【シャドウバース】BO3大会で勝つためのウィッチ&エルフのデッキ紹介!

シャドウバースの大会といえばbo3!オフラインでもオンラインでも、大会ではこのルールはよく導入されています。

  • 今回はそんなbo3大会に向けて筆者が温めていたウィッチ&エルフのデッキの組み合わせを紹介します。

BO3ってなに?

bo3とは同じリーダーに二回勝てばいいというルールです。シャドバの大会ではそのルールに加え、一度勝利したリーダーは使用できないという〈コンクエスト方式〉も一緒に導入されています。

bo3の基本戦略

bo3で使用するデッキを選ぶ際に重要になるのは

『一つのリーダーに対して二連続で勝つ』という2タテ思考。

『ある種の組み合わせに不利、不利となるような組み合わせを避ける』という2タテ回避の思考です。

バハムート環境で意識しないといけないデッキ

アグロドロシーウィッチ、otkエルフです。この2つの組み合わせに2タテ食らう構築ではいけません。

特にアグロドロシーに関しては、回った場合どんなデッキをもってしてでも勝つことは困難になってしまいます。

BO3における著者が選んだエルフ&ウィッチの組み合わせ

エルフもウィッチも立ち回りやプレイングが重要になります。普段見かける組み合わせはotkエルフ・アグロドロシーウィッチですが、ここでは一味違う選出をします。

何にニタテされたくないか?

環境トップのデッキはアグロウィッチ、otkエルフであり、それらに勝つためには同等のカードパワーをもつデッキをぶつける必要があります。結論は簡単で、『エルフにはエルフを、ウィッチにはウィッチを』ですね。

メタ読みを逆手に取る

しかし一口にウィッチ、エルフと言っても様々なデッキタイプがあり、マリガンの段階でデッキタイプの数で優位に立つことができます。相手がotkエルフ、アグロドロシー読みのマリガンをするなら除去スペルをハンドにキープするはずです。

そこを逆手に取り、こちらのデッキをコントロールウィッチ、コントロールエルフにすれば、マリガンの段階で優位に立てると判断しました。

選んだデッキは『超越ウィッチ』『冥府エルフ』です。

超越ウィッチ

戦略はコントロール2タテ。ドロシーに対してもレヴィ+ルーンなら対抗できる可能性を秘めています。

アグロ&アグロの構築にニタテされないように構築を考えます。

デッキレシピ

  • エンジェルスナイプ×2
  • 知恵の光×3
  • レヴィ×2
  • マジックミサイル×3
  • ゴーレムの錬成×3
  • ウィンドブラスト×3
  • 虹の輝き×3
  • 魔力の蓄積×3
  • マーリン×3
  • ルーンの貫き×3
  • 運命の導き×3
  • 刃の魔術師×3
  • ドロシー×1
  • フレイムデストロイヤー×2
  • 超越×3

デッキの解説

アグロ&アグロの構築にあたった際でも刃+レヴィ+ルーンの貫きによるバーンダメージでのリーサルも狙えるようにした構築です。

コントロール相手に安定性を高めるためウィンドブラストとマーリンを3積みにしています。

疾走相手に盤面で勝つことを想定してるため守護は採用していません。そのためotkエルフに対して弱いです。

フレイムデストロイヤー2ドロシー1にすることでフィニッシャーを雑に投げてリーサルをとる動きもやりやすくしています。

1ドロシーの引きで伸びる打点の期待値を多くすることで、1超越で試合を決めれる安定性があります。

相性関係

コントロール全般に◎ ドロシー、アグロヴァンプにも渡り合えます。otkエルフ、アグロネクロが苦手です。

冥府エルフ

バハムート環境ではめったに見ることのなくなった冥府エルフ。しかしながら、コントロールにも対応ができ、アグロに対してもフェアリービースト等で回答ができるのはまだまだ優秀です。

コントロール2タテを狙っています。オデンやバハには注意しましょう。

デッキレシピ

  • メイ×3
  • 自然の導き×3
  • フェアリーサークル×3
  • 新たなる運命×3
  • フェアリーウィスパラー×3
  • リノセウス×3
  • 森荒らしへの報い×3
  • 翅の輝き×3
  • ミニゴブ×3
  • エンシェントエルフ×3
  • 冥府×3
  • エルプリ×1
  • フィーナ×2
  • 森の意志×3
  • フェアビ×2

デッキの解説

冥府エルフにミニゴブ&フィーナを入れたotk冥府です。

普通の冥府よりもリノプランを遂行しやすくしています。またミニゴブやフィーナがデッキを圧縮することにより新たなる運命を引く確率を相対的にあげてくれています。

コントロールに対してはリノ削りの冥府プランの併用、アグロに対してはフェアビ投げで対応ができます。リノセウスも相手の動きを見ながら除去に使ったり、打点を詰めたりと応用が利きます。

ドロシーでは冥府とリノセウスの使い方が重要になります。スタッツの暴力が始まる前に何とか冥府プランを遂行したです。

相性関係

コントロール○ otkに互角 アグロに微有利 ドロシー、ランプドラに弱い。

冥府エルフ&超越の組み合わせについて

ビショップ2タテを意識しています。また、コントロール全般に負けないようにし、苦手なデッキタイプが被らないようにカードを調整しました。

ドロシーは相手が回らなかった場合に確実に一本とれるようにしています。

どちらのデッキもDE環境で猛威をふるったデッキで、今のバハムート環境でも十分に戦えるポテンシャルをもっています。アグロドロシーとotkエルフに注目されがちな今が、大会で使用する使用するチャンスなのでは?と思っています。

ライター: レアクロエ

シェアする

優勝・上位デッキの人気記事ランキング