さよなら海腹川背 Smart

さよなら海腹川背 Smart

酒井ゲーム制作所

アクションゲーム

基本プレイ無料

「さよなら海腹川背ちらり」のスマホ版が登場!ルアーで壁や天井にぶら下がるラバーリングアクション!

ダウンロード(Android)

さよなら海腹川背 Smart

ラバーリングアクションをスマホで堪能!

海腹川背シリーズ最新作「さよなら海腹川背ちらり」をスマホで遊ぼう!

「さよなら海腹川背 Smart」は、名作ラバーリングアクションゲーム「さよなら海腹川背ちらり」のスマートフォン版。

先端にルアーの付いたゴムロープを駆使して天井や壁にぶら下がったり、敵の魚介類を捕獲したりしつつゴールを目指すというタイムアタックが熱いゲーム性だ。

本タイトルでは残念ながらネットランキングなどが削除された簡易版になっているが、ゲーム内容そのものは原作通りに楽しめるぞ。

※全60ステージ中、最初のエンディングまでの10ステージは無料でプレイできます。それ以降のステージをプレイするにはアンロックキー(100円~450円)の購入が必要です。

ゴムロープの使い方次第で様々な移動が可能なアクション!

さよなら海腹川背 Smart

自分なりのルートを探せ!

基本操作は、方向キーによる移動と、ボタンでジャンプルアーを投げるという簡単なモノだがアクションの多彩さは折り紙付き。

ルアーは方向キーと組み合わせるコトで8方向にを投げられるぞ。

また、ジャンプも助走をつけた方が遠くまで飛べるし、足場ギリギリに頭が届けばよじ登るコトも可能。

とにかく激しくも繊細なアクションが要求されるので、仮想パッドでも遊べるのだが是非ともゲームパットでの操作を推奨したい!

別ルートやサウンドギャラリーなどやり込み要素も豊富!

さよなら海腹川背 Smart

あとでサウンドギャラリーを確認だ。

ステージには分岐があり10ステージのエンディングの後、解除キーの購入が必要になるのだが更なる難関をプレイしてほしい。

タイムアタックも醍醐味の一つなので、テクニックを磨いて時短を狙おう。

また、サウンドギャラリーなどゲーム以外のコンテンツもあるのでやり込んで全部の要素を解放してみたくなるはず。

「さよなら海腹川背 Smart」の魅力は、予想外のルート探索などのやり込み必須のアクション!

さよなら海腹川背 Smart

物見遊山が過ぎたか・・・。

ハイスピードでのクリアを目指すのが本作の正しい楽しみ方

序盤のステージですらコンマ1秒を争う熾烈な時短合戦が繰り広げられてきた。

画面にルートの指定はあるモノの、それ以外のルートを通ってもクリアは可能なので、思いもよらないショートカットを発見できるかもしれないぞ!

ゴムロープの伸び縮みや物理法則を使ったキャラ制動!

さよなら海腹川背 Smart

敵も利用できる?

ルアーをひっかけるだけでなく、ゴムロープ部分伸び縮みさせるコトが可能で、それを利用した振り子運動を使えば普段いけない場所まで飛んでいける。

物理演算によって重さの概念や、地面の摩擦といった要素でアクションが変化するので、何度もトライ&エラーを繰り返して覚えていこう。

坂道で助走をつけてからの動作や、敵を引き寄せる動作など、どんなアクションにも利用法があるぞ。

カバンを全部集められるかな?

さよなら海腹川背 Smart

あのカバンはとれそう。

普通にクリアするだけなら特に関係ないのだが、マップ上に設置されたカバンを回収するという要素がある。

正直な話、これは序盤からかなり難易度が高い

取りに行くとゲームオーバー一直線な場所や、到達不能に見える位置に配置されているのだが、上級テクニックを使えば必ず取れる!というのが何とも闘志を湧きあがらせるじゃないか!

ゲームの流れ

さよなら海腹川背 Smart

まずは基本操作を覚えていこう。

ジャンプは助走をつける!これは絶対に忘れるな。

さよなら海腹川背 Smart

ジャンプからハシゴを登って・・・。

初心者はまず奈落に落ちるのを経験する流れ。

さよなら海腹川背 Smart

ルアーでのぶら下がりも上手く利用してゴールであるドアに到達。

このドアって、どこでm―――ゲフンゲフン。

さよなら海腹川背 Smart

ちょっと高い程度の段差なら、よじ登れる!

さよなら海腹川背 Smart

振り子運動を利用して針山を回避だ!

独自のルートを編み出してタイムの短縮をしていこう!

「さよなら海腹川背 Smart」序盤攻略のコツ

さよなら海腹川背 Smart

ルアーが引っかかりそうな足場を探せ!

ルート的にはハシゴなどを利用して移動していくのが普通の流れだが、スコアアタックをするには川背さんの徒歩やハシゴでの移動ネックになる。

なるべくゴムロープの反動を利用する移動方法を考え出していくのが時短への道だ。

まずはステージ全体を歩いてみて、ルアーの引っかかりそうな足場全てを把握していこう。

ルアーのひっかける位置&ロープの長さを調整しよう!

さよなら海腹川背 Smart

ロープの長さも要調節!

ルアーはただひっかければいいというモノではなく、ひっかけた位置により振り子運動の挙動が大きく変化してしまう。

また、同様にゴムロープの長さでも物理的な反動が全く違ったモノになるぞ。

ぶら下がってからも重要で、方向キー左右での重心移動と、振り子運動中のロープの伸縮想定外のアクションを生み出すコトも可能だ。

これもトライ&エラーで多彩なアクションを見出そう!

※再三言うが、Bluetoothゲームパッドなどを推奨だ!

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。