【グラブル】十天所有最低からのアッパー最終上限開放!水属性SSRキャラクター[十天衆]ウーノについて!

このページでは水属性SSRキャラクターの[十天衆]ウーノの特徴からパーティ編成のオススメまで紹介していきます。
ウーノ

[十天衆]ウーノのアビリティ解説

ここでは[十天衆]ウーノのアビリティ解説をしていきます。

[十天衆]ウーノのアビリティ一覧

アビリティ名 使用間隔 効果
効果時間
螺旋回鉾 6 オーバードライブ時の敵に11倍水属性ダメージ
モードゲージ減少
刹那の閃き 6 敵の単体攻撃を味方の代わりに受ける
カウンター効果(3回)
次のターンまで自分の攻撃大幅UP
1
城廓の構え 6 味方全体の被ダメージカット(100%)
1
一伐の祈り 10ターン後 味方全体の全属性ダメージを50%軽減
被ダメージ吸収
再使用不可
3

基本的なアビリティの解説

ここではウーノのアビリティについて解説をしていきます。最終前はホーリーセイバー系をイメージしたキャラクターでしたが最終上限解放によってスタイルが大きく変わっています。

減衰150万1アビ「螺旋回鉾」

オーバードライブの敵に対して11倍ダメージ、モードゲージ減少とドライブバースト系最高峰のアビリティとなっています。最終上限解放によりダメージ上限が150万となり、攻撃性が増しています。

メインアタッカーとして進化した2アビ「刹那の閃き」

最近のキャラクターでは意外と所持しているかばう+カウンターを1つにまとめたアビリティです。最終上限解放によって1ターンの間攻撃大幅UPの効果が付与されました。シヴァの召喚効果と同様に通常攻撃のダメージ減衰が奥義と同様の116万まで上昇します。シヴァの召喚効果は味方全体ですがウーノはウーノのみのアビリティです。ただし、6ターン毎に使用することが出来る上、1回ではなく1ターン中効果があります。刹那の閃きを使用中に1アビ「螺旋回鉾」を使用することで相手がオーバードライブでなくても減衰150万付近のダメージを出すことが出来ます。さらにカウンターも減衰116万となっており、相手がトリプルアタックを仕掛けてきた場合全てカウンターを出来るので116万×3回のダメージを相手に与えることが出来ます。レスラーのツープラトンや連続攻撃確率UPバフ、追加ダメージなどを組むことでダメージを更に伸ばすことが出来ます。

扱いやすい3アビ「城廓の構え」

ファランクスタイプで100%ダメージカットができるアビリティです。使用間隔6ターンと比較的短めであり扱いやすいです。ホーリーセイバーのファランクスとアテナor対象の属性カーバンクルで代用することは出来ますが召喚演出を出さずに攻撃に映ることができためダメージ速度を上昇させることが出来ます。さらに防御用のSRカーバンクルを入れずに他のSSR召喚石を入れる余裕が出来ますのでステータスUPが出来、攻撃力を伸ばすことが出来ます。

使用可能は10ターン経過後4アビ「一伐の祈り」

戦闘中1ターンしか使うことが出来ず、使うタイミングが難しいアビリティです。効果は3ターンの間味方全員に全属性のダメージを50%軽減をしてくれて毎ターン終了時被ダメージ分を全回復するというアビリティとなっています。
つまり即死せず耐えることが出来ればHPが元通りになるアビリティです。注意点としてダメージカットではなく、軽減と全属性は火、水、土、風、光、闇なので無属性には対応しておりません。さらに消去不可ではないので相手の特殊技による強化消去がある場合消されてしまいます。

玄人はこっちがメインとみてる?奥義「千槍無量曼荼羅」

水属性ダメージ(特大)に追加効果でモードゲージ減少、味方全体にHPが多いほど攻撃UP効果(ストレングス)、バリア効果です。
ストレングス効果は未検証ですがバリアは固定で2000でした。味方全体にストレングス効果を付与できるアビリティはウーノのみであり乗算枠の味方全体攻撃UPはテンションのみとなっています。
仮にHP100%時30%のストレングス枠の場合、3ターンの間テンション2が付与されているのと同様のため非常の強力な奥義ですね。
バリア効果もあるためヴァルナ編成による渾身維持もしやすいです。

サポートアビリティ

開眼者のアビリティはHP1で耐えるガッツアビリティでしたが新規キャラクターにもガッツが付与され存在が危うかったです。最終上限解放によりLV90で約50%の確率でウーノのみダメージ50%カットが追加されます。
Lv95で羅刹の豪槍が追加され火属性の敵に対して与ダメージUPの効果がありますがガブリエルワンドと重複しないため今後の調整が期待されるアビリティとなっています。

オススメ編成

ここでは[十天衆]ウーノとの相性がいいパーティを解説していきます。

キャラクター相性

最終上限解放ウーノを使用した感覚として最終上限解放カトルまたはカトルを編成に入れたくなりました。今までウーノのアビリティは効果ターンなしまたは効果ターン1のアビリティのみでありカトルのアビリティ延長のシナジーはありませんでした。しかし最終上限解放により奥義効果によるストレングスの効果ターンと一伐の祈りの効果ターンを延長することが出来ます。さらに最終上限カトルであれば奥義効果で覚醒四天刃と同等の効果である味方全体の連続攻撃確率UPが付与できるためウーノの刹那の閃き発動時にトリプルアタックを発動しやすくなります。
ダメージカットがしやすいウーノですのでカタリナではなく同じハーヴィンのアルルメイヤを編成にいれることで弱体無効と連続攻撃確率UPでよりダメージが期待できるようになりますね。
ヴァルナ編成であれば玄武拳による追加ダメージが期待できますので4番目に配置するか2番目に配置するかはお好みになってきます。

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

下に続きます