【シャドウバース】デッキ作成や戦い方のコツとアリーナ(2Pick)で選ぶときにオススメのカードをご紹介(ドラゴン編)!

ランダムに選出された2枚のカードから1枚を選択することを15回繰り返して、即席の30枚のデッキで他のプレイヤーと戦うアリーナ(2Pick)!

シャドウバースのコンテンツの一つでプレイングスキルを鍛えるにも絶好の場です。

今回は、ドラゴンでアリーナ(2Pick)を戦うのためのコツやオススメのカードをご紹介したいと思います。

ドラゴンでアリーナ(2Pick)をプレイする時のコツについて!

結論から言うとドラゴンでアリーナ(2Pick)で戦うことはかなり難易度が高いです!

大きな理由としては、全体的にコストが重いフォロワーが多くなってしまっているので、序盤の動きが遅いというのが挙げられます。

PP加速やコスト減少などもうまく回れば強いですが、カードがランダムに出てくるアリーナ(2Pick)ではかなり難しいと思います。

次に、ドラゴンでプレイする際の戦い方のコツやデッキ作成時のポイントをお伝えしたいと思います。

PP加速カードが重要なので、優先的に確保!

ドラゴンの特徴でもある覚醒を早く発動させればさせるほど、勝率は高くなっていきます。なので、PP加速効果を持つカードは絶対に確保しておきたいです。

ディスカードタイプのとりすぎに注意!

ディスカードドラゴンのカードはアリーナ(2Pick)との相性があまり良くないです。出来るだけ、選ばない方が得策といえます。

序盤から中盤の対策をしっかりと行う!

序盤から中盤にかけて何もできないというのがかなり恐ろしいので、デッキ作成の時は低コストのカードにも気をかけてみてください。特に覚醒が発動できれば、強力になる低コストカードは絶対に採用しておきたいです。

アリーナ(2Pick)で活躍できるオススメカード!

アリーナ(2Pick)で活躍できるオススメカードを筆者の経験も交えてお伝えしたいと思います。

レジェンドレア、ゴールドレア、シルバーレア、ブロンズレアの中から2枚ずつお伝えしたいと思います。

レジェンドレア

ファフニール

高いステータス&全体ダメージが強力なフォロワー。フォロワー同士の殴り合いでもまず負けることがなく、除去もこなすことができます。

選択肢に出てきたら、絶対に押さえておきたいフォロワーの一つです。召喚するまで大変ですが、選ぶ価値のあるフォロワーです。

ジルニトラ

プレイ時&進化時にドラゴンを展開することのできる能力が強力。展開力に乏しいドラゴンでは貴重な能力を持っており、アリーナ(2Pick)では活躍が期待できます。

ジルニトラ自身も疾走を持っているため、そのまま試合を終了させることもできます。こちらも選択肢に出てきたら絶対に押さえておきたいフォロワーです。

ゴールドレア

ジェネシスドラゴン

高ステータス&疾走持ちの超優秀なフィニッシャー。このカード単体で強さが完結しているのも魅力的。殴り合いしてもリーダーを殴っても優秀なフォロワー。

優先的に入れたいカードではありますが、コストの高さが気になります。デッキのコストバランスを気を付けてください。

オーブドラゴン

フォンフォーレでフォロワーかアミュレットを破壊することができる能力が強力なフォロワー。場に出た瞬間に、仕事ができる優秀な一枚。

ステータスも高く、優先的に採用したいカードではありますがこちらもコストが高いので、デッキのコストバランスを気を付けてながら採用を決めてください。

シルバーレア

オウルガーディアン

ステータスが高さと守護持ちが特徴的なフォロワー。進化時の除去能力がアリーナ(2Pick)では大活躍してくれます。

コスト的に中盤に活躍してくれる貴重なフォロワーなので、選択肢に出てきたら積極的に採用したいカードです。

ドラゴンウォリアー

ランクマッチでもおなじみの強力なフォロワーです。進化時の除去効果はアリーナ(2Pick)でも大活躍してくれます。

4コストの割に、ステータスの高さも優秀なので絶対に採用したいシルバーレアです。選択肢に出てきたら、確保してください。

ブロンズレア

ワイリーワイバーン

体力が高めのステータスとブレイジングブレスを生成できる能力が特徴的なフォロワーです。体力の高さ&能力は、アリーナ(2Pick)で重宝します。

コストが高いですが、中盤に活躍してくれるキャラクターです。選択肢に出てきたら積極的に採用したいカードです。

竜の託宣

PP加速のカードは、アリーナ(2Pick)では積極的に採用しましょう。代表的な竜の託宣はかなり選択肢に出てきやすいので必ず採用しましょう。

覚醒時には、ドローを確保できる数少ない手段でもありますので後半に使用するのもありかもしれません。

まとめ

ご紹介したカードもやっぱりコストが高くなってしまいました。

低コスト帯には竜の託宣をはじめとした、サポートカード以外にもドラゴンライダーのような覚醒して強くなるカードを選びましょう。

ドラゴンで挑むときは、プレイングスキル以外にも運が関わってくるところがあるので安定して勝利を得たい人は他のクラスをお勧めします。

ですが、デッキの作成と試合の流れが上手くいけば一番強いクラスかもしれません。

ライター: Yuki Tanaka

シェアする