【シノアリス】黒の禁書 アリス篇/グレーテル篇の内容比較!

8/8現在、シノアリスでは黒の禁書ガチャのアリス篇とグレーテル篇が併設されています。

どちらもかなり魅力的な内容となっており、どちらを引くか迷ってしまいますよね。

ここではこの2つのガチャを徹底比較していきます。

黒の禁書 アリス篇

アリス篇は支援系武器がメインのガチャです。開催期間は8/16 14:59まで。

アリス篇

このガチャの目玉はSSの「束縛の魔書」です。
物攻、魔攻が共にかなり高く、反面防御性能は低くなっています。

モノガタリ、コロシアムスキルは敵の防御大ダウン、コロシアム補助スキルは魔力供給となっています。

このコロシアム補助スキルが中々に優秀で、復活にもSPを必要とするコロシアムではかなり有効になってきます。

アリス篇で解放されるジョブ

アリス篇で解放されるジョブは以下のとおりです(武器ランクは全てSS)。

武器属性 武器の名前 解放されるジョブ
束縛の魔書 アリス/ソーサラー
虚妄の提琴 グレーテル/ミンストレル
悲哀の提琴 人魚姫/ミンストレル
束縛の杖 アリス/クレリック
依存の笛 ピノキオ/ミンストレル
正義の鉄槌 スノウホワイト/クラッシャー
卑劣の刃 シンデレラ/ブレイカー

アリス篇の注目ナイトメア

ナイトメアはSSの「砂塵の掟ノイン」がピックアップされています。
魔防が高めですが全体的にバランスの取れたステータスで、火属性での有利属性ダメージが大増加する
モノガタリスキルと、1分30秒間敵全体の補助スキルの発動率を大幅に下げるコロシアムスキルを持っています。

こちらもコロシアムスキルがかなり強力なので、是非手に入れておきたいナイトメアですね。

アリス篇のその他注目武器

アリス篇では他に、SS杖の「黒石の杖」がピックアップされています。
この杖はスキル「恵みの福音(Ⅲ)」という味方2体を大回復させるスキルを持っているので支援職メインならば是非手に入れておきたい一品です。
また、この武器は杖でありながら攻撃力が非常に高く、コロシアム補助スキルで敵の防御力を下げるという非常に攻撃的な側面も兼ね備えており、色んな場面で活躍できるでしょう。

黒の禁書 グレーテル篇

アリス篇が支援職メインのピックアップなのに対し、グレーテル篇は攻撃職メインとなっています。こちらの開催期間は8/24 14:59まで。アリス篇より後に始まったので、開催期間自体はアリス篇と同じです。

グレーテル篇

こちらの目玉アイテムは「グレーテル/ガンナー」を入手できるSS弓「虚妄の狩猟弓」となっていますが、後発のガチャということもあって「束縛の魔書」を含めアリス篇で獲得できるSS武器を全て獲得可能になっています。

今までのピックアップ武器も殆ど獲得可能なので、迷ったらこちらのガチャにしておけば間違いはないでしょう。

グレーテル篇の注目ナイトメア

グレーテル篇でピックアップされているSSナイトメア「ウガルルム」は火属性スキルの効果を大増加させるという最も使いやすいタイプのスキルを持っています。

同じスキルを持つナイトメアにドロップ産の「ファフニール」がいますが、ガチャ産という事でこちらのほうが総合値が高い上に、ガチャ産ナイトメアは召喚時にSPを消費しないという大きなアドバンテージがあるので、どちらが良いかは一目瞭然です。

グレーテル篇の他の注目武器

グレーテル篇では他にSS長柄の「黒石の大鎌」がピックアップされています。
この武器は長柄の中でも強力な「複数ダメージ+自身魔攻UP」を持っており、特に魔法攻撃を使う事が多いパラディンでは重宝する一品です。

似たような効果の武器は長柄には数種類あるので真新しさこそありませんが、同属性の「暴食の鎌」、「名工の重槍」と合わせれば同じ効果で同じ属性の武器を装備セットに3つ入れられる事になるので、属性で統一したい場合は是非集めておきたいですね。

何も考えずにグレーテル篇を引けばいいと言うわけではない

今回のガチャはピックアップが違うだけで殆ど同じ内容です。
グレーテル篇の方が追加がある分獲得可能武器やジョブの種類が多くなっているので、ついこちらに手を伸ばしてしまいそうな所ですが、特に支援職メインの方はよく考えましょう。

アリス篇では束縛の魔書が0.666%の確率で入手できるのに対して、グレーテル篇ではたったの0.002%。
確率にして333倍です。

支援職メインでなくても、グレーテル篇で既にグレーテル/ガンナーを引いており、アリス/ソーサラーを引けていない場合も、アリス篇を引いたほうが良いでしょう。

シノアリスでは共通スキルにより他のジョブのレベルがステータスに直接影響するので、「使わないジョブだから」と切り捨てないようにしましょう。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます