温泉むすめ -ゆのはなこれくしょん-

温泉むすめ -ゆのはなこれくしょん-

パブリッシャー Edia Co.,Ltd.

ジャンル 放置系RPG

価格

一歩も動かずに日本列島を旅歩いて「名所」コンプ!有名な温泉をアイドルとして一人前にする育成シミュレーション

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

有馬も草津も、カワイイ女の子に!▲

位置ゲーかと思いきや、家の中でジックリ遊べる育成SLGでした!

『温泉むすめ ゆのはなこれくしょん(ゆのこれ)』は、日本各地の温泉地を擬人化してしまった育成シミュレーション。

地方の特徴を反映した神様でありながらアイドル活動を続ける彼女らに、名所を渡り歩き全国を「沸かす」ことでPRする大役を任される。

「ポケモンGO」を代表とする位置ゲーに分類されるが、現実で一歩も動かずとも踏破できるゲーム性に注目だ!

    指示を出すだけで全国マップを旅巡り

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    ▲寄り道して目標とは別の名所を埋めるのもアリだ。

    「巡業」モードでは日本全土が仮想マップ化していて、都道府県は細かく区切った六角形エリアの集合体となっている。

    アイドルはエリアを設定すると時間経過で自動移動していき、ストーリーの目標地として設定された「名所」に向かって進む。

    巡業に追加する形でフルオート形式の「ライブバトル」を行い、ライバルを撃破して報酬を得ることも可能だ。

    自分の足で名所に訪れてもオッケー

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    観光名所の歴史も知れる▲

    上記の仮想マップとは分離したモードとして、現実世界の位置情報を用いた「営業」もある。

    現在地に近いアクセスポイント(名所)が多いほど報酬を受け取ることができ、発見数に応じてステータスが僅かに底上げされる。

    登録されているのは温泉地や神社だけでなく、コンビニや公園も対象になるので意外と見つかりやすい場合も。

    『温泉むすめ ゆのはなこれくしょん』は位置ゲーなのに歩かずに遊び込めるのが特徴!

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    ▲最大5枠あるから、結構なペースで踏破できる。

    暑い中で外に出るのは面倒だと敬遠する人もいるだろうが、実はゲーム上において位置情報を一切使わずとも遊べるのがポイント。

    貰えるアイテムは通常マネーや強化アイテムが殆どで、ステータスボーナスも誤差程度だ。数百種類あるスポットを制覇するのは現実的じゃないと分かっているからこそのバランス。

    あくまで「営業(現実)」は行けたらラッキー程度のオマケ要素に留まっており、メインは「巡業(仮想マップ)」なので家の中だけでもコンプできる仕組みが嬉しい。

    手軽にジックリと進められるゲーム性

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    バトルもフルオート&スキップ可能だしね▲

    巡業先のエリアを選び、数十分の時間を置いてから新天地へと進む流れは放置ゲームと似ていて、同じ感覚で遊べる。

    会話パートや隠しスポットといった小イベントもあるし、コツコツとアイドルを育てて名所を埋めていく作業が地味に楽しい。

    アイドル=リズムアクションという風潮が強い中、オート主体なラクラクRPGとして気ままに楽しむのも一興だ。

    地域活性化×美少女という鉄板の組み合わせ

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    ▲CDデビューもしている。キャラの魅せ方うまし。

    ボイスは水樹奈々さん、本渡楓さんをはじめとする100名以上の声優が吹き込んでおり、1キャラにつき約30パターンが実装されていて満足度高し。

    キャラクター原案も藤真拓哉氏、さくら小春氏といった総勢100名以上のイラストレーターが参加。気合い入りまくりである。

    クロスメディア企画を進行中だそうで、今後はゲームだけじゃなく漫画やアニメなどでの活躍も期待できるかもしれない。

    現実での地域活性化も願ったプロジェクトだから、少しでも全国が「沸いて」くれるといいね。

    ゲームの流れ

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    巡業を進めると会話イベントが発生、アイドルとしての実力を高めていく過程が描かれる。

    各温泉に宿る神様が女の子になったという設定で、ゲーム配信の前から各方面にて活躍していた。

    擬人化モノらしく東北弁といった方言や、周辺の温泉とは姉妹関係などの個性が可愛らしい。

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    「巡業」はパーティを編成して送り出すだけだからラクチン。

    エリアにはマネーやアイテムボーナスがあり、どの場所を踏むかも大事。

    マップでの操作が分かりにくいのが難点。迷ったら縮小して目標地点を見直そう。

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    「ライブバトル」は互いにランダム発動のスキルでステータスを高め、アピール値の高いほうが勝利。

    昔ながらのブラウザゲーを思わせる機能だが、相手の特技封じなど不定形要素もかなり絡んでくる。

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    キャラ画面。多彩な絵師さんと声優さんが参加しているのできっと好みな子が見つかるハズ。

    個人的にはレビュー動画にも出てた紫髪の「北郷このみ」ちゃんが庇護欲をソソられて最高だね。

    上限解放はステータスじゃなく、特技の最大レベルUPだけ。各種イベントでも素材を入手できる。

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    「営業」と「巡業」の報酬は分かれており、別々に達成できる。一応名産品などの限定アイテムもあるけど必須じゃない。

    実際に近くのコンビニをいくつか回ったけど一つもヒットしなかったので、現状だと運良くポイント登録されていることを願うしかないかも。都外が有利?

    基本はアイドル育成の放置ゲー気質なので、ビジュアルや気になる子が居たら試してみるべし。

    『温泉むすめ ゆのはなこれくしょん』序盤攻略のコツ。

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    ▲「巡業」は関東から初めて全国へ踏み出す。

    まずは10連ガチャを引いた後、高レアをユニット1に編成してから仮想マップを巡業していこう。

    最初は1つしかユニット枠が無いが、巡業中に「ライブバトル」をしてランクを上げると最大5枠まで上限が開放される。

    ランクアップ時の全回復もあって序盤はノンストップで挑戦し続けられるから、上げられる所まで進めておこう。

    移動時は育成よりもマネー節約を重視

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    ▲イベントセリフはほぼフルボイスで嬉しい。

    天上神スクナヒコに指定された名所エリアを目指すのだが、巡業では移動距離に応じて小判(通常マネー)を消費してしまう。

    序盤は特に枯渇しがちになるので、小判ボーナスの付いたSSRエリアを中継して踏むようにしつつ近付いて行こう。

    1つでもユニットが辿り着けばいいので、他の子達はその場から動かず資金稼ぎに専念させるのも良いぞ。

    ローカルランキングの勝ち上がりで報酬を狙おう

    温泉むすめ ゆのはなこれくしょん レビュー

    3つのパーティに戦力をどう分散するかも勝負の鍵だ▲

    毎日3回の頻度で開催されるミニイベント「歌合戦」では、上位に入賞するとSレアキャラを仲間にできる。

    参戦に必要なチケットは巡業などから手に入り、ある程度の数を確保していれば参戦人数が少ないので勝ち残りやすい。

    序盤は出場ユニット3枠分が全員SRで揃うのを目指し、チャンスを伺っておくのがいいだろう。

    ログインしていません。

    このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。