ひとりぼっち惑星

ひとりぼっち惑星

評価4.0点

ところにょり

カジュアルゲーム

終わった地球で思い出探し。宇宙からの「声」を一人で受け取る、儚いSF世界での育成ゲーム

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ひとりぼっち惑星 androidアプリスクリーンショット1

▲描き込まれた巨大ロボにゾクリとした。壮大だ。

一言でいうと、宇宙からの「声」を一人になった地球で探す放置育成ゲー!

『ひとりぼっち惑星』は、荒廃した地球でただ一匹、生き残ったロボットが宇宙と交信をする放置育成ゲー。

誕生・戦争・破壊を無意味に繰り返すジンコウチノウの破片を集め、アンテナを強化していく。

そして宇宙へ旅立ち、帰らぬ存在となった人間のメッセージを受信する。

数百年と宇宙をさまよう人々の願い、悲痛、孤独。様々な感情を過去形の読み物として受け取るのは、実に儚い。

宇宙の広さと、果てしない時間の流れを感じる世界観&吸い込まれるような緻密さを持ったビジュアル

『ひとほろぼし』『ひとたがやし』で話題になった作者の最新作。今作も、ステキな雰囲気に心が動かされるだろう。

『ひとりぼっち惑星』は素敵なSF世界と色んな感情を見れるのがステキ。

ひとりぼっち惑星 androidアプリスクリーンショット2

▲ひらがなドットで統一。この感じがタマラン。

自立AIで活動し、無限に戦争を続ける兵器ジンコウチノウのせいで、人間が宇宙に追い出された世界。

自給自足できるシステムを搭載し、宇宙船の中で世代交代が幾度も行われるほどの時間が経過しても、移住先となる星は見つからなかった。

受信するメッセージは文化の違い送信者など、実に多様でワクワクするSF世界を聞けるだけでなく、当時の悲惨な内部事情も知れる。

地球を見ずに亡くなった少女、船内で家庭を崩壊させられた、人員過多により船から小型船で追い出される老婆

どれも死ぬ間際のメッセージばかりだが、彼らは絶望していない。地球は昔より良くなっていて、いつか救いに来てくれるハズだと信じていたからだ。

……その声を、いきものが一匹だけの地球で受け取る。この気持をどう表現すればいいんだろうか。

『ひとりぼっち惑星』序盤攻略のコツや抑えておきたいポイント。

ひとりぼっち惑星 androidアプリスクリーンショット3

▲今更だけど、この白ロボットが唯一のいきものね。

ジンコウチノウは何もせずとも勝手に破壊しあう。落ちた破片を集めるのがメイン。

10分毎に巨大ジンコウチノウを出現させて大量獲得も。ぼーっとプレイするのには丁度いいサイクル。

集めた分を消費してアンテナを強化し、宇宙からのメッセージを受信が出来る。

が、まずは「新種のジンコウチノウ」などの機能を強化していこう。稼げる破片効率が上がる。

ちなみに受信だけでなく、自分で宇宙に向けて送信もできる。

他のユーザーからのメッセージも受信できたり、スケール感にふさわしい楽しみも持っているのだ。

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ ひとりぼっち惑星攻略スクリーンショット1
人間はおらず、ひとりぼっちの「いきもの」と呼ばれる白ロボット。

他のジンコウチノウとは違うのか、それとも…。

androidアプリ ひとりぼっち惑星攻略スクリーンショット2
最初は何もない。アンテナをつくり、メッセージを受信しよう。
androidアプリ ひとりぼっち惑星攻略スクリーンショット3
ジンコウチノウ地帯では、常に破壊と創造が繰り返されている。

破片はスマホやクリップなども。楽しげ。

androidアプリ ひとりぼっち惑星攻略スクリーンショット4
真ん中の電波タワーを狂わせると、巨大ジンコウチノウ出現でメチャ稼げる。

巨大ジンコウチノウは数秒で消えるけど、体力ゲージがある。はて……。

androidアプリ ひとりぼっち惑星攻略スクリーンショット5
強化画面。高くなってきたら後回しにして、アンテナ強化をはじめよう。
androidアプリ ひとりぼっち惑星攻略スクリーンショット6
メッセージはロボからの定時報告だったり手紙っぽかったり、ほんとに読んでて楽しい。

SFっぽくも人々の想いがしっかり絡んでて、想像が広がる。

androidアプリ ひとりぼっち惑星攻略スクリーンショット7
破片をいっぱい集めたら自分が宇宙へ送信することも。

他ユーザーが受け取ることもあるので、この世界観で共有し合おう。

androidアプリ ひとりぼっち惑星攻略スクリーンショット8
更に激しくなっていくジンコウチノウ戦争。一人残されたいきものの行く末は?

後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)