【グラブル】闇属性SSRキャラクター[ワンダーアルケミスト]カリオストロ評価!

このページでは闇属性SSRキャラクターの[ワンダーアルケミスト]カリオストロの特徴からパーティ編成のオススメまで紹介していきます。

[ワンダーアルケミスト]カリオストロのアビリティ解説

ここでは[ワンダーアルケミスト]カリオストロのアビリティ解説をしていきます。

[ワンダーアルケミスト]カリオストロのアビリティ一覧

アビリティ名 使用間隔 効果
効果時間
コラプス 7 敵全体に闇属性ダメージ
防御DOWN
ファンタズマゴリア 12 味方全体の弱体効果を1つ回復
攻撃UP
防御UP
連続攻撃確率UP
3
リーンフォース 7 味方全体のHPを回復

基本的なアビリティの解説

ここではカリオストロのアビリティ解説をしていきます。

少し物足りないかも?1アビ「コラプス」

ダメージ約2~2.5倍の全体闇属性ダメージと防御ダウン10%と少し物足りなく感じる人が多いと思います。防御ダウンであればレディグレイとジャンヌダルクがいるため全体ダメージとして割り切るといいかもしれません。
幸い減衰は38万付近のため雑魚一掃には申し分ないはずです。

闇属性では希少な全体バフ2アビ「ファンタズマゴリア」

自身の弱体効果を1つ消し、攻撃力+20%、防御力+20%、ダブルアタック率+10%、トリプルアタック率+5%と土属性SSRカリオストロのファンタズマゴリア++と同様の効果のため使用間隔は12と長いですが闇属性SSRにおいてアビリティによる全体バフはカリオストロしかいません。特にエリュシオンのアビリティであるコール・オブ・アビスの連続攻撃確率UPと重複出来ます。しかもコール・オブ・アビスはデメリットに奥義ゲージ上昇量減少が付与されますが弱体消去で消せますので、コール・オブ・アビスを使用後ファンタズマゴリアを使用することで高確率でトリプルアタックまたはダブルアタックを行い、奥義ゲージ上昇は通常通りとなります。

闇SSRで希少な回復3アビ「リーンフォース」

最大2000回復するアビリティです。ファンタズマゴリアに弱体消去がある分こちらには弱体消去はありません。

流行りの先取りをしていたサポートアビリティ

一定確率で弱点をついた場合30%のダメージアップ(クリティカル)のサポートアビリティです。

どんどん使いたい奥義「アルス・マグナ」

土属性SSRカリオストロと違いこちらの奥義には追加効果に自身のアビリティ使用間隔1ターン短縮があります。リーンフォースやファンタズマゴリアは使用間隔が長いですが奥義使用が多ければ多いほど使用間隔は短くなるため活用していきたいところですね。

オススメ編成

ここでは[ワンダーアルケミスト]カリオストロとの相性がいいパーティとどのような敵に[ワンダーアルケミスト]カリオストロが使えるか解説していきます。

キャラクター相性

闇属性のパーティは水着ゾーイを入れた背水編成をよく耳にすると思われますが、ここでは背水編成と攻刃編成の2つで考えていきます。
背水編成ではやられる前にやれの編成であり、ゾーイ、ナルメア、ジャンヌダルクがほぼ固定メンバーと化しています。もし背水編成でカリオストロを入れるのであればゾーイ、ナルメア、カリオストロになると考えられます。
上記で書いたエリュシオン編成であればコール・オブ・アビスとファンタズマゴリアによるシナジーとソング・トゥ・ザ・デッドによる防御ダウンと属性耐性ダウンにコラプスを合わせることで45%まで下げることが可能です。ゾーイのサンダーで累積防御ダウンが引ければ下限まで到達することも出来ます。闇ジャンヌの強みは防御ダウンデバフと強化バフに緊急時どんな攻撃でも耐えれるアビリティにあります。強化バフは少量とはいえカリオストロが味方全体に付与することができ、緊急用のガッツアビリティはリーンフォースによる回復でHPに余裕を持たせて敵の攻撃で瀕死に調整することもできますね。運用が異なり、代用が出来ない点もありますが使えないわけではないです。
攻刃編成であれば長期戦などで使うことがありますので回復とバフを活かしたバランス編成も考えられます。テンプレのナルメア、ジャンヌダルクを避ける場合で例をあげるならカリオストロ、ベアトリクス、バザラガの編成があります。ベアトリクスのトリプルアタックは自身のバフの延長と関わっているためカリオストロと相性がいいです。バザラガはオーバードライブの敵に対して攻撃力があり、連続攻撃UPの自己バフがないキャラクターですのでサポートをすることが出来ます。

調整される可能性?

ここでは[ワンダーアルケミスト]カリオストロが調整で上方修正される可能性について予想しました。

掘り下げイベントが確定

5月のイベントでカリオストロSRが配布キャラクターで出ることになりました。
カリオストロの掘り下げイベントであり、今までSSRキャラクターが掘り下げイベントでSRとして登場した場合、SSRが最終上限解放か上方修正がされました。
四騎士のランスロットにパーシヴァルは最終上限解放が出来、雷神卿アルベールはSSRが上方修正されました。
カリオストロは人気があり恒常とハロウィン限定と恵まれていますが現状は使われてることがあまりないです。
もしかすると両方のカリオストロに上方修正がされる可能性がありますね。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

下に続きます