クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワールド

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワールド

パブリッシャー King

ジャンル 3Dアクションゲーム

価格 基本プレイ無料

クラッシュ・バンディクーがスマホゲーに!高速でステージを走り抜け、懐かしのボスと戦おう

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

クラッシュと新たな冒険に出かけよう。

走ってスピン、スワイプ&スマッシュ!

「クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬」は同名のキャラが活躍する3Dランアクション。

あの「クラッシュ・バンディクー」のモバイル版!スピンアタックやスライディングももちろん実装してるぜ。

ネオ・コルテックスからマルチバースを救うため、ウンパ・アイランドのいろんな場所で高速で走り抜けよう。

懐かしのボスたちとのバトルも!

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

コルテックスたちとのバトル!

箱を壊したり、障害物をよけたり、お気に入りのキャラクターを見つけたりしながら、様々なスポットを走り抜けていく奥スクロールアクション。

ボス戦や素材集め、クラッシュのスキンなどをカスタマイズする要素もあり、ボリュームは十分そうだ(今後実装予定のコンテンツも含め)。

「クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬」の特徴は「クラッシュ・バンディクーらしさ」

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

「クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース」も発売中ダヨ。

今にして思うと、「Temple Run」に代表されるスマホランゲームって「クラッシュ・バンディクー」の遺伝子を引き継いでいたんじゃないかねえ。

ってなわけで、言わずもがな本作も万人が遊べる内容になってた。

手がけたのは「キャンディークラッシュ」などのKing。ウンパ・アイランドの司令塔を開発など、やりこみ要素もたくさん詰め込んでいるね。

ランゲームでも多彩なアクションを実装

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

90年代よりキレイになったなあ。オマエ。

シンプルになりがちなランゲームだが、スピンアタックスライディングができたり、ボス戦では武器を使って攻撃できたりと原作らしさが残っていた。

ストーリーを進めるのに、素材を集めたりしなきゃいけない仕様には賛否がわかれそうだが、懐かしさ抜きで遊んでも万人が楽しめるクオリティだと思うワヨ。

ゲームの流れ

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

いやー、奥に進む!宇宙初の奥スクロールアクション!それがクラッシュ・バンディクー。

今じゃ珍しくもないが当時は新しかったもんよ。

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

レベルをあげて、素材を集めて、ボスに挑む。

アイテムを完成させるのには待ち時間か有料アイテムを使う必要があるってワケ。今風〜。

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

スキンとか武器を変えることもできるんだぜ。ちょっと不気味だなあ。

スキンを変えるとボーナスが増えたりもするんだぜ。

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

ラボでアイテムを開発しないとボスと戦えない仕様。

ちょっとここらへんは煩わしかったかな〜。

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

あめのジャングル懐かしいな〜。

ってなわけで懐かしいやつらとのバトルに挑め!

「クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬」の序盤攻略のコツ

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

ダイヤを集めて世界を冒険だ!

基本的に序盤で詰む、みたいなことはなであろう。というのもギミックの前に到着するとスピードが止まる親切仕様になってるからね。

で、道の分岐はどっちにいっても報酬はあるんだけど、基本的には通常ルートから外れたほうが報酬多い印象ありましたね。

ボス戦は回避が重要

クラッシュ・バンディクー ブッとび!マルチワール‪ド‬

ボス戦は被弾しないように。

ボス戦は敵の攻撃を避けるのを最優先。とはいえ失敗してもチェックポイントに戻るだけなんで序盤はそこまで難しくないんだが。

とりあえず素材集めのために冒険を繰り返していこう。有料アイテムで、待ち時間を短縮するかスキンを買うかは迷いどころだねえ。