【グランブルーファンタジー】0から始める闇古戦場!! ~闇古戦場の特徴と準備に迫る!~

最近上位ボーダーが上がってきている古戦場。そんな中、5/17から開催される闇有利古戦場は過去に類を見ない激戦が予想されます。なぜ、闇有利古戦場は激戦が予想されるのか。また、なぜ今すぐにでも準備しなければならないのかを今回はまとめました。

闇属性の象徴

他とどう違うのか

先ほどから述べているように、闇古戦場は他のそれとは勝手が違います。というのも、以下のような要素が存在するからです。

①闇属性を集中的に育成していた古参ユーザーが非常に多い。
これは、今でこそイベントにおいて非有利属性に対するダメージ減衰があるため全属性を万遍なく育成する必要が出てきましたが、昔はそのようなものがなかったため、古参ユーザーたちは弱点属性の存在しない闇属性をひたすら育成してきました。

後述しますが闇属性と光属性は残りの4属性とは異なり弱点属性がない代わりに育成にかかる時間が非常に大きくなっています。しかし、4属性すべてを育てる労力と闇属性だけを育てる労力ではさすがに闇属性だけに集中した方が楽なため闇属性をひたすら鍛え上げた騎空士様が非常に多いのです。

②一部別格のキャラクターが存在する
闇属性には季節限定キャラクターの「水着ゾーイ」や、「ナルメア」、「闇ジャンヌ」のような非常に強力なキャラクターが存在します。これらのキャラクターをしっかり揃えていて装備、召喚石もしっかり整えていればほぼ毎ターン通常攻撃減衰ラインの確定ト リプルアタックを連発することができるようになってしまいます。

他の属性なら多少の当たり外れはあるにしても結局は武器や召喚石が編成において占める割合が大きいのですが、闇属性に関してはキャラクターが占める割合が非常に大きいです。なので、必須パーツとなるキャラクターを所持しているかどうかで明暗が分かれてしまうことが考えられます。
   

なぜ、今から準備する必要があるのか

そうはいっても闇古戦場までは告知されてから2週間ほどの猶予があります。闇古戦場の直前には四象降臨も控えているし、それがある程度片付いてからでも遅くはないのでは?と考える人も多いかもしれません。が、これは大きな間違いです。

先ほど、少しだけ触れましたが闇属性と光属性に関しては育成にかかる労力が他の属性の比ではありません。個人的な体感ですが、闇属性は他の属性の3倍ほど、光属性に関しては5倍ほど違ってくるイメージです。

光属性よりはまだマシとはいえ、それでも非常に育成が大変なので早いうちから準備をしておかないといけません。

仮に「水着ゾーイ」のように非常に強力なキャラクターを持っていたとしても最低限の武器環境が揃っていないと宝の持ち腐れになるので必ず早い段階から育成に手を付けるようにして下さい。

闇属性の育て方

では、ここからは実際にどうやって闇属性を育てていくかを解説していきます。

くどいようですが闇属性は育成が非常に大変なのでひたすら無心で育成するようにしましょう。もしも身近にグラブルをやっている人がいるなら通話しながらやると気がまぎれるのでおススメです。

日々のマグナ

まず、絶対に毎日のマグナ自発はやりましょう。微々たる差ではありますが、自発者報酬の赤箱はドロップが優秀です。確定流しがまだできない!という人でも気にせず自発してさくっと救援を出して倒してもらっちゃいましょう。

ほかのユーザーにとってもセレストマグナが回ってくるのは美味しいのでためらう必要はありません。Twitterでも救援を要請するとスムーズになります。

半額期間でやること

 2017年5/2現在、半額期間真っ最中です。闇属性を育成するのはこの機を置いて存在しません。

とにかく半額期間はTwitterの救援要請をチェックし続けてセレストマグナの救援に参加しまくりましょう。

Twitterで「セレストマグナ lv75」と検索すれば2秒前くらいに出された救援がどんどん出てくるのでそれらに積極的に参加するようにしましょう。

また、この時に大切なのはできるだけアサルトタイムに瞬間火力が最も出る編成で参加することです。基本的に救援に入って一回だけ攻撃して放置する「ワンパン」はマナー違反ですがマグナレベルなら問題ありません。というか、ワンパンだけでもダメージを入れれるかどうか。というレベルだと思うのでワンパンにならざるを得ないのが現状。

もちろん、マグナよりも上の難易度のマルチ、特に6人hlや、つよバハ、ローズクイーンといった上級コンテンツにワンパン参戦すると晒される可能性が非常に高いのでそこは注意してください。

というよりも、上級コンテンツに入る場合は最低限有利属性のマグナ武器3凸を揃えてスキルレベルも上げきったくらいになるまで参加は控えるようにしましょう。

話がそれましたが、極力アサルトタイムにワンパン火力の高い編成(ヨダルラーハなどを組み込むのがおすすめ)で出撃することで運が良ければTOP3に入ることができます。

実際、私も武勲目当てでSR、R混同編成にヨダルラーハを加えたいわゆる「島ハード巡回編成」でセレストマグナに参加することが多々ありますが、3位入賞で赤箱が報酬に入ることが5回に1回くらいあります。

また、ヨダルラーハなどもいないし、そもそもまだろくに武器が揃ってないという人は少し心苦しいは思いますが、出来る限りの編成でワンパンして回ってください。また、トレジャーハントをアビリティに設定すると弱くても許されるような気がします。

とにかく闇属性は数をこなすことが最優先です。シェロサポやドロップ補助の籠を持った召喚石なども駆使しつつとにかく周回するようにしましょう。

 

四象降臨

 もしも可能であるなら、古戦場直前で開催される四象降臨で「黒麒麟」自発のトリガーとなる四象金印交換に必要となる印符を各属性分集めるようにしよう。そして、古戦場前にTwitterやlobiなどで企画される黒麒麟30連に参加して黒麒麟武器を入手しておきましょう。非常に強力な武器なので持っていれば戦力の大幅な増強になること間違いナシです。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます