【シャドウバース(シャドバ)】ロイヤルが今の環境で勝つには!?今「王家の御旗」が息を吹き返している!

【シャドウバース(シャドバ)】今回の記事は、ロイヤルの新環境への対策を『王家の御旗』中心に考えてみます!
シャドウバース

ロイヤルを考えてみる

新環境になってロイヤルが不利ばかり取られていると話題になっていますが、そんなことないです!

ロイヤルだって各デッキと戦っていける!実は、以前ご紹介したことのある『疾走御旗ロイヤルデッキ』でマスター帯で5勝1敗しています!
まだまだスキマ産業的に勝てるんだ!今私は無性にロイヤルプレイヤーを応援したかったという思いです!

単純にロイヤル使いというだけだったりもしますが…。

今だからこそロイヤルの主軸にしたいカード

まさかの懐古主義と思われがちですが、かなり強いんです!「王家の御旗」!
シャドウバース
・「王家の御旗」
「ファンファーレ 自分の兵士・フォロワーすべてを+1/+0する。自分の場に兵士・フォロワーが出るたび、それを+1/+0する。」
シャドウバース
・「疾走」系フォロワー
前述したように、私の経験上「王家の御旗」とのシナジーが、現環境に刺さっているように感じます。足元を救われているといったところでしょうか。
以前はオワコンとすら言われていましたが、「バハムート降臨」実装から各デッキの性格が変わったからでしょう。
「レヴィオンセイバー・アルベール」などの優秀な疾走持ちフィニッシャーが追加されたことで、「疾走」が熱い!と考えたわけです。
もちろん「アルビダの号令」も一気にたたみかけられるのでフィニッシャーになりますね。

シャドウバース
・「師の教え」
「自分か相手のフォロワー1体を、ターン終了まで+1/+0する。カードを1枚引く。」
という効果。
ロイヤルは基本的に手札が枯渇しやすい傾向があるので、ドローソースは大事にしなくてはいけません。

この他、「バハムート」「オーディン」「サタン」のような高コスト帯を飛び道具として差し込むと思った以上に活躍してくれます。

【レシピの素】

クイックブレーダー
師の教え
オースレスナイト
ケンタウルスヴァンガード
メイドリーダー
アセンティックナイト
ノーヴィストルーパー
冷酷なる暗殺者
フローラルフェンサー
王家の御旗
アルビダの号令

これらのカードを中心に組んでみてはいかがでしょう?これにアレンジを加えてみるとなかなか表情の違うロイヤルができて面白いです。

闇を纏う暗殺者
死の舞踏
渾身の一振り
オーディン
オーラルフェンサー・オーレリア
バハムート
ファングスレイヤー

あくまで一例ではありますが、状況や好みに応じて差し込むと活躍してくれます。
「ファングスレイヤー」はレギュラーでもいいくらい強いですね。疾走が入るデッキにとって、フォロワーの処理とフェイスを同時に叩けるのは大きい!

「御旗ロイヤル」使い

今のところ、前述紹介したカードなどを編成して、アレンジするだけでかなり様々なデッキタイプに対応できています。

アグロ系に対応できますし、ここに「オーディン」などを入れるとビショップなどを結構あっさり狩ってくれますよ。

ほら!こんなに連勝している強い方だっているんです!

そうなんです。今の環境に「御旗ロイヤル」がいないのです。果ては、「時代に逆行している」などと言われる始末ですが、勝率は悪くないんです。

白旗はあげないまとめ

「疾走」を進めているとはいっても、フォロワーに「疾走」を付与する「騎士王の威光」は使い勝手が悪い…、さすがに5コストは重すぎる印象です。その代わりに除去カードを入れたほうが、様々なデッキに対応できていますね。

「風神」や「セージコマンダー」は確かに強いカードなのですが、本記事で紹介したタイプのデッキでは、重さが目立って機能しないことが多かったように感じました。
これらを外して編成した結果、最短4、5ターンで終わるほどスピード感が出ました。アグロネクロやミッドレンジにも有利が取れるくらいの勝率です。
「セージコマンダー」などを入れるなら、ちゃんと単体で説得力のあるカードを入れると安定感が増します。

何よりも、今のロイヤルは向かい風!しかしこれまで既出のデッキも新環境だからこそ勝てるものがあると思います。

シェアする

関連するキーワード