【シャドウバース】≪神々の騒乱≫新カードの使い道を大胆予想!

新弾の情報が発表され、著者も今か今かと実装を待っています。

今回は3つのカードに絞ってじっくりと掘り下げて解説しようと思います。

新カードは未確定情報なので、変更される場合があります。

ラースドレイグに注目

ラースドレイグ

ドラゴン・シルバー

進化前5/4/4 進化後5/6/6

ファンファーレ 他のフォロワーすべてに1ダメージ。
エンハンス 8: 1ダメージではなく3ダメージ。

カードの効果に注目してみよう!

ファンファーレ効果で全体に1ダメージを与えるといういわば小型ファフニールのようなフォロワーです。

エルフやアグロヴァンプの展開力を押さ得ることができ、撃ち漏らしたフォロワーにも次のターンにはジークフリードをつなげることができるでしょう。

序盤押されやすいランプドラゴンには非常に相性がいいフォロワーと言えます。

エンハンス効果は全体に3ダメージというものです。

中盤以降のミッドレンジ系の相手の展開を完全に抑止することができ、竜の闘気後に出来がちだった隙をなくすことができます。

どんな運用法になるのか?

どんなデッキにも入る余地があり、中盤をとるフォロワーとして採用されそうです。

pp加速を重視するデッキとは相性がいいでしょう。

特に注目したいのが疾走ドラゴンです。pp加速を重視し、サハクエルの選択肢でゼウスという攻め手、ルシフェルの守り手と万能に動けるのでフォルテウルズなどの大ダメージによるリーサルも現実的に狙えると思います。

疾走を走らせる前に盤面をとるフォロワーとしてラースドレイグは活躍できるのでは?と思っています。

想定できるコンボ

ラースドレイグ+竜爪の首飾り

盤面に全体2ダメという強力な除去ができます。竜爪を置く暇を見つけるのは困難ですが、より現実味は増したのかなと思います。

ラースドレイグ→次ターンジークフリード

盤面を取り返す動きが容易になると思います。一回展開を抑えればサラマンダーブレスのエンハンスでもしのぎ切ることができそうです。

デッキを大胆予想してみた

ラースドレイグに重点を置いたデッキ構築を考えてみました。

新カードの追加で変わる余地はあると思います。

  • ブレイジングブレス×3
  • 伊達正宗×3
  • 竜の託宣×3
  • 竜の伝令×1
  • サラマンダーブレス×3
  • アイラ×3
  • ジークフリード×3
  • ラースドレイグ×3
  • 竜の闘気×3
  • 騎竜兵×3
  • サハクエル×3
  • ルシフェル×3
  • ゼウス×3
  • バハムート×3

アグロへの抑止力を守護ではなく全体除去で考え、リーサル手段にゼウスを添えたデッキとなっています。

騎竜兵でラースドレイグを下げておくことで、進化権がきれても除去をしやすくできるのでは?と思っています。

バハムートの13点を通せるエンハンス効果も注目したいところです。

糸蜘蛛の悪魔に注目

糸蜘蛛の悪魔

ヴァンパイア・ブロンズ

進化前 2/1/4守護 進化後2/3/6守護

進化前 ファンファーレ 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ

カードに注目してみよう!

コントロールヴァンプ向きのフォロワーです。

苦手だったリノセウスに対し2コストながらにして1/4というスタッつで守護がはれるのは優秀だと言えます。

特にビショップのダークプリースト、ネクロマンサーのスパルトイソルジャーが証明する通り、序盤に高いスタッツの守護を並べる意義は大きいでしょう。

デメリットになる自分に2ダメージというのもコントロールヴァンプにはむしろもってこいの性能です!

黙示録やディアボリックドレインが発動しやすくなり、自身が守護なので一気に疾走でリーサルを持って行かれる心配も少ないでしょう。

2回攻撃しないと突破できないスタッツは後ろに強いフォロワーを隠すのにはうってつけです。

序盤ではユリウス、ヴァンピ、終盤以降ではブラッディメアリーなどを守護の後ろにおけると強いと思います。

診断で復讐状態の時に強い効果が発揮できるカードの登場も期待できるのでコンヴァの未来を照らすことのできるカードとなるか注目です。

想定できるコンボ

2t糸蜘蛛の悪魔→3tユリウス

ロイヤルやアグロ等序盤に展開するフォロワーの抑止力になります。

糸蜘蛛の悪魔で復讐状態にする→黙示録、ディアボリックドレイン

復讐状態で守りきることが困難で採用数を増やすことが難しかったカードでも、糸蜘蛛の悪魔ならそれなりに安全な状態で復讐状態を維持できると思います。

ブラッディメアリー+糸蜘蛛の悪魔

場にいるだけでリーサルの圧力になるブラッディメアリーを守りながら相手にダメージを与える動きができます。

デッキを大胆予想してみた

ヴァンピ×3

糸蜘蛛の悪魔×3

ユリウス×3

鋭利な一裂き×3

眷属の召喚×3

吸血鬼ヴァイト×3

漆黒の契約×3

ワードローブレイダー×3

ブラッディメアリー×3

ディアボリックドレイン×2

クイーンヴァンパイア×3

アルカード×3

黙示録×3

セクシーヴァンパイア×2

テンポロスをせず安全にリーサルラインまで落とし込めるよう構築しました

ヴァンピのコウモリバーンとブラッディ―メアリーのダメージが主になると思います。

糸蜘蛛3積みなら黙示録も結構打つ場面多いだろうと予測し、3積みにしてみました。

ゼウスに注目!

ゼウス

ニュートラル・レジェンド

進化前10/5/10 疾走 必殺 守護  進化後10/7/12 疾走 必殺 守護

ゼウスに注目!

必殺、疾走、守護とこのゲームにおける強い要素を詰め込んだ夢のようなフォロワーです。コントロールデッキのリーサルの要が今までサタンの場合が多かったですが、ゼウスという選択肢も生まれたと思います。

盤面に残る10の体力の強さ、守護がついていることでの戦線維持能力、必殺持ちなのでフォロワーで除去するデッキには滅法強くなると思います。

10コストととても重いのでコントロールデッキのみでの採用になるでしょう

コントロールヴァンプ、コントロールネクロではサタンによる不確定要素の高いリーサル手段よりもゼウスのほうがデッキコンセプト的にも合いそうです。

ニュートラルということでニュートラルのみが受けれる恩恵には注目したいです。

特にサハクエルによるコンボには期待でき、除去かダメージかという2択の強いムーブを7ppですることが可能です。

想定できるコンボ

サハクエル+ゼウス

この動きはとても強いでしょう。疾走なので一気に顔を詰めることができます。

ルシフェルとどちらを優先するかという選択肢が生まれるのは強みでしょう。

戦乙女の槍+ゼウス

ネタ気味にはなりますが、より強いニュートラルデッキが作れると思います。

想定されるデッキ

あえてミッション用のニュートラルデッキを作ってみます。

  • ユニコ×3
  • セクトール×3
  • リリエル×3
  • 戦乙女の槍×3
  • ヒーリングエンジェル×3
  • 御言葉の天使×3
  • ゴブリンブレイカ―ティナ×3
  • GMD×3
  • フィーナ×3
  • 氷檻の呼び声×2
  • サハクエル×3
  • ルシフェル×3
  • バハムート×2
  • ゼウス×3

ミッション用ぐらいなら戦えそうなデッキです。

ニュートラルだからこそ強くなれるカードが多くなってきたので今後の新規カードの発表に期待ですね。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます