【シャドウバース(シャドバ)】ドロシーにも勝ち越せる可能性が!OTKエルフに「古き森の白狼」は必要?「根元への回帰」との相性は?

【シャドウバース(シャドバ)】強いのか?弱いのか?議論が多い「古き森の白狼」と「根源への回帰」を主軸とするOTKエルフは現環境に刺さっているのか?

OTKエルフ搭載カードの是非

よくランプドラゴンや超越デッキにOTKエルフが刺さるという話は聞きますが、具体的にはどういった経緯なのでしょうか?普通に考えると、OTKエルフにドロシーが刺さりそうですが…。
コンボエルフと呼ばれるため、初心者には扱いきれない運用がかなり難しいデッキです。私も何度か扱ったことがありますが、ついうっかりプレイングをしてしまうんですよね…。うーん、未熟。

現在増えているランプドラゴンなどにも有利が取れると思うので、さらに人気が出そうなデッキではあります。

OTKエルフといえば「根源への回帰」を織り交ぜた0コストフェアリーなどからの「リノセウス」が王道にして絶対的なダメージ源です。そのため「古き森の白狼」のサーチ能力とコスト0化は強い…はず?

プレイヤーの間では「古き森の白狼」の話題が出ることがあるのですが、こちらをOTKエルフに積んだ場合はどうなるのでしょう?

「古き森の白狼」

そもそもコストが高いため、そこまで引っ張ってまで場に出すメリットがあるのかというところですが、プレイ感が気持ちいいためロマン的な要素が強い「古き森の白狼」ですが、果たして機能するのか。

【古き森の白狼】
シャドウバース シャドバ エルフ
コスト:8
スタック:4/4
突進
ラストワード:次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・カード(古き森の白狼を除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、そのコストを0にする。

やはりロマン。レジェンドではあっても、実用的な価値があるかというと怪しい気がします。能力だけで見るととても強いように見えるんですが、いかんせん重い。大型フォロワーを出せるカードであるのに関わらず自分のコストが高いのは…。

このカードを主軸に考えるくらいなら、お約束のテンポエルフを使用するべきか…。

しかし、「古き森の白狼」が弱いという印象は、白狼根源OTKに当たった時に、対戦相手が使いこなせていないから?という疑問が湧いてきました。

「根源への回帰」

「バハムート降臨」から実装されて、エルフに新たな戦略を提示したカードですね。「古き森の白狼」とセットで語られることは多いですが、こちらはこちらで運用を考えないと相手を助ける形になってしまうので、ご利用は計画的に!
「エンシェントエルフ」を使い慣れているエルフ使いには無用な心配かもしれませんが。

【根源への回帰】
シャドウバース シャドバ エルフ
コスト:7
お互いのフォロワーすべてを手札に戻す。

やはりリセットはなんだかんだいって強いです。うまくタイミングを測れば一方的にこちらのペースに持っていけます。超越ウィッチも刺さりますね。
以前はオールバウンス5コストで出せるという、今思えば壊れ性能だったのですが、7コストでも強い強い。

白狼根源OTKエルフを使う意味

何よりも、「根源への回帰」などを含めた「リノセウス」コンボが脅威であって、土ウィッチなどの守護持ちデッキではうまく機能しないことが多いです。
これからOTKエルフが増えることが予想されるので、その対策として守護デッキも増えていくでしょう。

そんな時に「古き森の白狼」を入れた「白狼根源エルフ」にシフトしていくと勝率がぐんと上がりそうです。リーサルターンが早いコントロールといったところでしょうか。

アグロ相手になれば普通のOTKプレイで対応できますしね。

結局は「古き森の白狼」のサーチをコントロールできるように練習すればランプドラゴンも怖くない。実戦の動きは後述の動画1戦目を見ていただければわかりやすいと思います!

OTKエルフ動画

最近のOTKエルフに、「古き森の白狼」「根源への回帰」は必要なのか。youtuber・ダヤンが動画内で、わかりやすい対戦を見せてくれています。

はい、「古き森の白狼」は必要ですね!この爽快感はゲームをプレイしていく上で重要なのではないか…。

デッキレシピ

第1戦目のビショップ戦は白狼根源OTKエルフの真骨頂を見せてくれますよ。
シャドウバース シャドバ エルフ

ゴブリン×2
ベビーエルフ・メイ×3
自然の導き×3
フェアリーサークル×3
リノセウス×3
墓荒らしへの報い
翅の輝き×3
ミニゴブリンメイジ×3
エンシェントエルフ×3
エルフプリンセスメイジ×2
歴戦の傭兵・フィーナ×2
死の舞踏×2
森の意思×2
フェアリービースト×2
根源への回帰×2
古き森の白狼×2

「リノセウス」が手元に二枚あり、「根源への回帰」より先に「古き森の白狼」があればこういった動きができます。
「古き森の白狼」にレッドエーテルを使ってもいい!というプレイヤーはこのデッキを組むしかないでしょう!

というかこのデッキタイプ以外に「古き森の白狼」を使いこなせる自信ないですけど…。

シェアする

関連するキーワード