【シャドウバース(シャドバ)】ドロシーに秘術の恐ろしさを見せる!「秘術ウィッチ」【ウィッチデッキ】

今回の動画で扱うのはナーフ前の「秘術ウィッチ」です。「秘術ウィッチ」を中心にっ構築したデッキになっております!

公開:2017年2月26日 『秘術ウィッチ』

youtuber・shio氏によるデッキ『秘術ウィッチ』の紹介です!

デッキレシピ

なんとかドロシーに一泡吹かせたい「秘術ウィッチ」!現在はナーフされているのでこのデッキは十分戦えるのではないでしょうか!

くず鉄の錬成(銅)×2
古き魔術師・レヴィ(金)×2
ドワーフアルケミスト(銀)×3
虹の輝き(銅)×2
雄大なる教え(銅)×2
炎熱の術式(銅)×3
変成の魔術(銀)×2
魔女の雷撃(銅)×2
エラスムスの秘技(金)×2
錬金術の代償(銀)×2
上級アルケミスト(銅)×2
エンシェントアルケミスト(金)×3
禁忌の研究者(金)×2
破砕の禁呪(金)×3
ノノの秘密研究室(金)×2
オーディン(虹)×1
次元の魔女・ドロシー(虹)×1
サタン(虹)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「エラスムスの秘技」をいかに使いこなすか?

とにかく豊富な守護持ちと除去カードでじわじわと攻めていくデッキです。

「ガーディアン」を常に壁にしておきたいですね。「エラスムスの秘技」を使用する際にも、ランダム要素をできるだけ減らして使用するようにしましょう。
エンハンスが可能なら一気に「アークサモナー・エラスムス」を召喚して押し込む戦法もありです。

ドロシーウィッチに対抗心を燃やした秘術ウィッチデッキではありますが、「次元の魔女・ドロシー」はきっちり入っていたりします。一枚だけではありますが、ドローソースとして見るだけでも十分に働いてくれます。悔しいですが、やっぱり強いですよね「次元の魔女・ドロシー」。

「サタン」は2枚入っていますが、これは1枚挿すだけでいいかもしれません。

注目カード

【エラスムスの秘技】

コスト:3
クラス:ウィッチ
効果:ランダムな相手のフォロワー1体に5ダメージ。
エンハンス 9; ダメージを与えるのではなく、アークサモナー・エラスムス1体を出す。

ランダムとはいえ3コストで5点ダメージは大きいですね。
「能力で選択できない」フォロワーにも攻撃が当たるのは便利です。
8コストでスタッツ5/6の「アークサモナー・エラスムス」を手札ではなく場に出すことができるのも後半腐らないですね。
「アークサモナー・エラスムス」はターン終了時に「エラスムスの秘技」と同じ効果を発揮するので使い所さえしっかりしておけばかなり強力な詰めとして使えます。

【変成の魔術】

コスト:3
クラス:ウィッチ
効果:相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つをクレイゴーレムに変身させる。
土の秘術 変身ではなく消滅させる。

ビショップなどと当たった場合、セラフビショップなど、アミュレットが厄介なデッキの場合があります。そんな状況に陥った場合の安全装置。
「オーディン」は重いですが、こちらは対応しやすいので他のカードを展開させたりする余裕が生まれます。

【エンシェントアルケミスト】
シャドウバース ウィッチ
コスト:5
スタッツ:2/4
クラス:ウィッチ
効果:ファンファーレ:
土の秘術 ガーディアンの練成3枚を手札に加える。

言わずと知れた土ウィッチの中核。土の印があれば、2コストで3/3守護持ちを3枚手札に入れられるのはウィッチにとっては大きいです。
中盤の場の守備力を大きく上げてくれます。

そのほか「タイムレスウィッチ」もあると何気にいい仕事をするカードです。
場に出ている間、自リーダーへのダメージを0にすることができるので、相手はこのカードを無視できず、一手使って除去しなくてはならないからです。
土ウィッチの性格から、相手の一手の重さは大きいです。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ウィッチvsウィッチ

この時点でまだアップデートで「ルーンの貫き」がナーフされる前の試合になっています。
ドロシーを倒したいSHIO氏。頼む、ドロシーであってくれ!「マナリアウィザード・クレイグ」!よしドロシーか!

動画内でもおっしゃってますが、超越ウィッチが以上に増えそうで怖いんですよね。ゲーム性が一気になくなりそうです。そうしたら今度はアグロが強くなるのでなんともいえないところではありますが、どちらにせよコントロールやミッドが好きなプレイヤーにはきついかもしれません。
「次元の超越」や「フレイムデストロイヤー」に関してはもっと重くていいと思うんですよね。さすがに追加された新カード群がブーストデッキにハマりすぎている気はします。

「次元の魔女・ドロシー」出て来ましたね。きっちり除去して、盤面を均します。
除去カードはありますが、「破砕の禁呪」「オーディン」はいざという時のために残しておきたいですね。

「古き魔術師・レヴィ」が連続召喚はきつい。「紅蓮の魔術」はもう少しナーフされませんかね?(痛い目にあいすぎている)
体力を4点まで削られてしまったので、ここで「破砕の禁呪」。これは危ない。SHIO氏はできるだけ保険をかけておきたいタイプなんですね。


まさかの「ウィンドブラスト」17点ダメージこれは数字だけ見れば怖すぎますね。

相手の体力は18点。こちらの方が圧倒的に少ないですが、手札が枯れている相手にはきついでしょう。
ここで相手が投了。

じわじわと追い込むスタイルですね。しかし超越ウィッチだったらこちらが終わっていましたね…。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます