【シャドウバース】リノセウスと冥府の合わせ技!otk式冥府エルフとは

バハムート環境になってからは姿を見せなくなった冥府エルフ

アグロドロシーの展開力に追いつけず、冥府はバハムートに消される環境です。

しかし、守護を確実に一掃できコントロールに勝ちやすい冥府エルフはまだまだ現役です!

今回は冥府エルフに新弾の要素であるotk要素を取り入れたotkエルフについて解説します。

otk式冥府エルフとは?

ゴブリンメイジとフィーナを入れることで2コストのサーチを図ったデッキです。

デッキレシピ

  • メイ×3
  • 自然の導き×3
  • フェアリーサークル×3
  • 新たなる運命×3
  • フェアリーウィスパラー×3
  • リノセウス×3
  • 森荒らしへの報い×3
  • 翅の輝き×3
  • エンシェントエルフ×3
  • ゴブリンメイジ×2
  • 冥府×3
  • エルフプリンセスメイジ×1
  • フィーナ×2
  • 森の意志×3
  • フェアリービースト×2

デッキコンセプト

ミニゴブ&フィーナを取り入れた冥府エルフです。

2コストをデッキからサーチすることでデッキを圧縮し、新たなる運命を引く確率を上げる役割があります。

リノセウスをサーチすることも容易なので序盤は盤面の除去、終盤ではリーサルとテンポよく使うことができます。

注目カードの解説

冥府エルフならではの目線から各カードを解説します。

リノセウス

冥府プランで勝つ場合→除去として切ることも想定します。新たなる運命でハンドから流すことも考えられるので6t以降からは雑に顔面に走らせてもいいでしょう。

リノセウスプランで勝てる場合→ハンドにキープしながらリーサルターンを待ちます。

新たなる運命

墓地を肥やすカード、使いたいカードを無理やりひっぱてくるカード。

冥府起動は早いタイミングほど有効なので、新たなる運命がハンドにある場合はなるべく早いタイミングで使うようにしましょう。

運命先で引けるカードの期待値も常に頭の中に把握しておきましょう。

冥府

リーサル手段。オデンやバハムートに弱いので注意しましょう。

序盤にハンドに来た場合は腐るので新たなる運命で早めに流しましょう。

冥府をあらかじめセットしておくプレイングも重要ですが、リノセウスの打点が出しにくくなる点は注意しましょう。

ミニゴブリンメイジ

デッキを圧縮することで新たなる運命を引く確率を上げることができます。

リノセウス確定ではありませんが、リーサル手段も普通の冥府エルフよりもとりやすくなっています。

ミニゴブ→ウィスパラーはハンドを消費せずに盤面を強くすることができます。

フィーナ

進化権を使用した場合は0コストゴブリンメイジを横に出して構いません。(リノセウスが確定ではないため)

進化処理をするカード、墓地を肥やすカード、デッキを圧縮するカードとして冥府エルフとのシナジーがいい。

フェアリービースト

冥府プランまでの延命するカードとして優秀です。

新たなる運命で引く可能性も考慮すると2枚入れたいカードです。

プランニングについて

冥府プランで勝つのか、リノセウスプランで勝つのかで立ち回りが変わります。

リノセウスプランで勝つ

7t以降でリノセウスプランが狙える場合はリノセウスをキープしながら立ち回ります。新たなる運命で自然の導きやリノセウスを引いてリーサルが間に合う可能性も考慮しましょう。

冥府プランで勝つ

足の遅いコントロール相手や、ハンドの切れたアグロ相手にはこの勝ち筋を狙います。

基本的には冥府プランの勝ち筋をめざし、相手の盤面を丁寧に処理しながら新たなる運命でハンドを回しましょう。

マリガンについて

何をキープし、何を返すのか。初手が重要になるデッキです。

キープするカード

フェアリーサークル、ウィスパラー、エンシェントエルフ

ハンドを増やせるカードを優先的にキープしましょう。

必ず返すカード

冥府、リノセウス、コストの重いカード、翅の輝き

後で引きたいカードはなるべくデッキに返すようにしましょう。ドローソースは潤沢にあるのであとで引くことが可能です。

手札の切り方を知ろう!

ハンド管理が重要になる冥府エルフ。ハンドの切り方を知りましょう。

ハンドは常に最大限にしよう

新たなる運命を引いた際に最大限の効率でハンド切り替えをできるようにします。

常にハンドを最大数にしておくことでトップドロー新たなる運命→ドロー先での新たなる運命連打が狙えます。

強いカードから使おう

新たなる運命を使用した場合、手札のカードは捨てることになります。

いくらリノセウスが強いとはいえ、使わなければ墓地に行くカードとなってしまいます。

強いカードから使っていくようにしましょう。

各デッキへの対策

バハムート環境での各リーダーに対する対策を知りましょう。

ウィッチ

共通マリガン 序盤での強い動きを意識する(後攻は森荒らしキープ)

アグロドロシー

ドロシーが展開する際にに冥府が起動できているのがベストです。

フェアリービーストによるリーサルずらし、森意志での盤面除去をうまく使いましょう。

超越ウィッチ

終盤のリーサルはリノセウス一本で攻めます。序盤はウィスパラーなどでフェアリーを横に展開する動きを目指しましょう。

エルフ

新たなる運命はキープ。最速の冥府起動を目指しましょう。

メイ、エンシェントエルフを序盤に握れるかが勝負のカギです。

otk相手の場合はフェアビやエンシェントを後半に出すことでリーサルをずらします。

ロイヤル

処理カードを優先的にキープします。

盤面に生き物を並べすぎるとオーレリアやエミリア来る可能性があるのに注意しましょう。

冥府プランでの勝ち筋を目指します。

ドラゴン

フォロワーの展開+エンシェントが狙えるようマリガンします。

立ち回りとして、相手のpp6までは横並びの展開、そのあとは冥府&リノセウスで打点を詰める計算をします。

バハムートで冥府が消される危険があります。冥府後にリノセウスプランで削れるようにしましょう。

大型フォロワーが多いため、森の意志ケアをされないよう注意しましょう。

ネクロ

大型エンシェントが立てられるようにマリガンします。

アグロ相手の場合は除去優先、コントロール相手の場合は8tまでに冥府を完成させるようにしましょう。

ヴァンパイア

細かい除去ができるようにマリガンします。

コントロールの場合はまず負けないです。

アグロの場合はリノセウスも除去ですぐ使って構いません。フェアリービーストにつながれば勝てます

ビショップ

最初に大型エンシェントを立てれるようマリガンします。

序盤に大型エンシェントを立てることに成功した場合はアグロ軸で押し切れます。

それ以外の場合は8tまでに冥府起動を目指します。

ライター: レアクロエ

シェアする

関連するキーワード