First Strike(ファーストストライク)

First Strike(ファーストストライク)

Blindflug Studios AG

リアルタイムストラテジーゲーム

iOS:480円480円

読者レビュー

“核戦争”で地球に終焉を。軍事技術を発展させ、他国と外交し、世界を支配する3Dシミュレーション

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

First Strike

▲ 実を言うと、地球はもうだめです。

核を撃つ悪魔として、現代の支配者にキミは成れるか。

『First Strike(ファーストストライク)』は、実在する国家から1つ選んで世界を支配していく一人用の戦略シミュレーション。

如何に早く、敵国を出し抜いて“核兵器”を製造し、撃ち込めるか。破壊と、殺戮と、戦略の限りを尽くすゲームとなっている。

ワンプレイ30分程のサイクルを何度も繰り返すタイプで、素早いインフレ展開&想像を超えた核戦争をエンジョイできるだろう。

スポンサーリンク

最先端の戦争は情報と技術がモノを言う

First Strike

▲発射画面。好きな地点から個別に撃てる。

支配したエリアでは大きく分けて4種類、兵器発射・兵器製造・技術開発・領地侵略のゲージ型コマンドを行う。

弾数の増設や、国家拡充での基盤固めも大事だけど、特に大きいのは研究=技術発展による情報の把握。

敵国が何時撃つか、軍事力はどれほどか、地図が書き換わっていないか。全てのデータ収集はプレイ次第で異なる。

常にリアルタイムで進行する緊迫の戦場

First Strike

▲限られた時間の中で争う。

敵国の核弾頭は巡航ミサイルで撃ち落とせるがメニュー中も時間は止まらず、瞬時の判断と備えが必要。

地球上のエリア毎にぐるっとコマンド入力していくので、征服が進むほど操作が忙しくなってくる。

後述する国際情勢など、核のインパクトにも劣らない様々な良ポイントが臨場感を際立てるのだ。

スポンサーリンク

『First Strike』

First Strike

▲この後、名古屋に続いて東京も滅びました。

現代の核兵器は抑止力としての役割が大きい。一発で数千万人のが失われ、人の住める場所じゃ無くなるからだ。

作中でも同じで、一度“発射”してしまうと核による報復……撃ち合い合戦が始まり、地球は終わる。

そんな兵器を蓄え、数十本単位も一斉射撃。大きな放物線を描き、振動と轟音の後に着弾点=敵国を地獄に変える。

あってはならない未来。ハルマゲドンを題材とした背徳的な気持ち良さ、それに相応しいSLGライクな戦術性がヤミツキなのだ。

核以外の抑止力による駆け引きも

First Strike

▲下のアイコン色分けで同盟が判別。

技術発展や兵器の準備には時間が必要で、小競り合いを続けるより一気に焼け野原にする方が賢い。

そこで驚異的な大国と「外交」して同盟を組めば、自国が狙われずに敵国同士でヤりあってくれる場合が多い。

同盟国による大量発射を察知、反撃手段を失ったスキにこちらの全兵器を投入。エゲつない横槍・裏切りも、最終戦争の場なら正攻法だ。

センスが良くて統一された高品質っぷり

First Strike

▲破壊しまくった結果。哲学すぎる…。

宇宙からの3D視点で描かれるスケール感はハンパなく、無機質に破壊を繰り返す様は美しく、感動的にすら感じる。

世界大戦が始まった時にはテンションMAXなサウンドに切り替わったり、演出面もサイコーだ。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

First Strike

最初にプレイヤー国家と、ユニークスキルである超兵器を選択。

破壊した土地をウイルスで汚染したり、探知されないステルス弾など様々。

技術が最大になれば開発できるよ。

First Strike

スタート開始後。技術力の低い国家を選ぶと周りが何も見えない。

ここから領地を広げ、敵国の土地を焼き尽くすべく力を蓄えるのだ。

First Strike

自エリアをタップするとコマンドが出て、行動に応じてゲージ待機が必要。

所有できる核兵器はエリア毎に設定されていて、それぞれ別管理。廃棄も可能。

First Strike

しかし攻撃時は一斉掃射がオススメ。反撃・迎撃のスキを与えない。

じわじわ貯めてからの発射だからメチャ気持ちいい。映像美もサイコーでこういう体験は中々得られはしまい。

First Strike

地球全土を巻き込んだ核戦争、果たして行き着く先とは。

後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

『First Strike』序盤攻略のコツ。

First Strike

▲自国はプレイする度に増える。

日本語対応だがチュートリアルは無いので、予め「遊び方」をかるーく確認するのを推薦。

初期スタート国は土地も戦力も豊かでイージーモードな「アメリカ」からが安牌。それでも中々難しい。

基本的に核を撃ったら撃ち返されるので、戦力が整うまでは攻撃を留めておくのが無難だ。

中立エリアを優先的に支配して序盤から有利に

First Strike

▲海沿いの国なら他の大陸へ渡ることも。

最初にやるのは「EXPAND」。核増設は後でいいから、まず隣接エリアを侵略して自軍を広げていこう。

領地が増えるほど行えるコマンド総数が増えるし、兵器の射程範囲も伸びるから損はない。

ある程度広げたら「RESEARCH」で研究を進め、様々な効率を上げよう。特に「国」カテゴリの侵略50%UPは優先的に。

用途の違うミサイルを使い分けよう

First Strike

▲9本以上持ってるなら総攻撃できる。

「BUILD CRUISE」巡航ミサイル。短距離だが精度が高い。
「BUILD IRBM」 中距離弾道ミサイル。強化すると威力が最強。
「BUILD ICBM」 大陸間弾道ミサイル。戦線から遠ければコレ。

各エリアのスロットに搭載しておける核兵器だ。敵国が近いなら安定の「IRBM」でOK。

中でも「CRUISE」は、一斉射撃の迎撃用に各エリア一個は欲しい。直前で無い!ってなると痛手を食らうぞ。

下に続きます