【シャドウバース】ナーフ後対応! otk式アグロエルフ

ミニゴブリンメイジのナーフが来ました。

2コスト以下のサーチという条件が加わったのでリノセウスによる確定サーチが無くなり、盤面からのリーサルも狙わなければならなくなりました。

今回はそんなナーフ後でもミニゴブリンメイジの強さを生かしたエルフを作れないかと考え、アグロエルフの形でデッキを構築しました。

デッキ内容

  • ベビーエルフメイ×3
  • 自然の導き×3
  • フェアリーサークル×3
  • リノセウス×3
  • リザ×2
  • 森荒らしへの報い×3
  • 翅の輝き×2
  • ゴブリンミニメイジ×3
  • エンシェントエルフ×3
  • エルフプリンセスメイジ×3
  • 風神×2
  • フィーナ×3
  • 死の舞踏×2
  • ティア×2
  • シンシア×3

アグロエルフのデッキをメインコンセプトにotkエルフの要素を加えた形です。

序盤のフォロワーの層の薄さを考えてリザを2枚採用しています。(ミニゴブでサーチしても強いと感じたため)

ミニゴブリンメイジの使い方は?

ナーフされたミニゴブリンメイジをどう使えばいいのか考えていきます。

単純にハンドソースを増やせるフォロワーとして考えよう

このデッキではサーチ先をメイ・リザ・リノセウスに絞ってあります。確定サーチではないもの、これらのフォロワーはどれも盤面に強く干渉できるフォロワーです。

ミニゴブは余った3ppを使いテンポをとりながらハンドを補充するほかのクラスのアグロデッキと同じ役割になったと考えましょう。

リノ確定サーチではないため盤面からリーサルを狙いに行く必要も出てきたと思います。

なぜリノセウス確定サーチにしないのか?

リノセウス確定サーチにもできますが、1コスト2コストでフォロワーの動きがないのはあまりにも弱いと考えています。

また、メイを不採用はデッキのパワーを落とすため現実的はないです。

0コストミニゴブの使い方

フィーナの効果で手に入るミニゴブリンメイジの使い方を考えましょう。

以前はリノセウス確定サーチのためハンドに抱え込む動きが強かったです。

ですが確定サーチでなくなった以上、フィーナ進化後に場にそのまま出すというテンポ取りのための動きも必要だと思います。

横に並べることで風神やシンシアにもつながります。

リノセウスがハンドにいる場合orティアがいる場合→0コストミニゴブキープ

風神orシンシアがいる場合or相手の場が弱い場合→0コストミニゴブを出す

これを基準に立ち回るといいと思います。

火力を上げろ!シンシア&風神の使い方

風神とシンシアは自分のフォロワーの攻撃力をっ+1できる優秀なカードです。

特にエルフの場合フォロワーを展開しながら戦うので相性のいいカードと言えるでしょう。

風神の強さに注目!

ファンファーレ 自分のフォロワーすべてを+1/+0する。
自分のターン開始時、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。

5/1/5というスタッつだけ見れば弱いですが、ファンファーレ効果のおかげで実質5/2/5と言えるでしょう。

進化時のスタッツは実質4/7なので、様々なフォロワーを強化しながら場に圧力をかけれます。

特に5というコストが軽くメイやリザ等の強力なファンファーレ効果を持つフォロワーと合わせやすいのが強みです。

終盤になった場合相手のリソースがきれていれば風神が生き残ることもあり、盤面からのダメージの加速も期待できます。

0コストフォロワーを早い段階で使い、ティアやリノセウスを使用した後のサポートとしても使えるでしょう。

エルフナイト・シンシアの強さを知ろう

自分の他のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーを+1/+0する。

進化時 フェアリー2体を出す。

6/5/6 進化時6/6/7ととても使いやすい性能です。

特に進化時フェアリーを2体出す動きはたとえシンシアがやられたとしても、次のシンシアや風神によるダメージの加速が狙えます。

風神が効果による強力なサポートがメインだとするとこちらは高いスタッツによる場の制圧がメインとなる使い方になるでしょう。

ティアなどを使い進化権を温存しながら戦い、撃ち漏らした場に残ってるフォロワーと一緒にシンシアを出し、進化を使うことで場に大量のフォロワーを場に残しながら戦うのが主な使い方となります。

リザでいやがらせ!

リザはダメージを受けなくするというものです。確定除去などには弱いですが、ウィッチの天敵でもあり、場にフォロワーを残しやすくする効果が狙えます。

守りのリザ

巨大な守護を出した際に横にリザを置くことでスペルによる除去を困難にすることができます。

また、ダメージスペルによる除去を避けれるため、守護の後ろに隠したフォロワーが進化しても各個撃破がされにくくなります。

エンシェントエルフ+リザの組み合わせは非常に相性がよく、

フォロワーの大量展開+リザ→次ターンエンシェントエルフで回収+リザという動きも狙えます。

攻めのリザ

フォロワーを大量展開した後にリザを出すことで場もちを良くできます。

生き残ったフォロワーに次のターンシンシアor風神を使えれば大ダメージを狙えるでしょう。

また、シンシア風神を使った後にリザを置く動きも強いです。

リノセウスでどれくらいの火力が出るのか?そのためには何点削る必要があるのか?

これをちゃんと考えましょう。

立ち回りについて

このデッキの立ち回りを解説しようと思います。

マリガンについて

フェアリーサークル、リザ、エンシェントエルフを優先的にキープします。

後攻の場合は森荒らし、メイもキープするといいです。

基本的には序盤は対処に回るので、相手のクラスに応じて最初のムーブを考えましょう。

立ち回りについて

序盤はなるべく相手にフォロワーを展開させないよう心がけます。

中盤以降は進化フォロワーを使い、盤面をとっていきましょう。

0コストフォロワーはハンドにあるシンシアや風神がつながるかどうかで考えましょう。

リノセウスも単純に疾走として使うか、除去に使うか、otkプランのためにキープするか、慎重に判断しましょう。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます