DivineCrime

DivineCrime

パブリッシャー Daisy Canvas

ジャンル ビジュアルノベル・サウンドノベル

価格 基本プレイ無料

天界から下界へ追放!八百万の神(美少女)たちが織りなす日常ファンタジーノベルアドベンチャー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

DivineCrime

八百万の神の美少女たちが織りなす物語。

異世界から下界に来た神様達の日常ファンタジー

「DivineCrime」は天界で大罪を犯した神の少女が下界へ追放され、そこで様々な神や人と出会うノベルアドベンチャー

主人公ネヤは重罪を犯し、天界から追放された。そこで人や神と出会い、日常生活を送るのだが、世界に異変が起きていく…!

ゆっくり日常生活を送りたい人へ送るファンタジー。美少女たちとのやりとりにほっこりしよう。

個性たっぷりのキャラクターたちにトラブルが襲い掛かる

DivineCrime

ホンワカした日常は少しずつシリアスさを帯びていく…?

テキストを読み進めていくノベル形式のアドベンチャー。序盤を遊ぶ限り選択肢はなく、課金要素や動画広告などもないようだ。

伏線にもこだわった作品で、プレイ時間は10時間以上だという。ボリュームがかなりありイラストの数も多い。神である少女たちの物語を読み進めよう。

「DivineCrime」の特徴は日常がシリアスになる瞬間

DivineCrime

人類は滅びの運命へと導かれる…。マジか?

主人公ネヤは重罪を犯し、天界から下界へと追放され、下界で様々な人や神と出会う。日常アニメのような雰囲気ながら、たまにイジメなどヘビィな描写もある。

主人公以外にも焦点を当てた過去編もあり、ボリュームがある。タイトルの「神聖な罪」はどう回収されるのか楽しみに読み進めよう。

豊富なイラストの数

DivineCrime

キャラクターの数もイラストの量も豊富。

イラストの豊富さが本作の大きな魅力。だからこそギャラリーモードが欲しいと思ってしまうのは贅沢だろうか。

個人的にはテキストサイズが小さく、文章が長いので冗長に感じてしまったが、とはいえ無料でこんなに遊べるなんて感謝しかない。彼女らの未来に幸あらんことを。

ゲームの流れ

DivineCrime

神にも種類があり、全部で3種類ある。天界の神・魔界の邪神・神界・八百万の3つである。

下界人は神が幸福をもたらす存在だと思っており、神と崇める様々な宗教などがあり、この世の最上級の存在であると信じられている。

DivineCrime

少女たちとのホンワカとした日常。

憂鬱や絶望など入れ込む余地もないようにも思えた。だが…。

DivineCrime

立ち絵はちょっとラフな感じもあるがイラストの数が豊富。

これを目当てにストーリーを進めているといっても過言じゃない。

DivineCrime

登場人物も多く、話しの筋を見失うこともあるかもしれない。

なのでとりあえずこまめにセーブするのがノベルゲーム好きのやり方よ。

DivineCrime

体験版かと思いきやEpisode3以降も遊べちゃった。

課金要素ないし広告などもないようだ。いいのだろうか。

「DivineCrime」の序盤攻略のコツ

DivineCrime

登場人物は公式ホームページで確認するといいかも。

序盤を遊ぶ限り、選択肢はないので、難しい作業はまったくない。

コンフィグで読みやすい速度に調整し、こまめにセーブを取れば問題なし。ギャラリーモードほしかったなあ。

こまめにセーブをとろう

DivineCrime

セーブスロットは大量にあります。

チャプターセレクトがないのでこまめにセーブをとったほうがいいと思われる。

というのもテキストが長く結構読み飛ばしてしまい、集中力が途切れてしまうからだ。

ってなわけでこまめにセーブを取っておこう。伏線に期待しろって作者も言ってたし。