【シャドウバース(シャドバ)】全てはハンサのために!?「宝石デッキ」に生きる道は…。【エルフデッキ】

【シャドウバース(シャドバ)】「宝石デッキ」【エルフデッキ紹介】

公開:2017年2月10日 『宝石エルフデッキ』

youtuber・クロフネ氏によるデッキ『宝石デッキ』の紹介です!
「宝石のエルフ」を使った新しいタイプのエルフデッキ。という名目の趣味デッキではあります。
「宝石のエルフ」を場に残せるような立ち回りができれば真価を発揮できます。
エルフでそれは難しいですが…。

デッキレシピ

デッキコストがとても高い!
シャドウバース ヴァンパイア

ウォーターフェアリー(銅)×3
ベビーエルフ・メイ(銅)×3
自然の輝き(銅)×3
フェアリーサークル(銅)×3
ハンサ(銅)×3
フェアリーウィスパラー(銅)×3
リノセウス(金)×3
墓荒らしへの報い(銅)×3
翅の輝き(銅)×2
エンシェントエルフ(虹)×3
エルフプリンセスメイジ(銀)×2
クリスタリアプリンセス・ティア×2
宝石のエルフ(金)×3
フェアリービースト(銀)×2
マヘス(金)×2
*銅=ブロンズ 銀=シルバー 金=ゴールド 虹=レジェンド

除去カードが少ないですが、横に広げやすいので「宝石のエルフ」込みで除去には困らないとは思います。
パワーがあるカードは多いのですが、「宝石のエルフ」は場に残りづらいことからシナジーを取りにくいですね。後半「マヘス」などで場を制圧して、「クリスタリアプリンセス・ティア」、コンボが狙えるようなら「リノセウス」で殴っていきましょう。

特徴

特徴としては、「サハクィエル」の有効活用。「サハクィエル」、「バハムート」からの「リミルの秘密」が後半になればなるだけ刺さります。
高コストのフォロワーを出せる中盤以降までが勝負といってもいいかもしれません。
シャドウバース ヴァンパイア
難しいコンボもないので、悪く言えば脳筋に近いプレイングができますが…。
場合によっては、もう少し低コスト帯を編入しることも視野に入れたアレンジが必要です。
あくまで趣味デッキの性格が強いですね。

注目カード

【宝石のエルフ】
シャドウバース エルフ
コスト:5
スタッツ:3/4
クラス:エルフ
効果:自分の他のフォロワーが場に出るたび、それは突進 を持つ。

コストあたりのスタッツは低く、フォロワーとしてだけ場に出してもそれほどの活躍は期待できません。すぐに除去されてしまうので、その能力を活かすには色々と策を練らなくてはなりません。

コントロール系のデッキには総じて弱いことが多いです。「突進」自体も強いのですが、ダイレクトダメージである「疾走」とは違うので、場を制圧した後が重要になってきます。

【ハンサ】
シャドウバース エルフ
コスト:2
スタッツ:0/2
クラス:ニュートラル
効果:ファンファーレ
「相手のフォロワーの最大攻撃力の値」と同じだけ+1/+0する。

「宝石のエルフ」とのシナジーを狙います。相手の出方次第ですが、大型フォロワーが出て来た時、一発逆転もありえます。
しかし、超越ウィッチのようにスペル主体のデッキと対戦する際には全く機能しなくなってしまうのが欠点。

候補カード

【セルウィンの号令】
シャドウバース エルフ
コスト:3
クラス:エルフ
効果:飛翔する狩鳥1体を出す。
エンハンス8: その後、グランドアーチャー・セルウィン1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

エンハンスが重いですが、8ターン目にはこちらも「リノセウス」を準備しておかなくてはならないので、OTKデッキほどではなくとも0コスカードを手元におけるのは大きいです。
それでも劇的な効果が見込めるものではないのであくまで候補で。

【エルフの少女・リザ】
シャドウバース エルフ
コスト:2
スタッツ:2/2
クラス:エルフ
効果:
ファンファーレ:相手のターン終了まで、自分のフォロワーへの「能力によるダメージ」は0になる。(「攻撃によるダメージ」はそのまま)

エルフの守護神「エルフの少女・リザ」ちゃん。
能力によるダメージが0になるというのは除去に強くなるということ。ただでさえ生存能力が乏しい「宝石のエルフ」を多少なりとも延命させるために使えます。
それ以外でも、スタッツもコストと釣り合い、エルフのデッキというだけで腐ることはないので、ぜひ3枚編入させたいところ。

対戦動画解説

冒頭動画の対戦を観ていきましょう。

エルフvsエルフ

お互い、フェアリーからの「エンシェントエルフ」はテンプレ通り。
シャドウバース エルフ

うまいこと冒頭で解説した「宝石のエルフ」から「ハンサ」のコンボが決まりましたね。
「宝石のエルフ」の瞬発力はやはり気持ちいいですね。
コントロール系のデッキであれば採用してもありかもしれません。

相手も「クリスタリアプリンセス・ティア」などで展開して来ますが、うまいこと捌ききって、お約束の「リノセウス」コンボでフィニッシュ!

「宝石のエルフ」動画その2

多彩なカードを使ったデッキになっています。
しかし、動画内では「リノセウス」を編入していません。理由は…強いから…。
参考にするならば「リノセウス」をちゃんと積みましょう!

エルフ専用カードで固めがちなエルフですが、「バハムート降臨」からニュートラルカードの優秀さが目立つので、うまく折り合いをつけて編入していきたいですね。

シェアする

関連するキーワード