【サマナーズウォー】大当たり?使いづらい?『リテッシュ(風神獣僧)』を紹介!

ステータスは『体力お化け』

言葉で説明するより画像で見ていただいたほうが早いと思います。

リテッシュ

わかりやすく尖ったステータス。見た目も頼れる相棒っぽくて良いですよね。

異様なまでに体力に偏ったステータスをしています。このモンスターは体力を上げるだけで全てのスキルが強化されるので攻撃力は不要。

攻撃速度もスキル1で強化出来るのでそこまで必要がなく、とにかく「体力を上げておけばなんでも出来る」という非常に便利なスキル構成を持っています。

そんなスキル構成でこのステータスですから、弱い訳がありませんね。

スキル1 破砕脚

リテッシュのスキルはどれをとっても非の打ち所が無い程完成されていますが、通常攻撃も非常に強力。
50%の確率で敵に挑発をかけられるだけでなく、体力依存の通常攻撃で、加えてクリティカルが発生すれば自身の攻撃速度が2ターンの間上昇します。

この2ターンの間というのがミソで、クリティカルをしっかり積んでいれば、他のスキルを使いつつ、常時速度バフを維持しながら戦うことが可能です。

体力が高く回復を持っており持久力があるので、挑発をかけられるのも大きなポイントですね。

スキル2 瞑想

自身の最大体力の40%を回復するという非常にシンプルな自己回復スキル。

瞑想

頼れる回復スキル。モーションがかなり短いです。

ただそれだけでなく、自身の体力が50%以上残っている時に使えば、自分ではなく体力が最も減っている(対象の最大HPに対するHPの比率が一番低い)味方を回復します。

自己回復というよりはこちらの単体回復の方がメインで、体力を積めば4万ほどの体力は確実に持てるキャラクターなので、そうなれば1回で2万近い回復量になります。

味方のタンクキャラですら半分以上回復できてしまうレベルの回復スキルなので、非常に強力。
クールダウンも最小で3ターンと非常に周りが早く、パーティの安定に一役買ってくれるでしょう。

スキル3 風術

体力依存の全体攻撃スキル。リテッシュの火力スキルでもありながら、非常に貴重な全体2ターン防御デバフを持つスキルでもあります。

風術

エフェクトは派手ですが、クリティカルが出た時のモーションがかなり長いのがたまにキズ。

このスキルのデバフの発動確率はスキルレベル最大時はおよそ63%で、全体に使えば2~3体は防御力が下がってくれます。

残念ながらリテッシュ自身の火力スキルがこのスキル本体なので、防御を下げたところにこのスキルを打ち込むことは困難ですが、味方の火力が補佐できて、その上でメイン火力にも成り得る非常に強力なスキルです。

威力は最大体力の30%!

このスキルの威力はなんと最大体力の26%程度のようです。
このキャラクターの体力の1/4を削るだけと思ってしまえばあまり強くないスキルですが、非常に体力の高いリテッシュの体力の26%ですし、なによりもこの倍率にクリティカル時はクリティカルダメージを乗せることが出来ます。

クリティカルダメージが初期値の50%、リテッシュの体力が3万だとしても、7800×1.5で11700というダメージ値になるので非常に強力ですね。

ちなみにスキル1は攻撃力にも依存していますが、スキル3は体力のみに依存となっています。

防御バフが重要

サマナーズウォーに置ける防御デバフは非常に強力で、なんとこのデバフをかけるだけで防御力が半分になってしまいます。

半分ということは、純正☆5の防御タイプの防御力が、純正☆3のアタッカー程度の防御力になるくらいには落ちてしまうことになるので、恐ろしい話です。

特に全体に2ターン防御バフをかけられるスキルを持っているのは、リテッシュを除けばほとんどいないので、デバッファーとしてもリテッシュは非常に優秀と言えるでしょう。

引率なら『アイデン森 ヘル』

リテッシュは巨人ダンジョン、アリーナ、そしてこの育成引率が主な出番となります。
たった3箇所と思われるかもしれませんが、サマナーズウォーでは3箇所で役割が持てるだけで万能に近いです。死のダンジョンは特殊な能力が必要ですし、ドラゴンダンジョンはそもそも火属性で相性が悪いので、仕方ない面もあります。

属性という面で、育成でよく使われる『パイモン火山』は火属性なので周回できません。
その代わりにアイデン森のヘルを周回することが出来ます。

シナリオ最終地点であるチャルカ遺跡をヘルで周回することも可能ですが、時間がかかる上マナがあまり美味しくないのでオススメ出来ません。

アイデン森ならばマナ効率もよく、時間も他と比べればかからないので、是非試してみてくださいね!

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード