五七五オンライン

五七五オンライン

toru sugitani

オンラインゲーム

読者レビュー (0)

知らない誰かと俳句を共作!ボケも感動も呼びまくるネットで話題のオンラインワードゲームが面白すぎ

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

五七五オンライン

この発想はなかった。めっちゃ面白い。バズも頷ける。

話題沸騰!「この俳句アプリがすごい!2018 」にノミネートされそう

五七五オンラインはオンラインでマッチングした相手とリアルタイムで五七五を詠めるまさに新感覚ハイク・バトル!(なんてジャンルにすればいいんだ)

五・七・五を知らない誰かと交互に送り合って一つの句を作る。一人で読んだ俳句をオンラインで他のプレイヤーに評価されるのも嬉しい。ネットで話題のオンラインワードゲームに乗り遅れるな!めっちゃ面白い!

友達と 一緒に詠もう 五七五

五七五オンライン

オンラインで共作する。「連句」をポップに楽しめるわけだ。

世界最短の定型詩であり(諸説あります)、日本の心、それが俳句だ。だが、やれ伝統芸能だと堅苦しく構えることはない。

予想外のボケが来たり、絶妙な一句を共作したときの連帯感奇妙な感動を呼ぶ!オンライン大喜利みたいなもんだと思ってくれてNO問題!この発想はなかった。面白いね。

五七五オンラインの特徴はボケと感動を呼ぶ日本語の奥ゆかしさの再発見

五七五オンライン

日本語の楽しみを再発見できるね。これは自演ですが。

「どうぶつタワーバトル」「ひとりぼっち惑星」といったゲームのような、不特定多数のユーザーとすれ違う感動をお手軽に味わえるのが本作の大きな魅力となっている。

爆笑する時もある。名作が出来るときもある。一人で言葉に向き合い、評価してもらえることもできる。これは素晴らしい現象だと思う。

そして日本の和の心を体現した毛筆のグラフィックも好きだ。BGMほしかったかもな〜。

まだバグも多いが今後に期待

五七五オンライン

現在は字余りも余裕。しかしこの広告のギャグ笑っちゃったな…。

もちろん課題もある。待ち時間が長いときもあるし、端末の時計をいじることで常に新着にいることもできる。

「いいね」にあたる「よきかな」を自分で集めるバグもあるとか?性的・差別的な言葉をフィルターするのも検討しなくてはいけないかもしれない。

だが、噂では「入力に時間制限を設けてみては」「3人プレイが欲しい」といった要望にもアップデートで応えていくとのこと。流石です。いやー楽しみだな。

ゲームの流れ

五七五オンライン

一人で詩吟に励むことができる。だが本作の醍醐味はオンライン。

さあ、顔も知らない全国の誰かと言葉の世界で交流しよう。素晴らしいと思わんかね。

五七五オンライン

上五(かみご)と座五(ざご)を詠む時と中七(なかしち)を詠む時がある。要するに5か7ね。

最初の5はフリやオチをつくり、7はボケを作る。感動させあう妙なスリルと緊張感があじわえるぞ。

五七五オンライン

「ハロウィンの」と来たのでボケる。季語が必要とか、そういうのが(本当なら)大事だが、これはゲームなのであまり気にしないでくれ。

ちなみにハロウィンの「Eagle Fly Free」は僕が死ぬほど聴いてコピーしたメタルの名曲なので、興味ある人は聴いてみてね。全員のソロ回しが最高だよ。

五七五オンライン

くっ…今どきの若者はハロウィンなんか知らないか…。相手が途中でテンションが下がった感じがする。失敗した!

というふうに連句をつくっていく。字余りも入力できるが表示しきれないので要注意だ。

五七五オンライン

「さっきまで 昼ドラ見てた よう無職」なかなか現代的な俳句で気に入った。

こういった自分の予想外のワードが飛んでくるのにやみつきになる。それが世界を知るってことだからね。

五七五オンライン攻略のコツ

五七五オンライン

「よきかな」が集まる名句を目指そう!どれだけ集まるかわかるようになったらなー。

さすがに俳句のコツを語れはしないが、いきなり名作を繰り出そうとしなくたっていい。まずは自由な心誰かと共作するスリルにチャレンジしてみよう。

マナーとしては、オンラインでプレイするときはちゃんと短時間で文字を入力するように。相手が退室してたらこっちはアプリを再起動だね。現状は。

他人と共作する喜びにふれよう

五七五オンライン

新着順で時刻をずらせるバグははやく改善してほしいのう。

俳句の気持ちよさはリズムにある。だが、それをはみ出してみてもいい。種田山頭火尾崎放哉のように自由律俳句をキメたっていいわけだ。他人がそれに応えてくれたときの感動を味わってほしい。

ただ、芸術や表現は自由であるべきだと思うが、他人を無為に中傷したり個人情報をバラまいたりするのはやめとこう。無粋だ。

アイデアに困ったら、Twitterで#五七五オンラインで検索してみてもいいだろう。傑作がネットの世界に散らばっているぞ!

下に続きます

下に続きます