The Mosaic(ザ・モザイク)

The Mosaic(ザ・モザイク)

パブリッシャー Raw Fury

ジャンル アドベンチャーゲーム

価格 AppleArcade (月額600円 初月無料)

奇妙な出来事によって単調な毎日が壊れていく!トガッた作家性とダークな世界観が魅力のアドベンチャー

ダウンロード(iPhone)

The Mosaicのレビュー画像

単調で陰鬱な毎日を送る会社員が主人公。それにしても寝覚め悪そう…。

異常なモノに変化していく単調な日常を描いたダークなアドベンチャーゲーム

「The Mosaic(ザ・モザイク)」は、単調な日常の暮らしが異常なモノへと変化していく過程を描いたダークなアドベンチャーゲーム。

主人公は1人の会社員。友達からも愛想をつかされ、会社からは解雇寸前。

ただただ単調で、くたびれるだけの毎日。しかし、そんなある日、彼は洗面所で一匹の金魚を吐き出す。

人語を話し、空中を浮遊するその金魚は、今日はおもしろいことが起こるという。それがすべてのきっかけだった。

な…何を言っているのかわからねーと思うが、筆者はありのまま、本作の内容を話している。この奇妙で奇ッ怪、そしてダークな世界観こそ、本作の魅力なのだ。

長押しタッチで移動!アイコンタップでアクション

The Mosaicのレビュー画像

カメラアングルが大きく変わることも。しかし、操作方法は基本的に変わらないぞ。

主人公の上下左右をタッチすると、その方向へ主人公は移動する。

主人公が操作可能なオブジェクトへ接近すると、オブジェクトに応じたアイコンが出現。アイコンタッチで様々なアクションが行えるぞ。

次のシーンに進むには何をすればいいか?…それを探すことが目的となっている。

これぞインディーズ!単館映画作品のようなプレイ感

The Mosaicのレビュー画像

小さくなった主人公が踏みつぶされた次の瞬間、ガムに変化。ぶっ飛んだ演出だぜ。

本作はSteamやXbox Liveでも有料配信されている。スマホ版はApple Arcade作品としての配信。

「これぞインディーズ!」とでも言うような、トガッた作家性が魅力の作品なので、Apple Arcadeでの配信は正解のように思う。本作のダークの世界観がちょっと気になる…という人も、Apple Arcadeなら他のゲームもプレイできるので、試しやすいだろう。

ちなみに、単館上映の映画が好き!という人なら、プレイして損はない。強力な作家性で満足させてくれるだろう。

「The Mosaic」の魅力は奇妙でダークな世界観

The Mosaicのレビュー画像

会社に向かって同じような車が同じように並んで走る。ディストピア的なシーン。

日常…というと、たいていはホッと一息つけるようなものを想像する。けど、本作で描く日常は、ダークで厭世的

でも、とてもリアルに感じられる。

友達や会社からネガティブな言葉を突きつけながらも、日々を繰り返す主人公の姿に、思わず自分を重ねてしまう人も多いだろう。

そんな日々が奇妙な事件によって壊されていく。この時感じるのは、が起こるかわからない不安感と、退屈な日常が壊れるワクワク感。これこそ、本作のたまらない魅力だ。

重く繰り返す日常を再現!細かく設定されたアクション

The Mosaicのレビュー画像

髪を整えネクタイを直す。服を着替えている様子はない。相当疲れている様子。

朝起きて、顔をはたいてアラームを止め、蛍光灯のスイッチをつけて洗面所へ。ネクタイを整え、寝ぐせを直し、歯みがきをする…。

フツーのゲームなら、こうした細かい行動はそもそも描かない。もしくは、キャラクターの演技でサクッと済ませてしまうだろう。

しかし、本作はこうしたひとつひとつの動作をプレイヤーに手動入力でやらせる。このため、重い

この重さが、ダークなビジュアルとあいまって、日常のリアリティと重苦しさを高めている。

画面作りの巧さで魅せる!非日常シーン

The Mosaicのレビュー画像

日常シーンとは打って変わったあざやかさ!印象に残るシーンのひとつ。

日常シーンがリアル。だから、本作の非日常シーンは際立っている…のだけど、その上本作は、非日常シーンの魅せ方が巧み!

会社から出た主人公が歩いていると、突然カメラがズームアウト。視点が蝶へ変わって、蝶を操作する形に…。

蝶に導かれた主人公が公園のような場所へ入ると、そこはこれまでとうって変わったあざやかな風景…。

主人公がいつの間にか小型化、他人に踏みつぶされてしまう…。

こうしたシーンでは、カメラワーク、色使いとも大胆なものになっており、インパクトが強い!この演出を観るだけでも、本作をプレイする価値があると感じた。

ゲームの流れ

The Mosaicのレビュー画像

主人公が深い海に沈んでいる。象徴的なタイトル画面。

なお、初起動時に日本語化されていない場合がある模様。その場合、あわてず騒がず、オプションから言語設定を変更しよう。言語設定のかなり下の方に、日本語があるぞ。

The Mosaicのレビュー画像

夢から目覚める主人公。「え?目覚めないんだけど…」という場合、主人公を起こすようにスワイプしてみよう。

それにしても、ダークではあるが光の演出が美しい。本作のグラフィックは、1シーンがイラストとして成立するような完成度を持っている。

The Mosaicのレビュー画像

スマホを見ると、親や友達、会社といったところから送られてきているメッセージの内容を読めるぞ。どれもこれもあまりポジティブではない…。

スマホ表示が画面方向と違っていて読みづらいのが残念。

The Mosaicのレビュー画像

あと5回遅刻するとクビになっちゃうみたいだし、身だしなみを整えたら、とっとと会社へ向かおう!

これは主人公が住むマンション内のエレベーターなんだけど、他の住人も何やら陰鬱な印象。主人公のみならず、誰も彼もおつかれなのかもしれない…。

The Mosaicのレビュー画像

2日目の朝、洗面所で歯磨きをすると、主人公が金魚を吐き出す。

ポケットに入れて連れてって欲しいとせがむ金魚。さて、どうする…?

「The Mosaic」の序盤攻略のコツは会社員として仕事をこなすこと

The Mosaicのレビュー画像

会社に出社すると、ミニゲームが登場。どうやらこれがお仕事らしい。

本作の1日目では、会社員の単調な日々が描かれる。奇妙な出来事が起きるのは2日目から

なので、1日目は会社員として淡々と仕事をこなそう。

ちなみに仕事の内容は、六角形を繋ぐミニゲームだぞ!

ゴールまで六角形を繋ごう!ミニゲームの目的

The Mosaicのレビュー画像

画面上部にあるこの模様まで六角形を繋いでいけばクリアとなる。

ミニゲームの目的は、画面下から画面上部にあるゴール地点まで六角形を繋ぐこと。

六角形を繋ぐと、繋いだところが道となり、ドットが道を流れるようになる。一定以上のドットがゴール地点に流れ込めばクリア

繋ぐ方向は上だけでOK!ミニゲーム攻略

The Mosaicのレビュー画像

画像のような繋ぎ方をしてしまうと、ゴールに繋げなくなってしまう。ご注意を!

最初、操作説明で上に1マス分、横に2マス分六角形を繋ぐ。その後は、六方向自由に六角形を伸ばすことができる。

ただ、基本的にまっすぐ上へ上へ伸ばせばOK。それ以外の方向へ下手に動かすと、マスの数が合わなくなって、ゴール地点に繋がらなくなってしまう

上に上に六角形を配置して、ゴール地点が見えてきたら、ゴール地点に繋がるよう、左右へ微調整しよう。

ゴール地点に一旦繋いだら、あとは見守っているだけでクリアできるぞ。