【グラブル】「サンダルフォン」EX+は状態異常での貢献度稼ぎがオススメ?追加された報酬も解説!

3月6日の「グランブルーファンタジー(グラブル)」アップデートで新難易度EX+が追加された「サンダルフォン」戦。拡張、追加された「どうして空が蒼いのか」の報酬と共に攻略法を解説します。

EX+「サンダルフォン」のバトル画面。

HPと攻撃が強化されているEX+「サンダルフォン」

「サンダルフォンEX+」はプレイヤー問わず周回必須ボス!

マルチバトルボス「サンダルフォン」の新難易度EXTREME+(EX+)は貢献度、討伐証共に入手効率が良くなっており、自発してEXをソロクリアするよりも獲得できる量が多くなっています。

EX+「サンダルフォン」の報酬一例。

合流でもEXの2万以上貢献度が稼げることが多いEX+

また追加された500万までの貢献度報酬の希少性が高く、自発するプレイヤーが多い傾向にあり、現在貢献度が300万以下のプレイヤーが合流してもとてもおいしいマルチボスになっています。

できれば合流で稼ぎたい。

タイミングによってはなかなか参戦者が入ってきてくれないこともあり、自発はある程度の攻撃力が必要です。可能であればどんどん合流して、討伐数を増やすのが良いでしょう。

マルチ「合流」で貢献度と討伐証を稼ぎたい。

EX+はどんどん合流していこう!

もし戦力が低い状態で自発するのであれば、ATによる参加率の高い「22~24」時前後に自発し、プレイヤーの目にとまりやすい時を狙うのが良いでしょう。

フローレンベルクは忘れずに装備!

貢献度が増やせるSSR武器「フローレンベルク」ですがマグナ武器による属性染めをしているとついつい外しがちになってしまいます。

サンダルフォンEX+ではスキル効果による増加量が高く、5000~1000近くのボーナスが掛かることも。是非装備して周回しましょう。

マウント、クリア、ダメージカットを持参しよう。

サンダルフォンの特殊行動は「アビリティ封印」、「攻撃力ダウン」が多く、いざというときに回復できない状況が多発します。

属性はあまり気にしなくて良いので、状態異常を治せるマウント、クリア、特殊行動を耐える「ダメージカット」アビリティを持つ仲間を1人は入れておきましょう。

ダメージカットも無属性で。

カーバンクル系や特殊、回復がつかえる「属性防御」上昇系のバフは属性ランダムで攻撃するEX+では無意味なことが多くなります。

できれば防御系キャラが使える「ファランクス」系統のダメージカットスキルを使いましょう。

単体攻撃をしのぐなら幻影やバリア、反射などで代用するのもアリです。

狙うなら「状態異常(デバフ)」「支援」の貢献度!

もちろん「ダメージ」による貢献度も重要であり、膨大なHPを削らなければならないのですが、無属性による補正により伸ばすのが厳しい傾向にあります。

そこで注目したいのが「状態異常」や「支援」による貢献度です。

実はデバフが通りやすい?

グラブルではデバフの成功率に「属性」の補正が大きく掛かるのは常識。サンダルフォンEX+は属性によるダメージ変動がない「無属性」であり、デバフの成功率補正も掛かりません。

よって「属性」による補正がなく、「ダークフェ」「スパスタ」による状態異常が非常にと通りやすいボスになっています。

重ねがけによる「耐性」に注意!

デバフは効果量に関係無く、同じ種類のデバフを重ねがけしていくと耐性を付けてしまい成功率が下がる「耐性」があります。

効果量の低いデバフを重ねがけしてしまうと、せっかく高い効果を持つプレイヤーが持っているデバフが掛かりにくくなり、討伐しづらくなってしまいます。

編成時もデバフの効果量を意識したアビリティをそろえる事を意識してみましょう。

オススメジョブ、キャラ一例を紹介!

ここでは状態異常の成功率、効果量を重視したジョブ、仲間キャラクターを紹介します。

サンダルフォンEX+合流用「編成」の一例

デバフによる支援をメインにした編成例

主人公:「ダークフェンサー」

先日の「3周年直前生放送」でも高い人気があることが証明された、「ダークフェンサー(ダクフェ)」。

ミゼラブルミスト、グラビティはジョブ補正による成功率はもとより安定した高い降下量が魅力でもあります。できれば常時発動して弱体状態を継続させましょう。

EXスキルは防御量を下限近くまで避けられる「アーマーブレイク(アマブレ)」、回復の「メディク」、状態異常を回復する「クリアオール」がおすすめです。

主人公:「スーパースター」

こちらもマルチでは人気のあるスパスタ。楽器装備で強化される「オーヴァーチュア」「ソングピルファー」は参戦者全員に効果があり、ほかの弱体スキルを成功させやすくするのでいるとうれしいジョブですね。

回復や強化は仲間任せになることが多いので良く確認しましょう。また楽器装備はほぼ必須なのも注意しておきたいポイント。

EXスキルは「レイジ」など参戦者全員に効果のある強化アビリティ、「アマブレ」「チャームボイスII」などダクフェではカバー仕切れないデバフを狙うのが良いでしょう。

主人公:「ビショップ」「クレリック」

参戦者全員を回復する「ヒールIII」と追加効果「エンチャント:救済の光」によって高い回復と攻撃バフを両立でき、なおかつ蘇生による仲間の延命ができる「ビショップ」もなにげに貢献度を稼ぎやすいジョブですね。

ただ参戦者には背水でダメージを稼ぐプレイヤーが多く、高い回復はジャマになってしまうので「どうしてもターン数が稼げない」プレイヤー向けと言えます。

蘇生を切り捨てても良いなら、ベールとクリアオールが使えるClassIIの「ビショップ」にすると回復量が控えめになるので検討の余地はありますね。

SSR闇属性「ヴァンピィ」

CT吸収による奥義加速と3アビ「チャームスローブ」による魅了効果がうれしいキャラ。

スパスタと魅了が競合してしまうのでサンダルフォン戦ではダクフェ編成向きのキャラクターです。

SSR水属性「アルタイル」

水属性サポーターでは鉄板キャラである「アルタイル」。貢献度に影響するのは「ミゼラブルミスト」の下位互換でもある2アビ「戦術策:鶴翼」。

ダクフェで参戦するプレイヤーが比較的多いので、スパスタ編成時に組んでも使えないことがあります。

しかしながらそのほかの強化アビリティと奥義加速が強いので、自己パーティを強化するための起用ならアリといえます。

SR水属性「カタリナ」

状態異常をかけてくる敵が多いイベントバトルが続いており、しのぐのも一苦労という状況も多いです。メインクエストで仲間になるSRキャラで唯一のマウント持ち、SR「カタリナ」はアビリティ構成も完璧!

回復、マウント、ヒールという、1人3役をこなしてくれるので、出張でも輝いてくれること間違い無しですね。

属性不一致やSR相応の奥義による火力の低さは否めませんが、足りない枠を埋める意味でも起用してほしいキャラといえるでしょう。

貢献度300万以降の目玉報酬を紹介!

ここでは3月6日以降に追加された貢献度、討伐証報酬の目玉アイテムを紹介していきます。

バハムートの角

SR版「バハムートウェポン」の作成やSSR版「バハムートウェポン・ノヴム」への強化素材として使われるトレジャーアイテムです。

報酬素材「バハムートの角」

SR「バハムートウェポン」などで使用する。

基本的にプロトバハムート、プロトバハムートHLでしか入手できず、低ランクのプレイヤーにとってはここが唯一の入手経路になります。

入手に必要な目標数

  • 貢献度:380万,440万(各1個)
  • 金の討伐証:400枚(1個)

バハムートの紫電角

プロトバハムートHLでもごく低確率、またはディール勝負で入手する希少性の高いトレジャー素材です。

イベント報酬「バハムートの紫電角」の画像

「フツルス」化に必要となる「バハムートの紫電角」

これを5つ集めることで、バハムートウェポンの最終段階「バハムートウェポン・フツルス」に強化することができます。

入手に必要な目標数。

  • 貢献度500万(1個)

まとめ:貴重なチャンスなので完走しておきたいところ!

SR「バハムートウェポン」をもっていれば今回のイベントを完走することで「ノヴム」化させることも夢ではないというとんでもないアップデートになっています。

バハムートの紫電角はHL参加前のプレイヤーにとっては幻のアイテムとも言えるでしょう。

300万完走ができていれば期間内に500は無理がないペースだと思うので是非このチャンスを逃さずに入手しておきたいところですね!

この記事のアドバイスを参考に頑張ってみてください!

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

関連するキーワード

下に続きます