【サマナーズウォー】死のダンジョンで輝く!『セイラ(水カウガール)』

サマナーズウォープレイヤーの皆さんの中でも、カウガールを育成している方はあまり多くはないのではないでしょうか。

個人的には、特に水カウガールは高いポテンシャルを秘めたキャラクターだと思っています。

通常の召喚では手に入らず、ギルド戦で得られるポイントを召喚書の欠片と交換して初めて手に入れることが出来るキャラクターである上、耐久が低く、手数が多い割には攻撃力がそこまで高いわけでもないので、入手難度の高さの割には使いにくいキャラクターだと思われがちですが、この条件は『死のダンジョン(通称死ダン)』要員としての要件を全て満たしています。

今回は、この『死ダン』にフォーカスして、このカウガールの強みについて解説していきたいと思います。

非常に尖ったステータスを持つキャラクター

セイラは攻撃系のキャラクターですが、体力、防御力共にかなり低いです。

セイラ

セイラのステータス画面。顔がブレていますが面白いのでこのままにしました(笑)

ご覧の通り、アタッカーとしてかなり吹っ切れたステータス配分になっています。
覚醒でクリティカル率が上がるので、アタッカーとしては完成されたステータスになっています。

また、すべての攻撃が2回以上の連続攻撃なので、連続攻撃が必要となる場面では重宝されるキャラクターですね。

スキル1 十字砲火

スキル1は2回攻撃しつつ、それぞれ30%の確率で2ターン間攻撃対象の攻撃速度を下げることが出来るスキル。通常攻撃であるスキル1にも様々な効果が付加されているのがサマナーズウォーのいいところですが、通常攻撃が連撃のキャラクターは意外と貴重だったりします。

なお、この30%の速度低下効果はスキルレベルによって10%ずつ、最大36%程度まで上昇する模様です。

速度デバフはサマナーズにおいては非常に重要な役割を持てるスキルなので、スキル1でおよそ35%×2回の判定があるのはかなり大きいですね。

スキル2 野良犬退治

群がってくる野良犬を退治するというカウガールらしいスキル。

全体への2回攻撃で、クリティカル発生時に自身の攻撃ゲージが10%上昇します。
このスキルはただ10%攻撃ゲージが上昇するだけでなく、クリティカルが発生した判定1回につき10%なので、敵が5体ならば最大10回の判定で即時に次のターンを得る事もできます。

クールタイムは4ターンで、スキルレベル最大時に3ターンに減少します。

特にダンジョンの道中などで攻撃しつつ暴走効果が得られるのは大きいので、クリティカルも稼いでおきたいところですね。

スキル3 速射

セイラのメインスキル。このスキルがセイラの強さの全てといっても過言ではないでしょう。

速射

両手の拳銃を乱射するようなモーション。構えが格好いいです。

65%の確率で6回の持続ダメージ判定があるスキルです。
クールタイムは最小で4ターン、持続ダメージの確率はスキルレベルで15%増加するので、65×1.15でおおよそ75%程度になります。

サマナーズウォーでは効果的中をあげたところでこの根本的な確率が上がるわけではないので、最大でも75%の確率しか出せないという部分は考え物ですが、それでも平均で4回程持続ダメージをかけてくれるので非常に優秀なスキルです。

このスキルは最低でも弱化効果の発動率が上昇するレベル5まで、欲を言えばクールタイムが減少するレベル最大まで上げておきたいスキルですね。

速射の使い所

この速射というスキルが最大限に活きてくるのが『死のダンジョン』です。
特に持続ダメージは敵が硬くなってくるダンジョン後半につれて威力を発揮します。

雑魚を一掃するような火力がないので、最初の頃はあまり使えないキャラクターと思ってしまいがちですが、9F、10Fという終盤ダンジョンではこれほど頼りになるキャラクターもいないので、是非使ってあげてくださいね。

死ダンでの『速射』運用

肝心の死のダンジョンでの運用方法ですが、死のダンジョンのボスではゲージ操作が無効になります。
その為、バナードやコナミヤ等の行動調整系のモンスターを使って『速射』のクールダウンを回すことが出来ません。

さらには、スキル2『野良犬退治』によるゲージ上昇も無効化されるので、セイラ本来の立ち回りもできなくなってしまいます。

そのため、マーブ(風ペンギンナイト)によるクールダウン減少効果を使うと良いでしょう。
マーブは速度バフも持っており、死のダンジョンでは速度は一定に制限されてしまうとはいえ、上限まで速度を稼ぐことが出来るので、ある程度は有用です。

マーブのスキル3『風の翼』は数少ない味方のスキルのクールダウンを操作するスキルであり、マーブ自身も☆3キャラクターで入手しやすいので、是非育成しておきましょう!

セイラを利用した死のダンジョン攻略

一先ず自分の持っているキャラクターで、死のダンジョンで有用そうなキャラクター達を並べてみました。

セイラ-死のダンジョン

死のダンジョンしか行き場のないキャラが多いですが、クリーピーはドラゴンでも有用ですね。

このメンバーだと流石に持久力不足ですが、共通するポイントは全員が連続攻撃持ちという点です。
ちなみに、このメンバーでも8Fなら周回することが出来ました。

この中で10F攻略に必須と思われるキャラクターは『クリーピー(水ジャックランタン)』です。
彼は速度デバフを持っている上、通常攻撃が三連撃、味方のクリティカル率、速度を上げるバフを持っている等、セイラとの相性が抜群。

セイラとクリーピーのどちらかの攻撃で、ほぼ確実にボスの速度を低下させることが出来るので、わざわざデバフスキルを打つ必要がありません。

実際に死のダンジョンに行ってみるとわかるのですが、ボスでは速度デバフはほぼ必須です。
セイラ+クリーピーに水属性のリーダースキルを乗せた、水属性パーティにしてもいいかもしれませんね!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連するキーワード