【シャドウバース】サタン不採用!?進化陽光ビショップ

超越ウィッチや冥府エルフといった天敵が消え日の目を浴びることになった陽光ビショップ!std時代の覇権を取り戻すことができるか!?

と思われていましたが、陽光サタンはコントロールに重きを置きすぎてリーサルターンが遅すぎるという欠点があります。

特に対コントロールミラーにおいてもセラフや白狼、ネフティスといった強力なリーサル手段が8tに用意されたデッキには10tに出すサタンでは遅すぎて勝てないことも多かったです。

そこでビショップの強い点は何かと考え4つ思いつきました。

守護

回復

進化除去

テミス

ではこれらに特化した構築を作れば今まで勝てなかったデッキにも勝てるのでは?と思いデッキを構築しました。

ミッドレンジ寄りに近い進化でコントロールするビショップのデッキを紹介します。

デッキレシピ

  • 聖なる願い×3
  • スネークプリースト×3
  • マイニュ×3
  • 漆黒の法典×3
  • 守護の陽光×1
  • 獣姫×3
  • 教会の守り手×3
  • 鉄槌の僧侶×3
  • ダークオファリング×2
  • 神魔裁判所×1
  • レディアンスエンジェル×3
  • エンシェントレオスピリット×3
  • ムーンアルミラージ×2
  • テミスの審判×3
  • 大修道女×2
  • オリヴィエ×2

進化権による場の制圧がメインコンセプトのデッキです。

場からのリーサルを狙いながらコントロール力を高めたデッキです。

基本的な勝ち筋は相手のリソース切れとなるでしょう。

デッキのコンセプト

冒頭で述べたように 守護、回復、進化除去、テミスをメインコンセプトにしています。

守護による盤面の掌握

ロイヤルの場合アルベール、エルフの場合リノセウスにリーサルを依存していることが多いです。

アグロデッキの場合は盤面を無視してリーダーにダメージを与えてくるので無理やりトレードさせる効果を持つ守護は有効です。

守護を突破するために進化権を使う=疾走フォロワーの進化による打点が減るなので守護はミッドレンジの動きに対するテンポロスのためのカードととらえています。

回復によるリーサル回避

アグロデッキはバーンスペルによって最後のリーサルを詰めてきます。アグロデッキのメインコンセプトは「20点のリーサルを最速で詰める」なので20点以上のライフにした場合コンセプトが瓦解します。

回復のタイミングは確定したリーサルを回避したいタイミングで打つのが効果的です。

進化による除去

ビショップの進化フォロワーと言えば鉄槌の僧侶とエンシェントレオスピリット!

鉄槌の僧侶は序盤の盤面を取り返す&面倒なラスワフォロワーを消滅させるという二つの役割を持ったカードです。どのデッキに対しても刺さる万能性がいいですね。

エンシェントレオスピリットは相手の大量展開を1枚で抑えるという役割があります。これはアグロデッキに刺さる行動です。

5tで大量展開された場合テミスが追いつかないで負けることも多いです。

そこをケアできるエンシェントレオスピリットは強いでしょう。

テミスの審判

全体確定除去はとても強いです。ハンドに確実に呼び込むためダークオファリングを採用しています。

本当に必要な盤面の時に確実に使えるようにする構築を目指しました。

進化除去が優秀なため、温存しやすいのも強みです。

陽光の強さ!

このデッキに一枚だけ採用してある陽光。このカードの使い方を知りましょう。

進化権がないときの鉄槌の僧侶、エンシェントレオスピリットに役割を持たせる

進化権がないとただのバニラスタッつのフォロワーとなります。終盤に押し負ける危険性を考慮して一枚だけ採用しています。

つまり陽光を置く想定ターンは6t以降となっています。

オリヴィエを出すターンで確実にリーサルを回避できる

9tは試合の終盤です。相手のハンドも強力になっています。

盤面からのリーサルを回避しながら除去できる点が優秀でしょう。

さらに守護をはることで確実な延命ができます。

10tには進化権があるので強力な進化除去や大修道女の回復+進化が望めます。

回復の強さを知ろう

このゲームにおいてリーダーの体力は20です。

回復を入れれば相手のリーダーより体力でアドバンテージを取れます!

フォロワーを出しながら回復する意味とは?

盤面をとりながら回復できるのでライフの維持ができます。

陽光も+されればより盤石な盤面を作り出すことができます。

8tでは相手のリーサル用の強いフォロワー(白狼、ネフティス)が飛んでくることが予測されるためルシではなく大修道女を採用しています。

テミス後の隙を7tでケアできるのもいいですね。

オファリングの使い方

獣姫で出たライオンに使います。

バハやドロシーなどが予測されるターンの前に使うことでテミスを確実に呼び込めます。

回復ソースというよりかは終盤の息切れを解消するカードとしてとらえてください。

10tでできるオファリング+テミスのコンボも強いです。

立ち回りについて

基本的には相手のリソースを枯らして勝ちます。

序盤で盤面を取られるな

2コストから順番にフォロワーを並べることで序盤に弱い動きをしないよう意識しています。

2t獣姫の動きの後にできる隙は教会の守り手や漆黒の法典でケアしましょう。

進化権を使えるまで耐えること意識した立ち回りをしましょう。

中盤以降は有利トレードを意識しよう

進化権をつかい有利トレードをするようにしましょう。

8tまでには進化権を使い切る動きをします(オリヴィエで補充できる可能性があるため)

守護は終盤のリーサル回避のために取っておきましょう。

終盤以降はリソース切れを狙おう

終盤では相手のハンドが枯らすことを意識します。

オリヴィエで進化権をリセットし、有利トレードを続けることを意識します。

確定除去は必要な盤面で打つようにしましょう

デッキアウトの可能性もあるため疾走フォロワーは余裕があるなら顔面に行ってダメージを稼ぎましょう。

有利&不利

デッキ相性を見ていきます

有利な相手

ミッドレンジデッキ全般 ネクロ ロイヤル

不利な相手

超越ウィッチ セラフビショップ サタンの入ってるコントロールデッキ

ライター: レアクロエ

シェアする

ビショップの人気記事ランキング