flocks (フロックス)

flocks (フロックス)

パブリッシャー nada studio, sl

ジャンル アクションパズル

価格 iOS:370円

どうやればクリアになるか、操作方法もわからない。謎そのものを投げかけるナラティブなパズル・アドベンチャー!

ダウンロード(iPhone)

flocks

どんなゲームだかわかんないでしょ?おれもわかんねえ。

クリア条件が提示されないアドベンチャーパズル

「flocks」 (フロックス) はプレイヤーの思考・想像力を試すパズル・アドベンチャー。

ステージの中で与えられたアイテムや技術を使って、クリア条件そのものを模索し、行動していく。

1人のキャラクターを操作するのではなく、複数のグループ(フロックス)を操作して組み合わせたり分割させていく操作性のが特徴。

「プレイグラウンドパズル」とは!?

flocks

この青い3人組をうまく操ってステージクリアを目指す。

仮想パッドでフロックスと呼ばれるキャラを操作し、掴み、積み重ねたりしてステージのクリアを目指す。物理パズルのような脱出ゲーム…。みたいなプレイ感だ。名状しがたい。

シチュエーションに応じて行動を変え、謎を解く。とにかく独特で異質。やってみなきゃ、わからない。新しいもの好きなゲーマーにレコメンドしたい

「flocks」 (フロックス)の特徴はなんともチャレンジングなゲーム内容

flocks

たまに出てくる巨大な手。おまえは一体なんなんだ。

クリア条件は明かされてない。なんなら操作性すら提示されず言葉を使った説明を排した演出が待ち構えている。

メランコリックな浮遊感があるBGMに、サラっと超現実的な描写も。スクショでは伝わらない「ヤバさ」、文章で少しでも伝われば幸いである。

それでいて操作性などは洗練されている

flocks

二人なら木を持てる。マシュマロに串刺しだ。焼こう。

キャラを分割、結合。ものを掴んで投げる。移動。すべての操作は(あくまで提示されたヒントを)感覚的に行える。

そして思いの外、フロックスたち(操作できるキャラ)の行動パターンは豊富。なんだろう、こんなに遊ぶ側の想像力を試されているゲームというのもそうそうないな。

ゲームの流れ

flocks (フロックス)

どんなゲームかわかりづらいと思うので動画を観てほしい。

それでもわからないかもしれないが、オリジナリティだけは伝わって欲しい。

flocks (フロックス)

ヒントをもとにクリアを目指せ!このステージだと焚き火をおこせ!

「どう遊ぶか」までを投げかけているようだ。

flocks

言ったらネタバレになってしまうやん⇔でも攻略のコツなんだから攻略せえ

この2つの意見の板挟みで対消滅してしまいそうだ。

flocks

代わり映えしないキャンプのスクショが続いてると思うだろ?おれもそう思う。

これはボーナスゲームで豆鉄砲でこの白いマシュマロ的なやつを崩してるところさ。

flocks

スタイリッシュなグラフィックながら、淡々とヤバい夢が続いているような感覚だった。

キャンプのシーンが終わると舞台は街に移動する。そこまで頑張ろう。

「flocks」(フロックス)の序盤攻略のコツ

flocks

なんなら僕が攻略サイトみたいよ。

常識に囚われない考え方をする必要がある。それができたら苦労しねえが。あとは物理を意識できると便利。

高く投げる→屋根にぶつけるみたいな発想をね。とりあえずステージ2のマシュマロの焼き方は動画を参考にしてくんなもし。

仲間を集め、そして解散しよう

flocks

3人揃えば…デカイブツも運べるぜ。

このゲームの最大の特徴はタッチ操作だけで様々なアクションをとれるところにある。

キャラをタッチすれば動かすキャラの変更。ものをタッチして投げる場所を指定。誰もいないところで仮想パッドが登場。

とりあえずなんでもトライアンドエラーだ!分散して行動し、アイテムを集め、重いものは集合して動かすんだ!うーん、ヒントになってるだろうか。