忍者×バトル

忍者×バトル

パブリッシャー 5xgames

ジャンル オンラインボードゲーム

価格 基本プレイ無料

忍者がテーマのオンライン対戦・共闘型タワーディフェンス!忍術を組み合わせて戦え!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

忍者×バトル

デッキ編制した忍術カードを駆使して敵を倒せ!

忍術カードを駆使して防衛していくオンライン対戦&共闘型TD!

「忍者×バトル」は、忍者をテーマとしたオンライン対戦&共闘型タワーディフェンス

様々な忍術カードデッキ編制し、コスト消費で場に配置することで敵を攻撃していく。

配置される忍術の種類や場所はランダムなので、忍術の効果合成など上手く使い攻撃を強化していこう。

自分のデッキを強化して、対戦共闘で敵を倒しまくるんだ!

忍術配置と合成(マージ)で拠点を防衛するオンラインバトル!

忍者×バトル

数で押すか、合成で個別に強化するか。臨機応変な戦い方を構築しよう。

バトルでは「出陣」ボタンで忍術をランダムで場に配置し、配置された忍術はオートで敵を攻撃していく。

場に出ている忍術は同種&同ランクを重ね合わせて合成(マージ)することで、1ランク上の忍術に強化できる。

また、各忍術カードをコストを支払って、同じ種類の忍術全体をレベルアップさせることも可能だ。

それぞれコスト消費が必要な行動は、1回ごとに必要コストが上昇していくので戦略的な立ち回りが必須になってくるぞ。

バトルモードは他のプレイヤーと対戦する「対戦モード」と、プレイヤー同士が共闘する「協力モード」の2種類。

カードを集めてデッキを編制・強化!

忍者×バトル

しっかり攻撃できるようなデッキを作り上げよう。

忍術カードは直接攻撃系だけでなく、配置を変更できるモノや周囲の忍術をパワーアップするモノなどさまざま。

カードゲームのようにデッキ全体のバランスを考えた編制が重要になっていく。

また同じ忍術を集めてカードそのものを強化することもできるぞ。

「忍者×バトル」の魅力は、カードゲームとTDがうまく融合したバトル!

忍者×バトル

敵をマヒさせたり、トラップを設置したり、本当に効果はいろいろある。

攻撃だけではなく他のカードをブーストできる忍術も多く、どう組み合わせるかが非常に重要になってくる。

また、場に出した忍術をそのまま使うか、「合成」で強化していくかの駆け引きも。

しかも「合成」はただ強化されるだけじゃなく、ランダムで別の忍術に変換されてしまうランダム性があるのもポイントだ。

システム的にはTDでありながら、カードゲームボードゲーム的な思考・戦略が楽しめるぞ。

デッキ編制の参考になる!オススメの組み合わせ!

忍者×バトル

効果的な組み合わせはどれかな?確認できるのは便利だね。

各忍術カードのステータス画面には、セットで使うと効率的に運用できるオススメの組み合わせが明記されている。

これを参考にするとデッキが編制しやすく、初心者でもそこそこに強いコンボを構築していけるぞ。

序盤は「協力モード」で忍術カードがバンバン手に入る!

忍者×バトル

協力モードの回数を使い切っても、CMを観るだけで1回分追加される。

共闘プレイする「協力モード」は1日の回数制限はあるものの、序盤は報酬ボックス(宝箱)が入手しやすくカード集めに最適。

しかも回数制限はCM視聴で増やしつつプレイでき、意外とデッキ強化がサクサクと進んでいく。

ゲームの流れ

忍者×バトル

まずは基本操作を覚えよう。

相手が知らない忍術を使っても確認できるぞ。

忍者×バトル

コストが溜まったら、出陣やレベルアップをしていく。

合成でランクを上げるのもいい。

忍者×バトル

報酬もたくさんあるので、これを利用してデッキを強化だ。

獲得していない報酬がないか、毎回チェックしておこう。

忍者×バトル

各カードの効果を確認して、組み合わせも色々試していくんだ。

奥義系は条件もあるので、扱いは慎重に。

忍者×バトル

時間で出現するボスも撃破!

君の忍術でどこまで生き残れるかな!?

「忍者×バトル」の序盤攻略のコツ

忍者×バトル

ただレアリティの高いカードばかりにするだけでは勝てないぞ。

デッキは事故が少ない編制にしていこう。

間接攻撃系バフ・ブースト系を絡めるとデッキは強くなるのは確かだが、直接攻撃系が場に出ていないと火力が足りなくなる。

直接攻撃系を3個はデッキに入れておくのが無難だ。

デッキ強化を進めるため、「共闘(協力モード)」を積極的にプレイしよう!

忍者×バトル

スタンプを集めてゲットだぜ!ガンガン共闘していこう!

序盤のうちはデッキが弱く、最初のボスにすらたどり着けないことが多い。

なのでデッキを強化するためにも「協力モード」を積極的にプレイしていこう。

序盤のうちは宝箱獲得に必要なスタンプ数も少なく、比較的簡単に宝箱(複数の忍術カードが排出する)を獲得していける。

適度に対戦モードもプレイしていけば、資金にも困らないぞ。