オーシャンホーン: クロノスの迷宮

オーシャンホーン: クロノスの迷宮

パブリッシャー Cornfox & Brothers Ltd.

ジャンル 見下ろし型アクションRPG

価格 AppleArcade (月額600円 初月無料)

キャラチェンジで状況に応じたアクションを繰り出せ!シリーズ最新作はドット絵2DアクションRPG

ダウンロード(iPhone)

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

4人のキャラクターを状況に応じて切り替えつつ、ダンジョンを探索!

状況に応じて4人のキャラクターを使い分けるドット絵アクションRPG

「オーシャンホーン: クロノスの迷宮」は、見下ろし型のファンタジー・アクションRPG。

「ゼルダの伝説」シリーズの影響を色濃く受けた「オーシャンホーン」シリーズの最新作。3DアクションRPGとして作られていた過去作に対し、今作は最大4人までのマルチプレイに対応した、ドット絵の2Dゲームとして作られている。

舞台は、災害によって王国が崩壊してしまったガイア。主人公たちは、時を巻き戻すことができるというパラダイムの砂時計を求めて、時の支配者クロノスの元を訪れる。

本作の魅力は、激しいアクション!状況に応じてキャラクターを使い分けるアクション性が魅力だぞ。

操作は仮想パッド!4人のキャラクターを使い分けよう

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

操作方法は画面下で常に確認可能。タッチパネルでも快適にアクションが繰り出せる。

操作は仮想パッドで行う。画面左の仮想スティックで移動、画面右の攻撃ボタンで攻撃。また、画面右側のボタンがない場所なら、どこでも素早く2回タップすることでダッシュができる。

4人キャラクターによって攻撃方法は異なるものの、操作方法は一緒。キャラクターの切り替えは、画面上部のアイコンタップで行える。

状況に適したキャラクターでプレイすることが、攻略のコツだぞ。

物理パッド対応!家庭用ゲームのような快適さ

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

物理パッドだと、家庭用機と同等のプレイ感。断然、物理パッドでのプレイがオススメ!

本作はAppleArcadeタイトルとしてリリースされており、課金要素や広告は一切ない。なので、プレイヤーの腕前とプレイの積み重ねだけがモノを言う、家庭用ゲームのようなプレイ感を味わえる。

なお、PS4やXboxなどの物理ゲームパッドにも対応。仮想パッドでも十分快適にプレイできるが、物理パッドを使えば、家庭用ゲームと寸分たがわぬ感覚でプレイできるぞ!

「オーシャンホーン: クロノスの迷宮」の魅力は4人のキャラクターを使い分けるアクション

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

女狩人は自由な角度で遠距離攻撃ができる。地形を活用できる局面では強力。

本作に登場するキャラクターは、剣を使うナイト、弓を使う女狩人、槍を使うグランドマスター、魔法の使い手である魔術師の4人。

状況に応じてどのキャラクターが相応しいか即座に判断し、切り抜けていく…というアクション性が本作の魅力となっている。

敵に応じてキャラチェンジ!各キャラの特性とは

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

一気に間合いを詰めてくるタイプの敵は、グランドマスターで敵の射程外から攻撃。

ナイトはダメージが大きいものの、4人のうち最も射程範囲が狭い。女狩人は遠距離から全方位に弓を放てるものの、連射性に弱いのが欠点。

グランドマスターの槍は、剣より射程範囲が広く連射性にも優れるが、ナナメ方向に攻撃できない。そして、魔術師は一撃が弱く、連射性能も低い反面、一回の攻撃で複数回ダメージを与えられるという特徴を持っている。

素早く接近してくる敵ならナイト、遠くから一気に接近してくる敵ならグランドマスター、遠距離攻撃を仕掛けてくる敵なら女狩人…といった形で、現在出現中の敵に応じて切り替える…というのがキャラクターチェンジの基本だぞ。

バトルアクションに特化!トラップも活用して敵を倒せ

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

敵を、トラップへと誘導!上手く使えば、手を下すことなく敵を倒せる。

ダンジョン内には炎を吐き出す石像や、トゲの飛び出る床といったトラップが存在。こうしたトラップは主人公だけじゃなく、敵にもダメージを与える。

キャラクターチェンジとトラップを上手に活用すれば、ノーダメージで敵を次々倒していく、華麗な立ち回りができるぞ。

こうした本作のバトルアクションは、純粋なアクションゲームばりに激しい。アドレナリンが湧き出る楽しさだ。

ゲームの流れ

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

まずはセーブスロットを選択しよう。二回目以降のプレイでは、続きをプレイしたいスロットをタップ。

なお、初回起動時に日本語で表示されない場合、画面右下の歯車マークをタップし、言語設定を変更しよう。単語によっては日本語で表示されない場合もあるものの、本作は一応、日本語に対応している。

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

最初のフロアはまるまるチュートリアルになっている。ガイドにしたがって操作し、ダンジョンを突き進もう。

ダンジョン内にあるたいていのオブジェクトは、攻撃で破壊できる。壊すと中からアイテムが出現するぞ。

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

フロア内には、入ると扉が閉まり、敵を全滅させるまで出られない…という部屋もある。

出現する敵に応じたキャラクターへ切り替え、ダメージを抑えつつ敵を全滅させよう。

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

各フロアでプレイヤーがやることは、階段を目指すこと。フロアによっては扉を開けるためのカギが必要になることもあるけど、階段への道が扉で塞がっていない限り、カギを手に入れなくてもOK。

先のフロアに進むと、リスクがアップ。難易度が上がっていくぞ。また、フロアによっては一定時間ごとにHPが減少する…など、特殊な効果が付加されることも。

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

フロアとフロアの間に、アイテムショップが出現する場合もある。ゴールドと引き換えにアイテムがゲットできるぞ。

手に入れておきたいのは、象牙色の書物。仲間が死亡した際、復活させることができる。

「オーシャンホーン: クロノスの迷宮」の攻略のコツは十分な間合いの確保

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

普通に連打しているだけだと、敵の接近を許してしまう。間合いが重要になっている。

本作のキャラクター達は、たとえ連射性に優れたキャラクターであっても、次の攻撃までに若干のタイムラグがある。

このため、コンボ系アクションのような、敵を寄せ付けないほどの連続攻撃を繰り出すことは難しい。

なので、しっかり間合いを確保することが重要だぞ。

攻撃したら間合いを確保!ヒット&アウェイ

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

敵を攻撃したら距離を取る。これだけで被ダメージをグッと抑えられるだろう。

敵との間合いを確保する上で重要なのが、ヒット&アウェイ

敵に攻撃がヒットしたら、敵との間に若干の距離を取ろう。そして、接近してきた敵に2撃目をお見舞いする。

距離を離すことで、敵の攻撃が届かなくなるし、2撃目までのタイムラグも気にならない。

この逆に、移動せず攻撃連打するのはリスクが大きいぞ。

尾を攻撃したら体に!巨大ムカデ対策

オーシャンホーン: クロノスの迷宮のレビュー画像

巨大ムカデは、スピードアップ時しかダメージを与えられない。まずは尾を狙おう。

ヒット&アウェイ中心に立ち回れば、1つめのダンジョンのザコ相手なら、そうそう苦戦しないだろう。

ボス戦もヒット&アウェイが基本となる。ただ、ボスは一定のルールに従わなければ倒すことができないという点に注意しよう。

たとえば、最初のダンジョンのボス、巨大ムカデは、まずは尻尾に攻撃しなければならない。

尻尾に一撃加えると巨大ムカデのスピードがアップする。この時、体の部分を攻撃すると、ダメージを与えられるぞ。

オススメのキャラクターは魔術師。武器を投げた時と戻ってくる時の両方に攻撃判定があるので、多段ヒットで大ダメージを与えることができる。