【グラブル】充填5で驚異的な威力とバフ土属性SSRキャラクター[地砕の霹狼]ユーステスについて

このページでは土属性SSRキャラクターの[地砕の霹狼]ユーステスの特徴からパーティ編成のオススメまで紹介していきます。

[地砕の霹狼]ユーステスのアビリティ解説

ここでは[地砕の霹狼]ユーステスのアビリティ解説をしていきます。

[地砕の霹狼]ユーステスのアビリティ一覧

アビリティ名 使用間隔 効果
効果時間
フラメクの雷 6 敵全体に土属性ダメージ/稀に麻痺効果
アンチ・ソシアル・ディシーズ 3 奥義ゲージを充填効果に変換/充填Lvに応じて攻撃力UP
スロー・キル 5 ターゲットに関わらず敵に8回単体ダメージ/
奥義ゲージUP

基本的なアビリティの解説

ここではユーステスのアビリティについて解説をしていきます。

比較的麻痺が入る1アビ「フラメクの雷」

敵全体に土属性ダメージを与えつつ稀に麻痺を与えます。麻痺効果と全体ダメージにも関わらず上限は46万と高めであり、稀と表記がされているにも関わらず確率は4割から5割ほどの確率で麻痺が入ります。
ソロでは比較的使いやすくマルチでも役立ちますが麻痺に耐性が入りますので乱用をしていると必要なタイミングで麻痺が入らなくなります。

ユーステスの肝2アビ「アンチ・ソシアル・ディシーズ」

奥義ゲージを充填に変換をします。充填レベルに応じて両面攻撃UP効果があり、最大で50%の3ターンの効果があります。奥義ゲージを全て消費し奥義ゲージは最低でも20%以上でないと使用ができません。
奥義ゲージ20%から40%は急速充填となり、41%~65%は充填レベル+1、66%~90%は充填レベル+2、91%~100%は充填レベル+3となります。充填レベルに応じて奥義ダメージと奥義ダメージ上限が上昇します。
充填レベル1で奥義ダメージ+50%と奥義ダメージ上限が125万となります。
充填レベル2で奥義ダメージ+100%と奥義ダメージ上限が140万となります。
充填レベル3で奥義ダメージ+200%と奥義ダメージ上限が175万となります。
充填レベル4で奥義ダメージ+300%と奥義ダメージ上限が232万となります。
充填レベル5で奥義ダメージ+400%と奥義ダメージ上限が348万となります。
充填レベルが急速充填の場合は奥義ダメージ+200%と奥義ダメージ上限は変更なし(115万)となります。

奥義ゲージが増える有り難い3アビ「スロー・キル」

ターゲットに関わらず敵に8回単体ダメージに奥義ゲージ10%UPされます。単発約58000ダメージに8回で使用間隔5と短いため非常に優秀です。

サポートアビリティ「フラメクの契約者」

被ダメージ時の奥義ゲージ上昇量が+70%UPしています。

充填5での奥義の追加効果

充填5のデッドエンド・シュートを使用すると味方全体にクリティカル確率UPが付与されます。このクリティカル確率は発動確率100%に奥義使用ターン込みで4ターン持続します。ダメージ倍率は30%と確定クリティカルにも関わらず倍率は高めです。

リミットボーナス

ここではリミットボーナスについてまとめました。

エルーン攻撃タイプに便利なサポートアビリティ

攻撃タイプですのでクリティカル確率1枠にエルーンですのでトリプルアタック確率UPが1つあります。奥義ゲージの回収をしたいユーステスには便利なサポートアビリティとなっています。
さらにキャラクター個別枠にクリティカル確率UPがあり、強化アビリティ使用時自分の連続攻撃確率UPのリミテッドボーナスサポートアビリティがあります。ユーステスのリミテッドボーナスサポートアビリティは2アビ「アンチ・ソシアル・ディシーズ」が対象です。☆3であれば充填後ダブルアタック確率30%、トリプルアタック確率15%の上昇があります。

オススメリミットボーナス

オススメされるリミットボーナスの振り方は
クリティカル確率2枠☆3
サポートアビリティ1枠☆3
奥義ダメージ上限1枠☆3
トリプルアタック確率1枠☆3
土属性攻撃1枠☆2
攻撃力1枠☆1
となります。

オススメ編成とオススメバトル

ここでは[地砕の霹狼]ユーステスとの相性がいいパーティとどのような敵に[地砕の霹狼]ユーステスが使えるか解説していきます。

キャラクター相性

ユーステスは奥義ゲージの回収と連続攻撃確率でダメージ効率が大きく変わります。奥義ゲージが分配出来るオクトーや、即奥義が使用出来るラスティナ、オイゲン、アレーティア、連続攻撃確率があがるマキラ、レ・フィーエ、カリオストロとの相性が抜群です。また出張になりますがコルワを土属性PTに入れることでユーステスの奥義威力から連続攻撃の補助を行う事ができます。

バトル相性

麻痺耐性を持っている敵は古戦場HELLぐらいのため比較的どの相手でも編成に入れやすいです。8月開催予定の土属性有利古戦場でも活躍の見込みは大きいです。ただし最大充填をするまでに倒してしまうこともあるので短期決戦では使われにくいことが多いです。

シェアする