【シノアリス】ガチャの引き時と止め時について

シノアリスではサービス開始から今に至るまで、かなりの頻度でガチャが更新されています。
これだけ高頻度でガチャが更新されると、コンプリートするにはかなりの資金が必要ですし、運も絡んだ話になってきてしまいます。

特に無課金プレイヤーの方々にとっては魔晶石の枯渇は死活問題でしょう。

ここではガチャをいつ引いて、いつ引かないべきなのかについて考察していきます。

常設ガチャは設置されていない

シノアリスではSS武器の中にそこまで大きなハズレが無いので、ガチャに関しては「引きたい時が引き時」が基本ではありますが、ヨクボウメダルやガチャの性質上、魔晶石をある程度溜めてからの方がいい場合が多いです。

ガチャトップ

今のところ「常設ガチャ」と呼べるものは無く、最低1種類の期間限定ガチャが常に入れ替わりながら設置されています。

その為、どのガチャでも期間中に当たりを引き逃してしまうとジョブや武器が手に入らなくなってしまうのですが、このゲームのガチャは現時点で青天井、つまり当たりを引くまでの試行回数に限度がなく、最悪の場合何回引いても当たりが出ない可能性があるので、後述するヨクボウメダルがかなり重要な存在になってきます。

ヨクボウメダルの存在

シノアリスではガチャを1回引く毎に10個のヨクボウメダルを入手できるようになっています。
このヨクボウメダルはガチャが変わることに違う種類のものとして扱われ、ガチャが終了してしばらくするとメダルも消滅します。

このヨクボウメダルは、非常に入手難度の高い武器やジョブを1500個で交換できるので、もし当たりが出ないような場合でもたくさんガチャを引けば手に入れることが出来るシステムとなっています。
先述の通りガチャだけで言えば青天井となっているので、このシステムは是非活用していくべきでしょう。

ヨクボウメダル1500個=魔晶石4500個

シノアリスでは魔晶石は事ある毎に手に入るので、10連ガチャに必要な300個くらいは簡単に手に入るでしょう。
しかし、4500個となると無課金ではかなり長期間溜め込まないと集まらない量です。
とはいえ、4500個集めれば当たりが確保されると思えば安い物なので、本当に欲しいジョブや装備が出てきた時に向けて是非溜め込んでおきましょう。

狙うべきは装備よりジョブ

シノアリスのSSランク武器はどれもほとんど強力ですが、そこまで差別化されているわけではなく、特にモノガタリ攻略においては武器種によって殆ど統一された能力なので、期間限定ガチャで特定の武器を狙いたいという場合は殆どありません。

それよりも、ストーリー、イベント攻略のためにジョブのレパートリーを増やしておきたいところです。
特に特定のキャラにおいて「攻撃系ジョブ」「支援系ジョブ」のどちらかしか持っていない場合で、持っていない方が現行のガチャで出る場合は引き時だと思います。

Sランク武器と同時に出るジョブは狙い目

新武器の中には入手時にジョブが手に入る物があります。
目玉となるSS武器はもちろんのことですが、それに加えてS武器にも基本的に一種類ジョブ付きのものがあります。

このS武器はSS武器と比べて入手難度が低い割には、ジョブの性能が変わるわけではないので、S武器に欲しいジョブが付いている場合は狙い目です。

自分の装備セットに合ったジョブを狙う

ジョブを狙う際には、自分の装備セットの中で「支援系」、「攻撃系」のどちらが強いかを確認し、強い方の装備セットを装備できるジョブを狙いましょう。

装備セット

500程度しか差が無ければ、育成ですぐに逆転するのでその場合にはどちらを狙っても大丈夫です。

画像のようにかなり差が開いている場合は、ガチャでせっかくジョブを手に入れても使えるようになるまでがかなり長いので、育成してでも引きたい(ジョブの見た目がお気に入りという場合等)という場合を除いて引かないほうが良いでしょう。

コロシアムを見据える場合

コロシアムは7/26現在クローズドβテスト中で、殆どのプレイヤーは参加出来ない状態ですが、コロシアムの実装を見据えている場合は武器のコロシアム補助スキルも見ながらガチャを引くかどうか考えていかなければ行けません。

コロシアム補助スキルに関しては、モノガタリスキルとは逆に武器種毎にそこまで大きな性能差がなく、どの武器にも数種類の似たような効果のものがあります。

中でも攻撃系の武器には、「攻撃時に一定確率で攻撃が上がる」という物があり、攻撃系のジョブに求められる役割にかなりマッチしているので、この効果を持っている武器が出ている場合は狙っていくと良いでしょう。

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。