Through the Darkest of Times

Through the Darkest of Times

パブリッシャー HandyGames

ジャンル ターン制ストラテジーゲーム

価格 Android:900円 iOS:860円

ナチスと戦え。1930年ドイツのレジスタンスとなり、絶望的状況に抗う歴史ストラテジーゲーム

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Through the Darkest of Times

それでも我々は生き延びようとする…最も暗い時代を。

恐怖とリスクが渦巻く暗い時代を生き延びよう

「Through the Darkest of Times」は1933年のベルリンを舞台に、ナチス政権との戦いを描くターン制ストラテジー。

プレイヤーはレジスタンスのリーダーとなり、ヒットラーの独裁に対して反政府活動を行う。

ファシズムが少しずつ国民を侵食していく重苦しい雰囲気を、映像、ストーリー、ゲームシステムすべてで捉えている。傑作だ。

レジスタンスとしてナチスと戦う歴史ストラテジー

Through the Darkest of Times

レジスタンスとして最適な行動を取るんだ。

ターン毎にナチスたちの真の目的を記載したチラシを配ったり、壁にメッセージを描いたりして妨害活動を行い、情報を集めながら仲間を増やしていく。

だが、ナチス党員に秘密で行わなければ組織は危機に陥る。このシビアな描写がたまらない。

「Through the Darkest of Times」の特徴はの息苦しさを描く表現力の数々

ヒトラーが指導者となってから終戦までを描く。フィルム調の色彩、戦前のジャズ風のBGMなど、雰囲気の良さには枚挙にいとまがない。

「This War of Mine」「My Child Lebensborn」など、戦争の痛みを「ゲームだからこそ」できる表現で体験できる名作はあったが、本作もその系譜に位置するだろう。

また、第二次世界大戦に突入していくドイツの空気感の描写が凄まじい。少しずつヒトラーに懐柔されていく民衆たち。

ストラテジーとしてだけではなく、歴史的背景を丁寧に描くストーリー描写も多い。かなり丁寧な日本語対応は本当に嬉しい。

歴史ゲームでもきちんと「ゲームとして」面白い

Through the Darkest of Times

この新聞の演出もよい。

シリアスなテーマ性や演出面だけではなく、ゲームとしての面白さがきちんとあるのが本作の魅力だ。

レジスタンスのモラルや金銭面というリソース管理、そして秘密警察との対決メンバーが思想の対立などで離脱する苦痛などを、シミュレーションゲームに落とし込んでいる。

モバイル版は文字が小さく、グラフィックがぼやけて見えるところはあったが、それを差し引いても、今プレイすべき作品だと強く感じた。

ゲームの流れ

Through the Darkest of Times

アドルフ・ヒトラーが首相就任するベルリンで物語ははじまる。

このゲーム、なかなかすごいのが音声を英語とドイツ語で切替可能な点。

Through the Darkest of Times

各施設にレジスタンスのメンバーを配置し、人員をオルグし、金をカンパしてもらい、ビラを撒いたりしよう。

金とメンバーのモラル(画面左上)に気を使いつつ行動する必要がある。序盤はチュートリアルを参考にするといいだろう。

Through the Darkest of Times

キャラクターをドラッグしてミッションに挑戦させよう。

キャラクターの性能や参加する人数によって危険度や成功報酬が変化する。

Through the Darkest of Times

イベントや選択肢が多いのも本作の特徴。大きく運命を変えることもある。

シリアスに史実を描き、ゲームとしても面白い。これは新しいジャンルなのかもしれないな…。

Through the Darkest of Times

悲劇は容赦なく迫る。我々は、彼らがどのような命運をたどったのか知っている。

だが、彼らの苦難は、誰かに希望として伝わって行くようなものであると思う。

「Through the Darkest of Times」の序盤攻略のコツ

Through the Darkest of Times

支援者を集め、金を稼がないといかん。

まずは支援者を集めて、金を貯めやすくしよう。毎ターン減っていくけど。ビラ撒きなど、各ミッションは危険度を確認しつつ行うといいだろう。

だが、行動を重ねると、キャラが警察に目をつけられる事もあり、こうなると捕まりやすくなってしまう。メンバー同士で対立することもある。このへんリアル〜。

きちんと5人集め「妨害工作」に成功すると報酬も大きい。まずはストーリーモードを推奨する。

僕たちは世界を変えることができない

Through the Darkest of Times

いやー本当にBGMがいい。

歴史に忠実であるという本作の難易度は非常に高い。そして、戦争の結果を変えたり、ナチスの残虐行為全てを防ぐことなどはできない。

無力感を噛みしめるだけのゲームなのか。いやそうじゃねえ。我々も、手が届く親しい人の人生を動かすことは出来るかもしれない。

このゲームで描かれている状況は、日本が置かれている状況と近い気がしてしまう。だからこそ切迫したこの雰囲気をきちんと

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。