【グラブル】いっその事スキル守護を編成に入れる?HELL100カフヴァールの行動と対策

ここでは5月の古戦場のHELLレベル95ボスであるカフヴァールの行動と対策についてまとめました。

HELL100カフヴァールとは

ここではHELLのLV100カフヴァールについてまとめました。

HPは約2億7500万

HELL95のカフヴァールの2倍相当のHPを誇り、開幕水着ゾーイのコンジャクションからナルメアの舞切り替えで反骨を決めようとしても先にナルメア達が戦闘不能になったプレイヤーが多いのではないでしょうか?古戦場のスタックバフや防御係数が違う為参考にならないかもしれませんがプロトバハムートHP2億より高いHPとなっています。
マグナ編成が完成していても蒸発したりすることもあり、ソロで討伐かつ速度を求めた場合かなりギリギリの戦いになり、消費アイテムも大量に使うことになると考えられます。朝ダッシュでソロをする場合100より90カフヴァールをソロ討伐していたほうが早く貢献度が稼げる結果にもなりやすいです。ただし朝ダッシュの場合は団員同士救援に入るものでもありますので100HELLを順序よく出して順序よく始末すれば効率的に貢献度が稼げます。

ODゲージは硬い

前回の古戦場HELLであるヴェスパ・レジーナと同様オーバードライブゲージが上がりやすくオーバードライブモードに入った後はゲージが硬いです。ベラドンナの時は火属性有利だったためリミテッドラカムによるモードゲージ削りができましたし、ヴェスパレジーナの時は水属性有利だったため最終上限解放がされたシルヴァやダメージカットキャラが豊富にいたため対策は取りやすかったですが、今回は闇属性有利のためODに強いキャラクターでも削りきるには時間を要します。ダメージカット持ちのキャラクターも少ないので対策が必要です。

少し短いチャージターンに特殊技と短い特殊行動

90、95のカフヴァールと違いチャージターンが◇◇◇となっています。グラビティを入れることで◇4となり多少特殊技に対して猶予が出来ます。
通常時の特殊技に掃射があり、オーバードライブ時の特殊技としてシールドブレイク・レイとメーザーペインがあります。この3つは25%ずつの特殊行動と同じ技であり、掃射はターゲット指定なしのランダム多段ダメージにトリプルアタック確率ダウンのデバフを付与してきます。メーザーペインは全体攻撃の灼熱のデバフを付与をしてきてカフヴァール自身に反射を付与します。シールドブレイク・レイは全体攻撃の防御ダウンと強圧(回復無効化)を付与してきます。
特殊行動75%に掃射、50%に最大チャージターンの◇が一つ消失、メーザーペインがあり25%に真の力の開放とシールドブレイク・レイがあります。特殊行動によるメーザーペインには反射付与はありません。ヴェスパレジーナの時は25%の時にもチャージターンが1つ消失しましたが今回は攻撃寄りの為か消失しないようです。

純粋な火力によるマグナ編成水着ゾーイ潰し

90HELL95HELL同様デバフも厄介ですが火力と全体攻撃、連続攻撃確率が非常に厄介です。
90HELLでは連続攻撃を行うのは25%以降からでしたが100HELLでは開幕からダブルアタック確率が異常に高いです。
ミゼラブルミストとアローレインの攻撃力50%ダウンの下限状態でも水着ゾーイを使用したマグナ背水編成の場合2ターン目に戦闘不能へ追いやられることがあります。マグナ背水の場合装備によるHPの上昇は少なく暴君によるHP減少があるため最大HPが低く、カフヴァールの攻撃ですぐにやられてしまいます。
一層のことソロの場合はオールドコルタナなどの暴君を編成から外して守護装備を1つほど入れて対策するのもいいかもしれません。
しかも25%の真の力開放時の特殊行動であるシールドブレイク・レイは攻撃力が高くミゼラブルミストとアローレインのデバフが入っているにも関わらず全体5000以上のダメージを受けてしまします。

ソロでの対策手段

ここではカフヴァールについてソロでの対策手段を考え、まとめました。

シャオなどによる麻痺ハメは×

まず麻痺に関してはガードされました。どうやら状態異常耐性に麻痺、毒、魅了があるようです。ただし、シャオには恐怖もありますので水着ダヌア、黒騎士を持っていないのであれば恐怖による安定が取れるかもしれません。

ブラインド、グラビティ、スロウを使う

主人公のアビリティであるブラインド、グラビティを使用することで相手の攻撃をミスさせることができ、相手の特殊技を遅くすることが出来ます。スロウも併用することで特殊技を使わせず特殊行動に以降させることも出来ますのでレディ・グレイ、ヴァンピィ、黒騎士が使いやすいと考えられます。特に黒騎士は恐怖付与があるためチャージターンを気にせず行動ができやすくなります。

あえて水着ゾーイを使わない

セレストマグナの背水編成にも関わらず水着ゾーイを使用しない方法があります。カフヴァールの攻撃力が高いため75%の特殊行動である掃射はヴィーラの弱体無効効果(1回)を使用してトリプルアタック確率ダウンを防ぎます。(HELL100では救援なしの場合難しいですが、75%の特殊行動の前に60%までHPを削れば掃射は使用してきません。)メーザーペインとシールドブレイク・レイは直接受けて背水の調整を行い減衰付近のダメージで残りHP25%をゴリ押す方法になります。HPが足りず戦闘不能がでた場合は思い切って蘇生薬を使うのもありですね。エリクシールと違い蘇生薬は瀕死状態で復活をしますので、背水の効果が発動している状態で再開ができます。

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます