【グランブルーファンタジー】まさかのあいつが大躍進!7月7日バランス調整レポート(後編)

7月7日、七夕のタイミングで実装されたキャラクターバランス調整。これまで編成入りする機会が少なかったあのキャラクターたちが一気に強くなりました。今回は、その中でも特に著しく強化されたキャラクターを中心にどのような強化がされたかの感想などを述べていこうと思います。
バランス調整大幅強化キャラ

7月7日バランス調整キャラクター評価について

ここでは今回のバランス調整で強化されたキャラクターについて述べていこうと思います。前回の記事では具体的な変更点を列挙していきましたが、今回はそれを踏まえての評価になります。

対象キャラの中でも強化が著しかったキャラクターを数名ピックアップし、ランキング形式で紹介していこうと思います。

評価基準は
①調整前後での強化のされ具合(50点満点)
②スタメン争いに加われるか(50点満点)
の2項目計100点満点となっています。なお、これは私の独断と偏見によるものなので異論あるとは思いますので参考程度にお願いします。

また、上記以外のキャラクターについても属性順で簡単に感想を述べていこうと思います。

魔改造されたキャラクター

1位 ケルベロス ①45点②45点

今回のバランス調整でもっとも評価の変わったキャラクターだと思います。というのも、ケルベロスに関してはこれまで評価されなかった理由が3アビによる状態異常の成功率が低かったからというのが主なものでした。

しかし、今回の調整で3アビの成功率が上昇しました。これだけでも非常に高評価なのですが、なにがやばいかというとTA確率が爆上げされました。補助なしで50%、ケルベロスの奥義によるTA補助を加えると3ターン確定TAとなります。つまり、何かしらの妨害がなければ奥義→TA×3→奥義のループが可能ということです。ハデス編成なら奥義を撃つまでもなく常時確定TAという壊れっぷり。しかも、TA発動時に敵に累積弱体耐性ダウンが付与されます。

つまり、ほぼ常時TAでTA発動するたびに弱体耐性ダウンを付与できて、その弱体耐性ダウンが付いた敵に3アビで強力な状態異常を付与できるという、最終開放でもされたのではないか?と思わされるほどの強化っぷり。ここまで強化されるとは思ってもみませんでした。

開放ソーンを所持していないので試せませんが、オーディン編成でケルベロス+解放ソーンの組み合わせで行けばどのマルチにも参加できそうな気がします。

2位 カリオストロ ①40点②45点 

カリオストロについてもいい意味で期待を裏切ってきましたね。2アビによるバフの上昇値が引き上げられ、さらには独立枠になりユグドラシルとの共存も可能になりました。

これだけでも非常に強くなったと思うのですが、今回はさらに2アビのCTも短縮されました。正直、10T→8Tになれば御の字だと思っていたのですが予想よりも1T短い7Tになりました。クリア付き高性能独立バフが7Tで使えるというのは非常にありがたいですね。

8月に予定されている土属性有利古戦場では主人公(ウォーロック)・マキラ・ユグドラシル・カリオストロのバハ銃テスカ編成が暴れまわるのではないか?と今から楽しみです。

3位 アギエルバ ①50点②30点 

ある意味、純粋な強化度合いで言えばぶっちぎりだと思います。というか、ほぼ全ユーザーが彼の超絶強化には意表を突かれたのではないでしょうか。

編成で担う役割が壁役なため、汎用性はありませんが高難易度マルチ、特に6人hlなどでは心強い存在になるのではないでしょうか。

今後の環境によってはこれまでの評価から一転してサプチケで取る人が出てくる可能性すらあるのではないでしょうか。

4位 イオ(リミテッド) ①45点②30点

この子も魔改造されましたね。もはや別人レベルです。リミテッド枠の面目躍如といったところでしょうか。惜しむらくは初速が出にくいためもう少し渾身倍率を上げてくれてもよかったのではないか?というところですかね。

とはいえ、非常に強力なキャラクターになったことに変わりなく、十天衆の一人であるフュンフと組み合わせて使うことで驚異の耐久性を誇るようになります。

イオに関しても今後光に渾身武器が出てくるようなことがあれば一気に編成の要になり得るポテンシャルを秘めているのではないでしょうか。

5位 ソシエ ①40点 ②30点

水ソシエに関しては追撃の倍率がもう一声欲しかったというのが正直なところです。とはいえ、これまで水パの必須キャラ・不動のスタメンとまで言われていたアルタイルの牙城を脅かすほどまでに強化されたのは驚きました。

1アビの回復能力も優秀で水パの特徴である渾身をメインにしたヴァルナ編成におけるHP保持を担えるのは非常に大きいと思います。

6位 バザラガ ①40点 ②20点

バザラガに関しては攻防に秀でた優秀なキャラクターになりました。3アビの別枠攻撃50%アップに加え、サポアビによる防御アップは両面神石での堅守2本分という破格の性能。

これまではただのアビアタッカーだったのが優秀なタンクとしても活躍してくれそうです。欲を言えばリミボに敵対心アップが欲しかったところ。

その他のキャラクターの評価

・クラリス

防御デバフという観点では十二神将マキラ並みになりました。さらにディスペル枠としての役割や奥義による弱体耐性ダウン枠での起用も可能に。

・ゼタ(火属性)

1アビが命中すれば敵のモードを問わず大ダメージを与えれるというのは非常に素晴らしいですね。

ただ、肝心の1アビが必中でないのが少し気になりますね。

・シャノワール

あともう一声欲しかったというのが正直なところ。リミボも非常に優秀なので最終開放次第では大化けするかも。とは言っても、水SSRにおいてディスペル持ちはドランクしか競合枠がいないので今回の調整は非常にありがたいものでした。

・ユーステス

充填レベル5時の恩恵が非常に大きくなりましたね。一説によれば条件さえ整えればシルヴァを抜くほどの奥義ダメージを叩きこめるとか。とはいえ、シルヴァほどのお手軽さがないのがネックか。

・フィーナ

非常にわかりやすい調整ですね。これまで求める声の大きかった奥義上限アップがつきました。個人的にもう少し引き上げてくれてもよかったのでは?と思います。

・メリッサベル

ランキングには載せませんでしたがこの子も非常に強くなりました。2アビ3アビを打つたびに累積独立バフが発生し、最大50%アップは非常に嬉しい。

ただ、現在のスタメンを押しのける程の何かがあるわけでないのが残念なところ。アビリティアタッカーの立場が向上すれば間違いなく最重要ポジションに収まるポテンシャルを秘めています。

・レ・フィーエ(通常)

この子もかつての評価と比べると爆上げされたキャラですね。奥義による全体幻影付与は非常に優秀です。

しかし、悲しいかな。現在の光パのスタメン争いに食い込めるほどではないような気がします。せめて追撃の倍率が4割程度もらえていれば…。

とは言ってもスタメン確定クラスではないだけで十分に強力なキャラクターになったと思います。

・べアトリクス

できればTA補助もどこかでつけて欲しかったというのが本音です。しかし、奥義による逆境効果が最低30%、最大80%というのは破格だと思います。

もともとべアトリクスはアビポチが少ないという前提では非常に優秀なキャラクターだったので、強みがさらに引き上げられたのではないでしょうか。

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

いいねの多いコメント

  1. 2017年7月9日 9:56 AM

    ゼタちゃんの評価がありません

新着コメント

  1. 2017年7月9日 9:56 AM

    ゼタちゃんの評価がありません