【シャドウバース(シャドバ)】超越とも渡り合える!次のOTKはこれだ!ディスカード寄りの『OTKドラゴン』【ドラゴンデッキ紹介】

全体除去をフューチャーしながらOTKを狙う!レッドエーテルにも優しいですよ!

*本記事使用画像は紹介動画、ライターのSSから記載

公開:2017年2月28日 『OTKドラゴン』

youtuber・はぶらし氏による、ディスカードドラゴン寄りの「OTKドラゴン」!

デッキレシピ

何よりもそうコストが安い!コピーも簡単!

ブレイジングブレス(銅)×3
新たなる運命(金)×3
荒牙の竜少女(銅)×3
竜の託宣(銅)×3
サラマンダーブレス(金)×3
シールドエンジェル(銅)×3
ヒーリングエンジェル(銅)×2
ミニゴブリンエイジ(銅)×3
ドラゴンナイト・アイラ(銅)×3
ワイバーンライダー・エイファ(銀)×2
ハンプティダンプティ(銀)×2
デモンストライク(銅)×2
ドラゴンウォーリア(銀)×2
ジークフリート(銀)×1
グリムリーパー(銀)×3
竜の闘気(銀)×3
灼熱の嵐(銀)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

特徴:「灼熱の嵐」などの全体除去でアドバンテージを取る

「ミニゴブリンエイジ」で「荒牙の竜少女」をサーチして「新たなる運命」で一発入れてやりましょう。「荒牙の竜少女」が二枚場に出ていたらもう大変!
ディスカードドラゴンのような動きになりますね。

加えて手札を減らさないデッキ構築。
いたってシンプル。除去などを使って対効果をよくする。一枚の除去カードで複数枚のカードを除去できれば有利になる。
という当たり前のようなコンセプトをちゃんと実践したらどうなるのかという。

なぜ「プリズンドラゴン」ではなく「シールドエンジェル」なのか?アグロヴァンプなどアグロに強いという理由。
「プリズンドラゴン」の体力は3点、「シールドエンジェル」は4点、この差は思った以上に大きいということです。
「ワイバーンライダー・エイファ」をダメージソースにしてOTKチャンスを狙っていきましょう。

ロマン砲とはいってもちゃんと実用の範囲内であることも注目していきたいところです。

計算ミス動画では負けてしまっていますが、普通に超越ウィッチにも勝てます。

注目カード:「ワイバーンライダー・エイファ」で削って倒す

【ワイバーンライダー・エイファ】

コスト:3
スタック:2/1
クラス:ドラゴン
効果:このフォロワーは攻撃されない。
ファンファーレ エンハンス 7; +2/+2して、疾走 を持つ。

除去カードが多い現状、除去されるときはされますが、エンハンス、進化で出てくるとそれだけでフィニッシャーになれるだけのスペックはあります。

【灼熱の嵐】

コスト:7
クラス:ドラゴン
効果:お互いのフォロワーすべてに4ダメージ。

全体除去としてはこれといって目立つものではありませんが、アグロが多くなってくることを見越して編入して損はないでしょう。
本来ドラゴンの特徴である大型フォロワーを残したまま相手だけ除去。のようなムーブができるのですが、今回は大型フォロワーを搭載していませんので、純粋に窮地を脱するために使うことが多くなります。

【荒牙の竜少女】

コスト:2
スタッツ:2/2
クラス:ドラゴン
効果:自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、相手のリーダーに1ダメージ。

「新たなる運命」でドーン!です。「ミニゴブリンメイジ」で引っ張ってきたら積極的に狙っていきましょう!
9枚手札ならそれだけで9点ダメージはロマンです。場に残りにくいスタッツはしょうがない…!

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

ドラゴンvsドラゴン

最初は茶番が入ってますが、いってみましょうOTKドラゴン!
後半「ワイバーンライダー・エイファ」で場を持たせながら、「新たなる運命」を引いていく!

「荒牙の竜少女」を二枚場に出して、「新たなる運命」!手札が5枚なので、5点×2!これでリーサルです。

ドラゴンvsウィッチ

ウィッチには負けたくない!OTKドラゴンの強さを見せるんだ!という意気込みのもと臨むウィッチ戦。
序盤は順調に「竜の託宣」などでPPブーストして準備を整えていきます。
盤面を全然取りに来ないところを見ると超越ウィッチである可能性が高いですね。

「ツインプリズナー・フラム」を出してきたということは超越フラム=グラスウィッチか…。
しかし相手の体力はすでに11点。
「新たなる運命」をドローし、7ターン目に準備は整った!(と思っている)

「荒牙の竜少女」を二枚出した時点でリーサルじゃないことに気づくはぶらし氏…!
1点の計算を間違えたのは痛い!こちらの体力は20点だからなんとかなる…はず…。


そんなフラグを見事に回収!
「次元の超越」2連続からの猛攻!最後は「マジックミサイル」でペチッとトドメを刺されました…。
いや、これはある意味いいもの見せてもらえましたね。

しかしこれは完全に不利で負けたわけではなくプレイミスと見れば、超越とも渡り合えるということは証明できたのではないでしょうか?

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます