×3
  • ユニコ×3
  • スネークプリースト×3
  • 漆黒の法典×3
  • 教会の守り手×3
  • 鉄槌の僧侶×3
  • 神魔裁判所×3
  • エンシェントレオスピリット×3
  • レディアンスエンジェル×3
  • テミス×3
  • オーディン×3
  • ヘブンイージス×3
  • オリヴィエ×1
  • バハムート×3

陽光を入れず、コスト帯を重くする代わりに前半は除去に特化したコントロールビショップです。

ヘブンイージスをいかにうまく出せるかが勝負のカギを握っています。それをサポートできるであろうカードを沢山入れてみました。

キャプテンヴァルフリート

ロイヤル ゴールド

進化前8/5/5 進化後8/7/7

ファンファーレ 自分のほかのフォロワーすべての攻撃力と体力を+2する。
自分の兵士・フォロワーすべては守護を持つ

キャプテンヴァルフリートに注目!

コストが8と重く、スタッツも5/5と貧弱です。

ですがバフ効果はセージコマンダー以上です。守護も持たせることができるため終盤の疾走の駆け引きで優位に立つことができます。

乙姫と組み合わせれば盤面に守護をたくさん並べられるのでアグロを封殺できるかもしれません。

役割としてはコントロールロイヤルの終盤の詰め手として使えるでしょう。

同じ役割を持つアルベールとは相性が悪いのかもしれません。フォロワーを横に展開しながら守れるデッキを作るといいでしょう。

キャプテンヴァルフリートのコンボ

乙姫+キャプテンヴァルフリート

盤面を展開しながら守護を並べれれるので強力なリーサル手段になるでしょう。

特に疾走に対して強くなるのはいいですね!

キャプテンヴァルフリートのデッキを大胆予想!

  • ヴァンガード×3
  • オースレスナイト×3
  • 歴戦のランサー×3
  • メイドリーダー×3
  • 渾身の一振り×2
  • アセンティックナイト×3
  • ノーヴィストルーパー×3
  • フローラルフェンサー×3
  • ジェノ×3
  • アルベール×3
  • 乙姫×3
  • セージコマンダー×3
  • フロントガードジェネラル×2
  • キャプテンヴァルフリート×3

懐かしのミッドレンジロイヤル復権なるか?ということで組んでみました。

タイやヒラメが舞い踊る環境が戻ってくるのか?注目です。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます