ウィムジカル ウォー(Whimsical War)

ウィムジカル ウォー(Whimsical War)

提供元 GMO GP, Inc.

対戦プレイゲーム

読者レビュー (2)

ゲームの腕前に自信ある?デッキ編成と戦術性が試されるリアルタイム型ジントリバトル開幕!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ウィムジカル ウォー

ジンチを拡張する?タワーを攻める?

タワーを攻めるかジンチを守るかデッキ編成と戦術性が絶妙なRTS!

「ウィムジカル ウォー」は、ジンチを奪い合いつつ敵の拠点「タワー」を破壊していくリアルタイム型ジントリバトル

クラロワ系のデッキ編成して、コストを消費して手札からキャラクターを出撃させるタイプ。

獲得したジンチならどこでも出撃可能で、以下で説明するがジンチの獲得が独特で面白い。

攻防が熱いジンチの奪い合い!

ウィムジカル ウォー

侵攻した足跡が自らのジンチとなる!

キャラが歩いた道がそのまま「ジンチ」となり、自分のジンチならどこにでもキャラを出撃させることが可能となる。

しかも、ジンチで囲った土地も自分側のジンチとして塗りつぶされるので、本当に奪い合いが熱いシステム。

TCG並に組み替えが面白いデッキ編成

ウィムジカル ウォー

タワー狙い?遠距離メイン?飛行ユニット?

キャラクターには、何を優先的に攻撃するか、攻撃範囲、移動速度、1回の召喚での出撃数などなど、様々な特性があり、それでデッキを編成していくこととなる。

これだけでも戦略性としてはTCG並なのだが、そこにジントリの要素が加わるのだから普通のストラテジーとは比べ物にならないくらいの頭脳戦になるだろう。

自分だけの尖ったデッキを組みたくなるオリジナリティあふれるシステムだ。

「ウィムジカル ウォー」の魅力は、作り込まれたゲームシステム

ウィムジカル ウォー

キャラごとの特性を上手く生かそう!

ジンチとタワー、どちらを優先するかで戦況が大きく変化するのが本タイトルのキモといっていい。

キャラ特性にもそれが大きく表れていて、「びっくりクラーオ」などの複数出撃するは、一気に何体ものキャラが出撃してジンチを拡張するのに役立つ。

半面、「パワフ」などの他のユニットへの攻撃を一切しない代わりにタワーのみを攻撃するユニットもいる。どのキャラも戦局に影響する特性を秘めているぞ。

ジンチを奪い合う絶妙な戦略性

ウィムジカル ウォー

線だけでなく、ジンチで土地を囲め!

歩いた道がジンチになるので、ジンチを広げるためには別々の位置からキャラを出撃させたり、ジンチで土地を囲っていくような戦略が必要になってくる。

もちろん敵の攻撃もあるので、この駆け引き絶妙な戦略性を生んでいく。

ただジンチを広げるだけでも勝てないし、タワーに攻撃を集中していても自陣が守れない―――囲碁や将棋の考え方をリアルタイムで行うような面白さ。

ストレスのないマッチングシステム

ウィムジカル ウォー

マッチングが上手くいかなくても心配ない!

マッチングシステムもユーザビリティに設計されており、一定の時間でマッチングが成立しない場合、自分と同程度の強さのCPUとの対戦に切り替わる。

AIは決して弱くなく、なかなかの歯ごたえで遊べる上、対人対戦と同じ報酬を貰えるのが嬉しい。

こういった対戦ものだと、マッチングシステムでストレスになることも多いが、このような細かい配慮には拍手を送りたいぞ。

ゲームの流れ

ウィムジカル ウォー

案内役はこのタマゴ・・・妖精なんだね。

獣キャラ好き(ケモナー)にはたまらない世界観。

ウィムジカル ウォー

キャラが歩いた道が自分のジンチになっていく。陣地内のどこにでも味方キャラは召喚できるので、ドンドン広げていこう。

ウィムジカル ウォー

デッキの編成、キャラのレベルアップをして自軍を強化だ。

何を優先的に狙うかはキャラごとに違うので事前に確認しておこう。

ウィムジカル ウォー

オンラインが解放されるリーグ2からが本番だ!

全国のユーザーとガチバトルしていこう。

ウィムジカル ウォー

ジンチを拡張するか、一気にタワーを狙いに行くか・・・。

ユーザー同士の熱い駆け引きが待っている!

「ウィムジカル ウォー」の攻略のコツ

ウィムジカル ウォー

大量出撃系で大きく囲ってジンチを確保できるようにしていこう。

自陣側全ての土地を自分のジンチにしてしまっておけば、敵に一気に攻め込まれるリスクが少なくなる。

最初にこれができてしまうと、かなり有利に進められるだろう。

戦況でキャラ特性を活かせるように!

ウィムジカル ウォー

乱戦時にパンは非常に役立つ。

タワー攻撃系は、移動や攻撃範囲に難があるものが多いので、敵タワーの目の前に直接召喚するようにしてみよう。

また、混戦状態になり自分のジンチが小さくなってしまった場合、やられた時にジンチを大きく広げる「パン」を使って獲得したジンチに他の攻撃系ユニットを潜り込ませると強いぞ。

まず、キャラクターたちの特性を知って上手く利用できるように!

強者のプレイを見て研究

ウィムジカル ウォー

どんな戦略を使っているのかな?

世界の強者たちは、既に強力なデッキ編成で戦っている。

だが、レアなキャラがいなくても同系列のキャラクターで同じような戦略を組むことも可能、リプレイが観れるので他の人の対戦は積極的に研究していこう。

デッキを参考にするだけでもかなり違うはずなので、どう使うのかを考えながらデッキの強化に挑もう。

アプリゲット
新作ゲームをフォロー
新作ゲームの最新レビューを配信しています
アプリゲット
事前登録をフォロー
事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

読者レビュー(β版)

2件
このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。
avatar
1000
新しい順 古い順 最も評価の多い
ゲームキャスト トシ
パートナー
このゲームの評価(任意) :
     

日本から出たとは思えない意欲的な作品だと思います。
ゲームの作りとしては、クラロワではありますが、クラロワ系とそのシステムを純粋に模倣しただけの作品には「似た手札であれば自陣に引き込んで戦った方が有利」という後攻有利なシステム上の欠点があります。
ところが、ウィムジカルウォーではユニットが陣地を塗り潰していき、塗った位置からそのまま行動できるという特徴があるため、先にユニットを出して塗り始めることが優位に繋がることもある。おかげで先手を取る意味もあるし、移動力の高いユニットの使い道が変わる事もあるし、他のクラロワ系とは異なる遊びができる。
単純に課金要素のためにいろいろなシステムを付け加えた作品、単純な模倣系ゲームとは違う面白さがありますね。クラロワをプレイしたことがあれば、是非このゲームも試して欲しいです。

ただ、他の方もおっしゃるとおり先行でプレイしているプレイヤーが強いというのは壁としてあります。そこに関して今後運営が対応できるかどうか、そこに盛り上がりが関連してくる気はします。
とは言え、システムを体験する価値はあるので、遊んでみて欲しいですね。

匿名
読者
匿名
このゲームの評価(任意) :
     

レート5000まではCPU戦混じりのおかげですぐ届くが、それ以降は先発格上プレイヤーの養分。対人戦はまともな試合にならない。
リリース当初から始めてたらやってたと思うけど、今初めてもどうしようもなかった。

下に続きます