【シャドウバース(シャドバ)】守備に特化した「コントロールヴァンパイア」少しいじれば攻撃的に!【ヴァンパイアデッキ】

入れ替えで守備にも攻撃にも顔を変える「コントロールヴァンパイア」!

公開:2017年3月2日 『コントロールヴァンパイア』デッキレシピ

youtuber・しいないつき氏によるデッキ『コントロールヴァンパイア』の紹介です!

デッキレシピ

高コストが少なく使いやすい。

ユニコーンの護り手・ユニコ(銀)×3
吸血姫・ヴァンピィ(金)×3
レヴィオンデューク・ユリウス(銅)×3
鋭利な一裂き(銅)×3
群れなす飢餓(銀)×3
吸血貴・ヴァイト(銀)×3
漆黒の契約(金)×3
ワードローブレイダー(銀)×2
夜の群れ(銀)×2
ディアボリックドレイン(金)×3
クイーンヴァンパイア(虹)×3
オーディン(虹)×2
黙示録(金)×3
ダークエンジェル・オリヴィエ(虹)×1
セクシーヴァンパイア(虹)×2
バハムート(虹)×1
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「クイーンヴァンパイア」で壁を作って回復を!

比較的守りに特化しているコントロールヴァンパイアデッキとなっていますが、前のめりに攻撃に転じていきたいのならば、後述しているように「レヴィオンデューク・ユリウス」を「ブラッドウルフ」へ。「ブラッディメアリー」を入れて自傷カードを生かすなどして速さを高めれば超越ウィッチとも戦えます。
多少不利ではありますが。

守備ということで「クイーンヴァンパイア」が大きな役割を担っています。ここを「ブラッディメアリー」にするだけで性格を変えられるのが面白いところ。
とにかく後手に回りやすいデッキなので、ドレインのタイミングを慎重にはかっていきましょう。

注目カード:「ワードローブレイダー」などのドレイン能力で後手の不利を補う

【クイーンヴァンパイア】

コスト:6
スタッツ:4/4
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ フォレストバット2体を出し、自分のフォレストバットすべては守護を持つ。

コストは重いですが、「フォレストバット」を展開しながら守護も付与できるのは破格!
「フォレストバット」は元から場に出ているものも含めて守護持ちになるので、守護で盤面を制圧できます。

【レヴィオンデューク・ユリウス】

コスト:2
スタッツ:1/3
クラス:ヴァンパイア
効果:相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

2コストで1/3スタッツ。序盤は交換しにくいのが大きいですね。場にフォロワーが出ただけでフェイスにダメージが入るのは便利。
「吸血鬼ヴァンピィ」と並べながら使うと相手はチクチクと刺されて嫌なはずです。真っ先に除去したいフォロワーなので、時間稼ぎにも使えます。
解説されてますが、超越がこのまま増えていくようならば、「ブラッドウルフ」と交換して、速さを高めると早い段階でフェイスダメージを稼げます。
序盤、アグロ相手の足止めにはもってこい。

【吸血姫ヴァンピィ】

コスト:2
スタッツ:1/3
クラス:ヴァンパイア
効果:自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
進化時:フォレストバット1体を出す。
自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

フォロワーを展開しながらフェイスにダメージを与えられるので、このデッキの大事なダメージ源です。

【ワードローブレイダー】

コスト:5
スタッツ:3/4
クラス:ニュートラル
効果:進化時 相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。

スタッツが高いわけではないですが、ダメージ、回復を両立できる優秀なフォロワー。
体力が4というのも多少除去しにくいところ。

【セクシーヴァンパイア】

コスト:9
スタッツ:5/5
クラス:ヴァンパイア
効果:ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に5ダメージ。自分のリーダーを5回復。

字面はあっさりとしたテキストですが、その効果は大きいです。その局面にがっちり合えば10点の体力差をつけることができる強力なカードです。
盤面が余程制圧されてでもいない限りは相手にとっては戦意を削ぐには十分なメンタルアタックにもなります。
コストが高いことも考慮して、使用のタイミングは慎重に。
単純に5点ダメージを飛ばせるというだけで十分な強さです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ヴァンパイアvsドラゴン

初手で「吸血姫・ヴァンピィ」。普通は1コストフォロワーを出すところですが、入っていないので1ターン目を見送らなくてはならないのがネックですね。
次に「レヴィオンデューク・ユリウス」を召喚して盤面にプレッシャーを与えていきます。
相手は早い段階で除去したいはず。

体力があるうちに「漆黒の契約」でドローソースを確保しておきたいので、マリガンで残しておくのもありです。このデッキは手札を充実させて選択肢を増やしておくプレイングの方が合いそうですからね。

「クイーンヴァンパイア」で守護しながら、「ワードローブレイダー」などで回復していれば多少のダメージは無視できます。
手元には「黙示録」「オーディン」が2枚ずつという極端なことに…。相手の手札が充実しているので、できればフォロワーを吐き出させて処理。
そしてフォロワーをドローしておきたいですね。

こちらの体力が14点段階で「ジェネシスドラゴン」。もう連続で出されると敗北ですが、次ターン「バハムート」なんとか助かりました。

どちらも「オーディン」で処理して「クイーンヴァンパイア」で壁を作り「夜の群れ」で横に広げていきます。
処理ができなくなったのかここで相手が投了しました!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます