描け!勇者(Draw! Knight)

描け!勇者(Draw! Knight)

cresoul

セミオートバトルRPG

読者レビュー (1)

絵心なしでも「ガンダム」や「ロックマン」を作って動かせるRPG!?装備やキャラを描いてバトル

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

描け!勇者(Draw! Knight) androidアプリスクリーンショット1

テンポの良いスクロールバトル。

描いたキャラが動き出す!絵心なしでも遊べるクリエイト系RPG!

「描け!勇者(Draw! Knight)」は、ドット絵でキャラや装備品を描いて戦うお手軽クリエイトRPGだ。

Androidで先行配信され、根強い支持を受けているインディーズアプリが満を持してiOSに登場!

武器。防具。魔法。キャラまでも!

キミだけの勇者を好きなように描いてスクロールバトルに挑戦しよう。

スポンサーリンク

バトルはセミオートでサクっと進む

勇者は自動で前進し、接触した的に攻撃を加える。

画面をタップすると魔法をガンガン連射でき、右方向へ右方向へスワイプすると盾を投げる遠距離攻撃ができる。

敵を倒すとドットを拾える!?

敵を倒すと経験値や資金、さらに装備品……ではなく、なんと「ドット」をドロップできる。

ドットには攻撃力アップやクリティカル率アップといった特性が付与されていて30個集めると上位色への変換が可能。これを使ってクリエイトメニューを進めよう。

スポンサーリンク

描け!勇者(Draw! Knight)の特徴は自由度の高いクリエイト要素

描け!勇者(Draw! Knight) androidアプリスクリーンショット2

絵心がないひとでも楽しめる仕様。見本デザインも購入できる。

クリエイトメニューは武器・防具・魔法・キャラを選択でき、10×8など最初は狭い範囲内にドットを置くだけで作れてしまう。

絵心がないプレイヤーも安心のシステムだが、ゲームを進めると範囲を拡張でき、より凝ったデザインかつ強力なキャラや装備品を作れる。

デザインが複雑になるのは……。

という人は図案マーケットを閲覧し、資金で見本を購入すればOK! 有名なキャラに似せることも可能だ。

iOSでも日本語で遊べる

表記名やストアの対応言語は英語となっているが、iOSでもきちんと日本語化されている。

バトルの倍速機能などアップデートで追加された要素ももちろん反映されていた。

育成自由度がとにかく高い!

攻撃力やクリティカル率など、キャラや武器を作るときにどの効果を優先するか

ドットを自由に選んで描けるため育成自由度が高く、バトルについても魔法や盾攻撃による適度なアクション性もあるので飽きずに遊びこめる。

スポンサーリンク

描け!勇者(Draw! Knight)の攻略のコツ

描け!勇者(Draw! Knight) androidアプリスクリーンショット3

宝の地図で強力な武器や防具を得ておこう。

チュートリアル後にアップデートで追加された「宝の地図」メニューを使い、強力な武器や盾を入手しよう。

防御力+盾攻撃の高さを考えるなら盾を最優先で獲得しておきたい。

ドットを収集しよう

強力な装備品をセットしたらダンジョンやボスモードに挑んでドットを収集しよう。

本作は武器・防具・魔法・キャラを新たに生成することで各種能力を上げる。バトルでドロップできるドットは育成に欠かせない。

ドットを上位色へ進化させる

同じものを30個溜めて上位色へと変換し、その色が揃ってきたら新しい装備品やキャラを再び作るといい。

余った装備品は分解によってドットへと戻すことも忘れずに。


ゲームの流れ

androidアプリ 描け!勇者(Draw! Knight)攻略スクリーンショット1
メインメニューのダンジョンは時間経過で回復する拳(スタミナ)を消費して挑む。

ボスや対戦モードも同様でプレイヤーレベルアップ時に回復するが、強い武器で先に進みすぎると

androidアプリ 描け!勇者(Draw! Knight)攻略スクリーンショット2
バトルはセミオートで行われ、画面右へ向かって勇者が疾走し、敵と接触すると戦いはじめる。

画面タップでMPを消費する魔法攻撃、右方向へスワイプで盾を投げる遠距離攻撃ができる。

androidアプリ 描け!勇者(Draw! Knight)攻略スクリーンショット3
一部のモンスターは捕獲が可能。

ステータスがアップする。

androidアプリ 描け!勇者(Draw! Knight)攻略スクリーンショット4
敵を倒すと装備品ではなく、色の付いた「ドット」と資金や経験値をドロップできる。

ドットを30個溜めると上位のドットへ変換できるようだ。

androidアプリ 描け!勇者(Draw! Knight)攻略スクリーンショット5
ドロップしたドットを使って自分だけの武器・防具・魔法・キャラを作成できる。

個々のドットに物理防御アップ、魔法防御アップといった特性があるので、それを考慮して配置しよう。

androidアプリ 描け!勇者(Draw! Knight)攻略スクリーンショット6
どのドットを置くかで装備品やキャラのステータスが変わる。

最初はデザインの範囲が狭いので絵心がない人でも簡単に作れる。

androidアプリ 描け!勇者(Draw! Knight)攻略スクリーンショット7
プレイヤーレベルを上げると鍛冶ポイントを獲得できる。

制作能力をアップグレードすることでドットを置く範囲が広がり、制作物の能力もアップする。

androidアプリ 描け!勇者(Draw! Knight)攻略スクリーンショット8
他プレイヤーが作ったデザインをゲーム内通貨で購入し、見本にすることができる。

ドットを描くのが初めてでも簡単に作れてしまうので、一覧を見て気に入ったものを購入してみよう。

下に続きます