【シャドウバース(シャドバ)】超越より早い「大急ぎサタンドラゴン」【ドラゴンデッキ紹介】

サタン!サタン早く!超越よりも早く「サタン」を召喚する!「大急ぎドラゴン」!

公開:2017年3月4日 『大急ぎサタンドラゴン』

youtuber・しいないつき氏による、超越より早く!「大急ぎサタンドラゴン」

デッキレシピ

超越はびこる浮世に降り立った這いよる混沌「サタン」様をいち早く召喚したいデッキ。

アイボリードラゴン銅)×3
ブレイジングブレス(銅)×3
ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×2
竜の託宣(銅)×3
竜の伝令(銀)×3
サラマンダーブレス(金)×3
ヒーリングエンジェル(銀)×2
ドラゴンナイト・アイラ(銅)×3
スカイドラコ・エチカ(銀)×2
プリズンドラゴン(銀)×3
ドラゴンウォーリア(銀)×3
グリムリーパー(銀)×3
ジークフリート(銀)×3
騎竜兵(金)×2
竜の闘気(銀)×3
サタン(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「サタン」を早く!何よりも早く!

要するに「伝令サタン」と呼ばれていたものですね。5連勝したという「サタン」様推しです。

「スカイドラコ・エチカ」などでPPそのものをブースト、「騎竜兵」でコストを下げる。
フォロワーの展開は守備寄りに展開していきましょう。あくまで、メインアタッカーは「サタン」なので、いかにサタンだ出る環境を作れるかを考えてプレイングしていきましょう。

注目カード:「騎竜兵」で一気にブースト

【サタン】

コスト:10
スタック:6/6
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ 自分のデッキをアポカリプスデッキにする。

「バハムート」とともに様々なデッキに採用されているフィニッシャーですね。やはりなんだかんだ言って出てしまえば強いのです。
しかし、コストが高いという欠点があり、そこまで粘らなくてはならないコントロールデッキなどは今苦境に立たされています。
今回のデッキはそんな「サタン」を最大限使いこなしてしまおうというものです。

【騎竜兵】

コスト:6
スタック:5/5
クラス:ドラゴン
効果:ファンファーレ 手札のカード1枚のコストを-2する。(0より小さくはならない。)

「バハムート」とともに様々なデッキに採用されているフィニッシャーですね。やはりなんだかんだ言って出てしまえば強いのです。
しかし、コストが高いという欠点があり、そこまで粘らなくてはならないコントロールデッキなどは今苦境に立たされています。
今回のデッキはそんな「サタン」を最大限使いこなしてしまおうというものです。

【灼熱の嵐】

コスト:7
クラス:ドラゴン
効果:お互いのフォロワーすべてに4ダメージ。

全体除去としてはこれといって目立つものではありませんが、アグロが多くなってくることを見越して編入して損はないでしょう。
本来ドラゴンの特徴である大型フォロワーを残したまま相手だけ除去。のようなムーブができるのですが、フォロワーメインではないのでこちらの被害は最小で抑えられるはずです。
ドロシーに対しての対策にもなっています。

【竜の伝令】

コスト:2
クラス:ドラゴン
効果:コスト5以上のカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。そのコストを-1する。

先日ナーフされることが決定した「ミニゴブリンメイジ」。そのサーチ能力ほどではないですが、絞ったサーチができ、フィニッシャークラスの大型フォロワーを手元に持ってこれるのは大きい!
今回のデッキのように、「竜の伝令」を使いたい時に、どれが来てもいいデッキにはぴったりのカードです。
ドローソースがあれば事故率は減るうえにコストを減らせるのは優秀。PPブーストと合わせれば超速で大型フォロワーに手が届きます。

【スカイドラコ・エチカ】
シャドウバース
コスト:3
スタック:2/3
クラス:ドラゴン
進化後:進化時自分のPP最大値を+1する。

能力のまま、PPブースト要員として積んでもいいでしょう。進化件ありきのブーストなので、入れても2枚積みでしょうか。
「竜の託宣」をドローできない時、フォロワーを厚くしたい場合は積んでも仕事をしてくれるはずです。「ドラゴンウォーリア」とEPの獲りあいになることも予想されるので、「ダークエンジェル・オリヴィエ」を追加するなどしましょう。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsウィッチ

マリガンでいきなり「サタン」様が来ましたが、早すぎますよ。それでも超越相手には早くいてくれても損はないので、ここでは「サタン」を残して、1コストカードを代えてしまいます。
「スカイドラコ・エチカ」「ドラゴンウォーリア」「サタン」スタート。

スペルの動きから超越ウィッチと判断。これは「大急ぎサタン」の強さを見せつけるしかあるまい。
こちらのPP7時に「竜騎兵」で「サタン」までの最短距離を行きます。相手にとっては5ターン目になります。

そして6ターン目に「サタン」!これは対処しにくいですが、超越ウィッチは動き始めるのも7、8ターン目が多いのでアポカリプスデッキのドロー運次第では逆にピンチです。

次のターン、ドローして来たのは「サタンズサーヴァント」強いフォロワーですが、「サタン」に対しての期待値としては低いですね…。とにかく今は守護で守っていきます。
そして相手はかなり長考してるので、「次元の超越」コンボで計算しているのでしょう。

やはり「次元の超越」が来ましたね。残念…。
しかしアポカリプスのドロー次第で超越ウィッチに十分勝てるデッキということがお分かりになりましたでしょうか?

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます