【シノアリス】Aランク武器の使い道について考察!

今回の記事ではガチャで獲得したAランク武器の使い道について紹介したいと思います。

基本的には無課金・微課金者向けの記事となっていますので御参考にしていただければ幸いです。

武器のランク

ガチャから排出される武器はA〜SSまでのランクです。現状のガチャから入手できる武器のランクと進化の関係は下記のようになっています。

進化前 進化後
SS L
S SS
A(コスト11以上) S→SS
A(コスト10以下) S

総合値を上げるために優先して進化するものはSSランクやコスト11以上のAランク武器となっていますが、もちろんその後はSランク武器も進化していく必要がありますね。

それでは、コスト10以下のAランク武器などはどのようにすべきかという疑問が生じると思います。

Aランク武器の使い道1:強化して用いる

シノアリスの武器は素のランクに応じてスキルの強さが変化しますので、出来るだけ高いランクの武器で20本編成を固めたいところです。

ただし注意しなければいけないのは、AランクをSSまで進化させたところでスキルの強さは変化しないので、総合値の割にはあまり強く無い編成となってしまいます。

しかし、討伐イベントのような高難易度ダンジョンを攻略するためには特定の属性武器を数多く所持する必要が出てきます。

装備している武器を全て使用してからでなければ武器リストを更新出来無いという仕様上、レジスト属性の武器を所持しているとそれだけダメージ効率が下がりますからね。

そこで、属性染めを容易に行うためにAランク武器でさえも進化させて強化をおこなっていくのがお勧めです。

Aランク武器の使い道2:強化素材として用いる

武器を強化素材として用いれば、強化ベースのスキルレベルを上昇させることが出来ます。

これは、全く別のスキルを持つ武器同士でもスキル経験値を獲得できるようになっていますので、ガチャから入手したAランク武器はどんどん素材に用いたいところですね。

ただし、課金を多く行ってガチャをどんどん回せる方は良いのですが、無課金・微課金者にはあまりオススメしません。やはり属性染めを行いたいので、Sまでしか進化しない武器でも一応残しておく方が良いでしょう。

どちらにせよ同じ武器を複数装備することは不可能ですので、限界突破を4回行ったあとは素材として利用できるようになるため、今は我慢しておくべきだと思います。

ただ、現状全く不要なのではないかと思われる魔具に関しては素材として用いても良いかもしれません。

この理由としては、後衛職の魔法攻撃よりも前衛職の魔法攻撃の方がダメージソースに成り得るので、後衛は基本的に回復やバフ・デバフに特化しておいたほうが良いためです。

と書きましたが、筆者は一応残してあります。無いとは思いますが、この先、槍・銃・魔具を同時に装備できる職が登場することがあれば魔法攻撃特化として活躍できるためです。

Aランク武器の使い道3:売却する

もう一つの使い道としては、売却という選択肢もあると思います。

特に初心者の方に注意してほしいのですが、ある程度ゲームを進めると分かるのですが、売却だけは絶対に行ってはいけません。

武器を売却するとチャームメダルを獲得出来るので、他の有用な武器や素材などと交換することも出来るじゃんと思われるかもしれません。

しかし実の所、売却ではなく限界突破で消費したり強化素材として用いてもチャームメダルは売却時と同様の枚数を獲得出来るのです。

したがって、この選択肢だけは絶対に選ばないようにしましょう。

前衛・後衛特化の場合

数は少ないと思いますが、前衛や後衛に特化して強化を進めている方もいるかと思います。その場合には不要な方の武器は強化素材として使ってしまっても問題ありませんね。

実際、メインで装備できない武器はサブとして装備することしか使い道はありません。サブ武器の編成枠は10と少なく、更に属性なども意識する必要はありませんので、ゲームを続けていればその内すべてLで固められると思いますので。

恐らく無課金プレイヤーは前衛か後衛に特化してスキルレベルを上げていかなければこの先太刀打ち出来なくなると思いますので、上手に取捨選択を行っていく必要はありますね。

ただ、ガチャの仕様上、前衛武器が欲しい!後衛武器が欲しい!などは選べないため、運悪く目指している特化では無い方のSSがガチャから大量に出てきてしまうと容易に切り替えられないので難しいところではあります。

まとめ:Aランク武器も有効に使おう!

ガチャで沢山獲得できるAランク武器の使い道について考察を行いましたが、いかがでしたでしょうか。

売却は絶対にダメです!前衛職であれば属性染めの為にAランク武器も強化しておくことが重要です。

また、強化素材として用いる場合にはどの武器が不要なのか的確に判断しながら選択していきましょう。

特化型プレイヤーの方が不要武器を多く獲得できますが、気軽に前衛と後衛を切り替えて遊べないところがネックですね。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク